ジュラ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュラ県
Jura
Juraの紋章
ジュラ県の紋章
位置
Juraの位置
概要
県番号 39
地域圏 フランシュ=コンテ
県庁所在地 ロン=ル=ソーニエ
郡庁所在地 ドル
サン=クロード
3
小郡 34
コミューン 545
知事 クリストフ・ペルニー
フランス社会党
統計
人口
国内79位
  (2011年)
261,294人
人口密度 52人/km2
面積¹ 4,999 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

ジュラ県(Jura)は、フランスのフランシュ=コンテ地域圏の県である。名称はジュラ山脈に由来する。

歴史[編集]

ジュラという名は、『森』『原生林』または『山地の森』を意味する、ラテン語のユリア(juria)に由来する。これはケルト語のjoris(意味は同じ)にも由来するとされる。1790年3月4日、旧フランシュ=コンテの一部から分割されて誕生した。

地理・気候[編集]

ジュラ県の地図

ドゥー県オート=ソーヌ県コート=ドール県ソーヌ=エ=ロワール県アン県スイスヴォー州と接する。

フランス本土の中で最も海から遠い県である。そのため、半ば大陸性気候の様相を持つ。県東部を山地が占めていることは、全ての面への高度の違いのため特殊性が生まれている。ジュラ山脈では大まかに3つの気候区分が存在する。

  • 平野とルヴェルモン地方(fr)は、標高400m以下で高地の影響を受けない。夏は暑く湿度が高いが、冬は温暖で降雪は多くない。
  • 盆地と準山地。冬が平野より早く、雪も頻繁に降る。
  • 高地に連なる土地は、高山気候の要素が強い。夏の湿度はさらに高くなり、しばしば嵐が発生する。春と秋のような中間の季節は短く、10月末から5月末まで雪がちらつくのは珍しいことではない。1月と2月には一部の地域が北からのビズ風(en)に見舞われ、気温は頻繁に氷点下に達する。

経済[編集]

手工業が、4700社に関連し県経済の基幹となっている。観光も重要である。県の管理下にあるシャレーン湖(fr)、ヴグラン湖(fr)周辺でのセイリングや釣り、温泉浴などが挙げられる。冬の観光として、標高800m以上の地点で楽しめるクロスカントリー競技、またはレ・ルッス(fr)のスキー場が代表的である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]