カンタル県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カンタル県
Cantal
Cantalの紋章
カンタル県の紋章
位置
Cantalの位置
概要
県番号 15
地域圏 オーヴェルニュ
県庁所在地 オーリヤック
郡庁所在地 モーリヤック
サン=フルール
3
小郡 27
コミューン 260
知事 ヴァンサン・デスクール
国民運動連合
統計
人口
国内92位
  (2011年)
147,577人
人口密度 26人/km2
面積¹ 5,726 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

カンタル県(Cantal, オーヴェルニュ語:Cantau/Chantal/Chantau)は、フランスのオーヴェルニュ地域圏の県である。名称は、中央高地の中西部にあるカンタル連山(fr、火山性で県内最高峰)に由来する。

歴史[編集]

フランス革命後の1790年3月4日、1789年12月22日の法令施行によりオーヴェルニュ州(オート=オーヴェルニュとも)から分割されて誕生した(バス=オーヴェルニュと呼ばれた地域が、現在のピュイ=ド=ドーム県となった)。

モンターニュ=ドーヴェルニュ(ルエルグ山地の反対側)、オーリヤック、カルラデスといった幾つかの管轄区を持つ。

地理・気候[編集]

県は、北からコレーズ県オート=ロワール県ピュイ=ド=ドーム県ロゼール県、南をアヴェロン県ロット県と接している。ガロンヌ川の盆地やロワール川流域を含む。

カンタル県は3つの気候帯に分けられる。西部は準海洋性気候、中央の山岳気候、東部は準海洋性気候と準大陸性気候の混合である。

経済[編集]

ブルー・ドーヴェルニュ

県経済は、農業と観光が主となっている。サレール種のウシが多く飼育され(2000年には467,000頭)、生産される牛乳(2000年に3,623,000リットル)はカンタル・チーズや、AOC認証を受けたブルー・ドーヴェルニュの原料となる[1]

その他に家具製造、プラスチック製造、ガス、薬品や傘の製造がある。

観光[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、AOC認証の際にこの品種の牛乳の使用は必須条件ではなくなった。(日仏料理協会編 『フランス 食の事典(普及版)』 株式会社白水社2007年、577頁。ISBN 978-4-560-09202-6 

外部リンク[編集]