マルセイユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Marseille
Blason Marseille.svg

マルセイユ旧港
マルセイユ旧港。
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏
(地域圏首府)
(département) ブーシュ=デュ=ローヌ県
(県庁所在地)
(arrondissement) マルセイユ
(郡庁所在地)
小郡 (canton) 25小郡の小郡庁所在地
INSEEコード 13055
郵便番号 13001 から 13016
市長任期 ジャン=クロード・ゴダン
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) マルセイユ都市共同体
人口動態
人口 850 636人
2011年
人口密度 3535人/km²
住民の呼称 Marseillais
地理
座標 北緯43度17分51秒 東経5度22分38秒 / 北緯43.297500度 東経5.377222度 / 43.297500; 5.377222座標: 北緯43度17分51秒 東経5度22分38秒 / 北緯43.297500度 東経5.377222度 / 43.297500; 5.377222
標高 平均:179 m
最低:0 m
最高:640 m
面積 240.62km² (24 062ha)
Marseilleの位置(フランス内)
Marseille
Marseille
テンプレートを表示

マルセイユ (Marseille) は、フランス最大の港湾都市で、プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏 (Provence-Alpes-Côte d'Azur, PACA) の首府、ブーシュ=デュ=ローヌ県県庁所在地である。地中海リオン湾を臨む。

地理[編集]

マルセイユの衛星写真

2005年の人口は約82万人でパリに次ぎフランス第二位、都市圏人口ではパリとリヨンに次ぎ第三位の規模を誇る。都市名は古代ギリシア語のマッサリア (Μασσαλια) およびそのラテン語訳であるマッシリア (Massilia) に由来する。漢字による表記は馬耳塞

マルセイユ都市共同体の中心地でもある。また、近郊には古都エクス=アン=プロヴァンスがあり、これとその近郊の小都市を併せた人口は約135万人に及ぶ。

マルセイユの歴史的な領域は、西を海と山地に、南をカルスト地帯に、コート・ブリュやエスタック、鎖状にエトワール山地やガルラバン山地に囲まれ、円形競技場のようなかたちをしている。市街は非常に広い地域に広がっており、フランス本土のコミューンのうち面積では第5位である。

周辺のプロヴァンス地域と共に、2013年欧州文化首都になることが決定している。

気候[編集]

マルセイユは、温暖で湿潤な冬、全体的に乾燥する夏を持つ、地中海性気候である。最も寒いのは1月と2月で、平均気温は8℃から9℃である。マルセイユは、ローヌ川谷に起因する厳しい寒風、ミストラルも知られており、冬と春に多く吹きつける。サハラ砂漠から吹き付ける熱風であるシロッコはそれほど起こらない。

マルセイユの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 11.2
(52.2)
12.6
(54.7)
15.3
(59.5)
17.7
(63.9)
22.2
(72)
26.1
(79)
29.5
(85.1)
29.2
(84.6)
25.3
(77.5)
20.3
(68.5)
14.7
(58.5)
12.0
(53.6)
19.7
(67.5)
日平均気温 °C (°F) 7.1
(44.8)
8.3
(46.9)
10.7
(51.3)
13.1
(55.6)
17.4
(63.3)
21.1
(70)
24.1
(75.4)
23.9
(75)
20.4
(68.7)
15.9
(60.6)
10.8
(51.4)
8.0
(46.4)
15.1
(59.2)
平均最低気温 °C (°F) 3.0
(37.4)
3.9
(39)
6.0
(42.8)
8.5
(47.3)
12.6
(54.7)
16.0
(60.8)
18.7
(65.7)
18.7
(65.7)
15.5
(59.9)
11.6
(52.9)
6.8
(44.2)
4.1
(39.4)
10.5
(50.9)
降水量 mm (inch) 53.6
(2.11)
43.5
(1.713)
40.4
(1.591)
57.9
(2.28)
41.2
(1.622)
25.4
(1)
12.6
(0.496)
31.4
(1.236)
60.6
(2.386)
85.4
(3.362)
50.6
(1.992)
52.0
(2.047)
554.6
(21.835)
平均降水日数 6.1 5.1 4.8 6.3 4.9 3.5 1.4 3.1 4.1 6.3 5.2 5.6 56.4
平均月間日照時間 150 155.5 215.1 244.8 292.5 326.2 366.4 327.4 254.3 204.5 155.5 143.3 2,835.5
出典: 世界気象機関 (国際連合),[1] フランス気象局[2]

