エヴァ・ジョリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランスの旗 フランスの政治家
エヴァ・ジョリ
Eva Joly
Eva Joly par Claude Truong-Ngoc juin 2013.jpg
エヴァ・ジョリ (2013)
生年月日 1943年12月5日(71歳)
出生地 ノルウェーの旗 ノルウェーオスロ
出身校 国立司法学院
所属政党 ヨーロッパ・エコロジー=緑の党
公式サイト 2012年大統領選挙候補サイト

選挙区 イル=ド=フランス選挙区
当選回数 1回
任期 2009年7月14日 - 現職
テンプレートを表示

エヴァ・ジョリ(Eva Joly、1943年12月5日 - )は、ノルウェー生まれのフランスの政治家である。

人物・来歴[編集]

オスロの貧しい地区に生まれる。出生時の名前はグロ・エヴァ・ファルセス (Gro Eva Farseth) 。18歳でパリへ移住し、様々なアルバイトをしながら同時に法学を学ぶ。パスカル・ジョリと結婚し、フランスの法律を踏まえて5年後にフランス国籍を取得する。1980年国立司法学院の入学試験を受験して合格した。

1990年、パリ裁判所金融部門の予審判事に任命される。1990年代エルフ事件の捜査を指揮し、大物政治家たちの腐敗を明るみに出した。この事件の捜査の功績によりトランスペアレンシー・インターナショナルNGOの誠実栄誉賞を受賞した。

2009年から欧州議会議員。ヨーロッパ・エコロジー=緑の党2012年仏大統領選挙の候補者でもあった。ノルウェー風の発音のため、エファ・ショリと呼ばれてからかわれたこともある[1]。緊張的な選挙戦の中、得票率が2.31%となった。20%ぐらいを占めるヨーロッパ・エコロジー名簿と比べて、失敗のような印象がする結果はキャンペイン・チームの若さが原因の一つとして指摘された(例えばインターネット担当者は当時19歳[2])。

福島第一原子力発電所事故についての表明[編集]

福島第一原子力発電所事故に関して、フランスの現状と比較しつつ、原子力に関する日本・フランス両国の公式見解は同じだと批判した。「危険を知らない国民に対する沈黙の掟は従来のまま」であり、「かつてのチェルノブイリ原発事故に際しては、共産国の職員の教育不足が原因の一つだと説明された」が、「今回のように、地震対策の進み、組織力もあり、教育も行き届いている国でも事故は起こりうる」と述べた[3]。また、2011年10月に来日し福島県を視察している。

出典[編集]

  1. ^ パトリック・ベッソン「Eva Joly, présidente de la République」、『Le Point.fr』、2012年12月1日
  2. ^ C.フォンテーヌ「Elliot Lepers: le geek surdoué des écolos」、『パリ・マッチ』、2011年8月30日 [[1]]
  3. ^ http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5hpzmM2Dh6pAhA-Y9aVPSpfa1R5Rw?docId=CNG.24c254a65c3222b91d648759540f8ed5.631

外部リンク[編集]