カンタル県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カンタル県
Cantal
Cantalの紋章
カンタル県の紋章
位置
Cantalの位置
概要
県番号 15
地域圏 オーヴェルニュ
県庁所在地 オーリヤック
郡庁所在地 モーリヤック
サン=フルール
3
小郡 27
コミューン 260
知事 ヴァンサン・デスクール
国民運動連合
統計
人口
国内92位
  (2011年)
147,577人
人口密度 26人/km2
面積¹ 5,726 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

カンタル県(Cantal, オーヴェルニュ語:Cantau/Chantal/Chantau)は、フランスのオーヴェルニュ地域圏の県である。名称は、中央高地の中西部にあるカンタル連山(fr、火山性で県内最高峰)に由来する。

歴史[編集]

フランス革命後の1790年3月4日、1789年12月22日の法令施行によりオーヴェルニュ州(オート=オーヴェルニュとも)から分割されて誕生した(バス=オーヴェルニュと呼ばれた地域が、現在のピュイ=ド=ドーム県となった)。

モンターニュ=ドーヴェルニュ(ルエルグ山地の反対側)、オーリヤック、カルラデスといった幾つかの管轄区を持つ。

地理・気候[編集]

県は、北からコレーズ県オート=ロワール県ピュイ=ド=ドーム県ロゼール県、南をアヴェロン県ロット県と接している。ガロンヌ川の盆地やロワール川流域を含む。

カンタル県は3つの気候帯に分けられる。西部は準海洋性気候、中央の山岳気候、東部は準海洋性気候と準大陸性気候の混合である。

人口統計[編集]

人口の増減
1801年 1831年 1841年 1851年 1856年 1861年 1866年
220.304 258.594 257.423 253.329 247.665 240.523 237.994
1872年 1876年 1881年 1886年 1891年 1896年 1901年
231.867 231.086 236.190 241.742 239.601 234.382 230.511
1906年 1911年 1921年 1926年 1931年 1936年 1946年
228.690 223.361 199.402 196.999 193.505 190.888 186.843
1954年 1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年
177.065 172.977 169.330 166.549 162.838 158.723 150.778
2006年 2007年 2008年 - - - -
149.684 149.056 148.737 - - - -

参照元:SPLAF[1]および2006年と2007年はINSEE[2][3]

経済[編集]

ブルー・ドーヴェルニュ

県経済は、農業と観光が主となっている。サレール種のウシが多く飼育され(2000年には467,000頭)、生産される牛乳(2000年に3,623,000リットル)はカンタル・チーズや、AOC認証を受けたブルー・ドーヴェルニュの原料となる[4]。チーズは他にサン=ネクテールフルム・ダンベールも生産されている。

その他に家具製造、プラスチック製造、ガス、薬品や傘の製造がある。

観光[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ Recensement de la population au 1er janvier 2006 sur Insee
  3. ^ Évolution et structure de la population du département (de 1968 à 2007) sur Insee consulté le= 6 septembre 2010
  4. ^ ただし、AOC認証の際にこの品種の牛乳の使用は必須条件ではなくなった。(日仏料理協会編 『フランス 食の事典(普及版)』 株式会社白水社2007年、577頁。ISBN 978-4-560-09202-6 

外部リンク[編集]