ノール県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノール県
Nord
Nordの紋章
ノール県の紋章
位置
Nordの位置
概要
県番号 59
地域圏 ノール=パ・ド・カレー
県庁所在地 リール
郡庁所在地 アヴェーヌ=シュル=エルプ
カンブレー
ドゥエー
ダンケルク
ヴァランシエンヌ
6
小郡 79
コミューン 652
知事 パトリック・カネール
統計
人口
国内1位
  (2010年)
2,576,770人
人口密度 449人/km2
面積¹ 5,743 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。
ノール県の地図

ノール県 (Département du Nord) は、フランスノール=パ・ド・カレー地域圏の県である。フランス最北部に位置することから、北(Nord)を意味するその名がつけられた。ノール県はフランドル・フランセーズ(Flandre française、フランス領フランドル)と呼ばれる、ダンケルクリール(旧フランドル伯領)、カンブレジ(旧司教公領)、そして旧エノー伯領から構成されている。

歴史[編集]

ノール県は、フランス革命後の1789年12月22日の法令施行により、1790年3月4日、フランドル、エノー、カンブレジの各州、そして郡庁所在地ドゥエーを加えて誕生した。県は、アヴェーヌベルグカンブレー、ドゥエー、アーズブルック、リール、ル・クスノワヴァランシエンヌの8つの地区に分けられていた。1800年に再編され、アヴェーヌ、ベルグ、カンブレー、カスル、ドゥエーとリールの6つとなった。1803年、県庁所在地がドゥエーからリールへ移された。その後も再編が続いた。ベルグ地区はダンケルク地区と合併し、カスルは1857年にアーズブルックと合併した。

地理[編集]

ノール県はベルギーと国境を接している。その他に、パ=ド=カレー県エーヌ県、わずか数kmほどだがソンム県と接する。最北部は北海に面しており、県内をいくつもの河川が流れている。最も有名なのはイゼール川である。ドゥール運河はリールを横断している。

標高176mのカスル山は、リールにほど近い平野の中にあることから、しばしばノール県最高地点とみなされている。この考えは、ベーヴ山が標高239mであることが判明するまで一般に広まっていた。実際にノール県で最も標高の高い地点は、アヴェーヌ近郊にあるアノルで、標高272mである。

統計[編集]

ノール県には653のコミューンがある。そのうち人口5万人以上のコミューンは、リール、ダンケルク、ルーベトゥールコワンである。600ほどのコミューンは人口1万人を下回る。

文化[編集]

1874年と1972年の、ダンケルク周辺での話者の色分け図。緑色がフラマン語のみの話者。肌色がフランス語優勢区域内の二言語話者。黄緑色がフラマン語優勢域内の二言語話者。アズキ色がフランス語のみの話者。19世紀当時、フラマン語話者が優勢であったことがわかる。20世紀になると、バイリンガルが増加する

言語[編集]

  • ピカール語 - エノー、カンブレジ、アルトワ、フランドル(リールやドゥエー周辺)で話される、フランス語と同じ発祥である言語。
  • フラマン語(西フラマン語) - リス川流域から北海沿岸、とくにバイユールからダンケルクにかけて話される。フランス内のフラマン語圏では、その特性からダンケルク語と呼ばれることが多い。話者の減少が懸念されている。

外部リンク[編集]