歴史[編集]

旧港よりノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院を望む
カランク

マルセイユの歴史は古く、小アジアから来た古代ギリシアの一民族であるポカイア人が紀元前600年頃に築いた植民市マッサリア(マッシリア)にその端を発する。このためフランスにおいてマルセイユは "cité phocéenne" (ポカイア人の街)とも綽名されている。

都市は交易で栄え、紀元前3世紀から紀元前2世紀にかけてのポエニ戦争ではローマ側につき、カルタゴと敵対した。カエサルの『ガリア戦記』にもマッシリアへの言及が見られる。紀元前49年からのカエサルとグナエウス・ポンペイウスの間で起った内戦ではポンペイウスを支持したが敗北し、自治都市としての権限を大きく縮小された(マッシリア包囲戦)。当時のマッシリアはガッリア・トランサルピーナ属州におけるギリシア系住民の拠点であったが、徐々にローマ化が進んでいった。

3世紀ごろ、キリスト教がもたらされた。10世紀にプロヴァンス伯の支配するところとなり、1481年にはフランス王国に併合された。中世にはあまり振るわなかったが、港での交易は18世紀に盛んになった。1720年には大規模なペストの流行 (en:Great Plague of Marseille) で10万人程度の死者が発生したが、18世紀後半には復興した。フランス革命ナポレオン戦争で一時後退したが、産業の要地となって現在の商工業を中心とする市街が発展し、19世紀半ば以降、港湾施設が充実し多くの工業が興る。しかし、第二次世界大戦ではドイツ軍に占領され、大きな損害を受けた。大戦後は大建設計画により高層ビルの多い現代都市に変わった。

経済[編集]

南フランスにおける貿易・商業・工業の一大中心地である。近接するトゥーロン軍港に対して、貿易港を有する。これはフランスおよび地中海で最大、ヨーロッパでは第3位の玄関港として、110航路、120カ国の360以上の港と連絡している。工業は鉄鋼・化学・プラスチック・金属・造船・石油精製・建設資材・石鹸・食品加工が発達している。

交通[編集]

マルセイユ・プロヴァンス空港は近郊のマリニャーヌ (Marignane) にあり、貨物取扱でフランス第2位、旅客取扱でフランス第3位を誇り、国際線90便、パリ便46便が運行されている。IATA空港コードは MRS 。
  • マルセイユは交通の要地であり、フランス国鉄のマルセイユ・サン・シャルル駅TGV が発着。地中海 TGV 網の開通により、パリとの所要時間が三時間に、ブリュッセルとの所要時間が五時間に短縮された。
  • 市内の公共交通には市が運営する地下鉄二路線のほか、市営バスと2007年に開業した路面電車がある。路面電車の建設に伴い、トランジットモールの整備や街路樹の植生等の都市改造が計画的に行われている。港町という事で、舟をモチーフにしたユニークな車体が特徴となっている。

観光[編集]

商業都市であるため、南フランスの都市としては珍しく、観光面の魅力にはやや乏しい。

  • 丘の上に立つノートルダム・ド・ラ・ガルド(守護聖人)教会
  • 都市の南東部の海岸線一帯はカランク(入り江)と呼ばれ、景勝地となっている。
  • マルセイユ港港外の流刑島シャトー・ディフアレクサンドル・デュマ・ペールの『モンテ・クリスト伯』に登場する。
  • 名物料理のブイヤベース。魚をすりつぶしたスープで、もともとは海から戻った漁師の体を温めるためのものであったが、今では高級料理となっている。一般に、近郊のカシの白ワインと好相性とされる。
  • 食前酒としてパスティスが好まれる。無色透明のリキュールで、水を注ぐと白濁する。甘くてアニス風味が強烈だが、クセになる。

文化[編集]

出身人物[編集]

姉妹都市[編集]

関連項目[編集]

マルセイユが舞台の作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Weather Information for Marseille”. 2010年8月閲覧。
  2. ^ Meteo France - Marseille”. 2010年8月閲覧。

外部リンク[編集]

政府
日本政府
観光
その他