ノエル・マメール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノエル・マメール国民議会議員(2006年1月2日)
国民議会事務所でインタビューに応じるマメール市長, 2006年1月2日

ノエル・マメールNoël Mamère1948年12月25日 - )は、フランスジャーナリスト政治家ヨーロッパ・エコロジー=緑の党(EELV)所属の下院国民議会議員、ベグル市長。ジロンド県リブルヌ出身。

1980年代、アンテンヌ2(現フランス2)の午後のニュースなど、テレビニュースキャスターとして活躍する。 1992年環境政党環境世代」(エコロジー世代Génération Écologie)のブリス・ラロンド党首の後任となるが、1994年党を除名される。その後、環境保護団体「環境・連帯一致」 Ecology-Solidarity Convergencesを設立し、1998年緑の党に入党する。

2002年フランス大統領選挙に緑の党から立候補し、149万5901票(5.25パーセント)を獲得した。1997年国民議会議員選挙(5月25日、6月1日投票)でジロンド県3区で初当選して以来、国民議会議員を務めており、1989年3月20日から同県ベグルBègles)市長を務めている。

2004年6月5日、男性同士の結婚を認め、論争を巻き起こした。(フランスにおける同性結婚 Same-sex marriage in Franceを参照)。マメールはヴィルパン内務相(当時)によって1ヶ月の停職を命じられた。

2012年国民議会議員選挙では6月10日の第一回投票で2万1840票(51,98%)を得て4選を果たしている(緑の党としては第一回投票で当選した唯一の候補)。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]