国際連合安全保障理事会常任理事国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国連安保理の議事庁

国際連合安全保障理事会常任理事国(こくさんれんごうあんぜんほしょうりじかいじょうにんりじこく)、略称国連安保理常任理事国(こくれんあんぽりじょうにんりじこく)は、国際連合安全保障理事会を構成し、恒久的な地位を持つ理事国である[1]

常任理事国[編集]

国連安保理常任理事国

第二次世界大戦戦勝国に基づき、アメリカ合衆国イギリスフランスロシア連邦(かつてソビエト連邦)、中華人民共和国(かつて中華民国)の5カ国は安保理常任理事国である[2]

今の代表者 今の代表国 元の代表国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ サマンサ・パワー アメリカ合衆国の旗 アメリカ (1946–現在)
イギリスの旗 イギリス マーク・ライアル・グラント[3] イギリスの旗 イギリス (1946–現在)
フランスの旗 フランス ジェラール・アロー[3] フランスの旗 フランス (1946–現在)
ロシアの旗 ロシア ヴィタリー・チュルキン[3] ロシアの旗 ロシア (1992–現在) ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 (1946–1991)
中華人民共和国の旗 中国 李保東[3] 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 (1971–現在) 中華民国の旗 中華民国 (1946–1971)

拒否権[編集]

国際連合憲章第27条によると、常任理事国は手続事項を除くすべての事項に関する安保理の議案拒否権を持つ。常任理事国の一か国が反対しさえすれば、議案が成立しなくなる[4]

常任理事国入り[編集]

G4 諸国

脚注[編集]

  1. ^ 常任理事国
  2. ^ 国連への幻想を捨てなければならない
  3. ^ 国連安全保障理事会(安保理)