ジャン=ピエール・ランパル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jean-Pierre Rampal, Amsterdam 1969

ジャン=ピエール・ランパル(Jean-Pierre Rampal, 1922年1月7日 - 2000年5月20日)は、フランスフルート奏者。

経歴[編集]

マルセイユに生まれ、音楽院教授であった父ジョセフにフルートの手ほどきを受ける。はじめは医学の道を志し18歳で医科大学に進んだが、第二次世界大戦の影響で1943年パリ音楽院に入学し、わずか5ヶ月でプルミエ・プリを得て卒業した。パリ音楽院ではガストン・クリュネル[1][2]に師事した。 1946年からはヴィシー歌劇場管弦楽団のメンバーとなり、1947年ジュネーブ国際コンクールで優勝しソロで活動を始める。1956年からパリ・オペラ座管弦楽団首席奏者となる、1962年に退団後はフランス最高のフルート奏者として世界各地に演奏旅行の傍ら、フランス管楽五重奏団とパリ・バロック合奏団を組織したりした。78歳で逝去した。

ヴィルトゥオーゾ・ランパル[編集]

20世紀の最も偉大なフルート奏者とみなされている。フルートという楽器を、ピアノや弦楽器と同じように大聴衆の鑑賞に堪えうる楽器として、世界的に認識させた最初の演奏家である。世界の最も有名なオーケストラや室内合奏団と共演したほか、アイザック・スターンムスティスラフ・ロストロポーヴィチ室内楽の演奏を行なった。プーランクなどの作曲家から作品を献呈されている。数多くの忘れられたバロック音楽を発掘し、編曲し、上演してきたことでも著名。

多才な活動[編集]

ジャズ・ピアニストのクロード・ボリングや、シタール奏者のラヴィ・シャンカルとも共演して、クラシック音楽以外のアルバムも制作している。日本民謡や文部省唱歌を演奏・録音したことでも知られる。

音楽活動や録音によって、国内外から数々の栄誉を受けた。1989年に自叙伝『音楽・わが愛』を出版(日本語訳はシンフォニア社より)。現在はモンパルナス墓地に眠っている。

例年パリ・ラ=ヴィル国際コンクールの一部として、ジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクールが開催されている。1971年11月8日以降に生まれたフルート奏者は、国籍を問わず参加資格がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]