ヨーロッパ・エコロジー=緑の党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランスの旗 フランスの政党
ヨーロッパ・エコロジー=緑の党
Europe Écologie - Les Verts
全国書記 [[パスカル・デュランフランス語版]]
代表者 エリーズ・ロヴィフランス語版
成立年月日 2010年11月13日
本部所在地 フランスの旗 フランス パリ10区
フォブール=サン=マルタン通り247番地
国民議会議席数
18 / 577   (3%)
(2012年)
元老院議席数
12 / 348   (3%)
(2011年)
政治的思想・立場 環境保護
ヒューマニズム
地方分権
公式サイト eelv.fr
シンボル 緑 - ヒマワリ - 4個の星
国際組織 グローバルグリーンズ
欧州緑の党
テンプレートを表示

ヨーロッパ・エコロジー=緑の党(ヨーロッパ・エコロジー=みどりのとう、Europe Écologie - Les Verts、略称:EELV)は、フランス環境政党旧・緑の党2009年ヨーロッパ・エコロジー欧州議会選挙名簿の合併で発足した。13,000人の活動家と主張。全国書記はパスカル・デュランフランス語版

歴史[編集]

2008年の市議会選挙における失敗以降、旧・緑の党内では国内に環境保護者の影響力を復活するために議論が活発化した。2009年の欧州議会選挙のために、ダニエル・コーン=ベンディットは政党と市民派による同盟戦略を採用、ヨーロッパ・エコロジー(EE)を発足させた。欧州議会選挙において得票率16.3%を獲得、14議席を得て社会党と肩を並べた[1]。翌年3月の地域圏議会選挙でもEEは12.5%の得票率を得て躍進、殆ど全ての州議会に代表者を送り込むことに成功した[2]2010年11月13日に2つの機関が融合して、ヨーロッパ・エコロジー=緑の党(EÉ-Les Verts)となった[3]

党結成の翌年3月に行われた統一県議会選挙(海外県を含む100県402選挙区)では、改選前の24議席から49議席へと議席を倍増させた[4]。また同年9月に下院議員や地方議会議員による間接選挙で行われた元老院選挙でも、6議席増の10議席を得た[5]。2012年4月に第1回投票が予定されているフランス大統領選挙では、元判事のエヴァ・ジョリ欧州議会議員を大統領候補とすることを2011年7月に決定した[6]。エヴァ候補は公約に「20年間でフランス国内の原発を全廃」[7]などを掲げて選挙を戦ったが、12年4月の第1回投票では得票率2.3%で6位に留まった。第2回投票の結果、大統領となったフランソワ・オランド社会党)が指名した首相の下で発足した内閣では緑の党から2名(セシル・デュフロ、パスカル・カナフィン)が「地域間・住宅平等大臣」と「外務大臣付開発担当大臣」として入閣を果たした[8]

大統領選挙直後の6月に行われた国民議会選挙では候補者449名を擁立[9]、17名が当選した[10]。なお日本を含む「国外第十一選挙区」ではNHK教育テレビジョンの語学講座「テレビでフランス語」出演者のジャニック・マーニュが同党の立候補者となった[11]

理念・政策[編集]

農業[編集]

農業の産業化に反対して、地域供給を支持している。同様に環境保護をできるようにして、農家の生活水準を流通に対して確保するためである。国内農業の3割を有機農業にしたら国民の健康にいい影響を及ぼしているという意見があり、7割の農業は適正農業規範にするつもりである。

官庁会計[編集]

フランス国家の負債に解明を試みるため、サルコジ国民運動連合で決議された高所得者向け減税などの政策を廃止、同様に雇用とか環境保護に誘導しない経済部門への補助金を減じる目的ある。

経済[編集]

第一の目的は不雇用に反対することである。省エコなどの産業部門に優遇措置したら、600,000人のための雇用が見積もられる。また、労働時間の減少も支持して、景気を評価するため国内総生産と異なる指数を支持する。

国際関係[編集]

欧州連合には連邦主義の政党であって、欧州連合加盟国の教育制度や社会福祉政策などを同一にしようと思っている。国際連合安全保障理事会にはフランスの常任理事国位置をドイツと共有しようと思っている。

福祉[編集]

巨大の収入不平等を受ける社会が持続可能ではないと思っているので、自由貿易の経済に貧乏の階級に行われる被害に保護。

社会[編集]

個人の独立位置を支持して、同性結婚安楽死などを促進する。

当選立候補者[編集]

国民議会議員[編集]

  • EELV公認…17名、EELV推薦の諸派…1名

元老院議員[編集]

欧州議会議員[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2009年6月11日「欧州議会選挙 緑の党大躍進!」.「みどりの未来」公式サイト(2012年3月23日閲覧)
  2. ^ 2010年3月25日【エコロ海外ニュース】仏統一地方選で緑の会派がまた躍進!
  3. ^ 2010年11月17日【エコロ海外ニュース】ヨーロッパ・エコロジーと緑の党が合併、新政党誕生.「みどりの未来」公式サイト(2012年3月23日閲覧)
  4. ^ 2011年4月1日【世界のみどり】フランス県議選で緑の党倍増.「みどりの未来」公式サイト(2012年3月23日閲覧)
  5. ^ 2011年10月6日【世界のみどり】フランス上院選で緑の党躍進、左派連合が初の過半数獲得.「みどりの未来」公式サイト(2012年3月23日閲覧)
  6. ^ “脱原発の女性元判事、フランス大統領選候補に”. 朝日新聞. (2011年7月13日). オリジナル2011年7月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20110715002241/www.asahi.com/international/update/0713/TKY201107130244.html 2012年3月23日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ “仏緑の党大統領選予定者「今後20年で全原発閉鎖」”. 朝日新聞. (2011年10月22日). オリジナル2012年7月18日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/F65X 2012年6月14日閲覧。 [リンク切れ]
  8. ^ 【世界のみどり】フランス緑の党から2人が入閣”. 緑の党・日本『みどりの未来』公式サイト (2012年5月17日). 2012年6月14日閲覧。
  9. ^ Candidatures recalculées par mes soins.Élections législatives 2012(2012年6月14日閲覧)
  10. ^ “仏社会党が単独過半数”. 東京新聞. (2012年6月18日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2012061802000204.html 2012年6月19日閲覧。 [リンク切れ]
  11. ^ 「Interview de Mme. Janick Magne, candidate Europe Écologie-Les Verts 」、『Taiwan Mag』、2012年5月22日 [1]
  12. ^ 元老院公式サイト [2]

外部リンク[編集]