ドゥー県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス > フランシュ=コンテ地域圏 > ドゥー県


ドゥー県
Doubs
Doubsの紋章
ドゥー県の紋章
位置
Doubsの位置
概要
県番号 25
地域圏 フランシュ=コンテ
県庁所在地 ブザンソン
郡庁所在地 モンベリアル
ポンタルリエ
3
小郡 35
コミューン 594
統計
人口
国内51位
  (1999年)
499,062人
人口密度 95人/km2
面積¹ 5,234 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

ドゥー県 (Doubs) は、フランスフランシュ=コンテ地域圏の県である。ドゥー川に由来する。

地理[編集]

ドゥー県の地図

ジュラ県オート=ソーヌ県テリトワール・ド・ベルフォールスイスヴォー州ヌーシャテル州ジュラ州と接する。標高の平均的な石灰岩質のジュラ山脈の中にあり、県最高地点はモン=ドールの1463mである。県は自然区分として、3つに分類される。水によってつくられた荒涼とした西部のソーヌ川平野、中央部の石灰岩質の台地、東部の山地帯は高地だが標高はそれほど高くない。

氷河と川に切り開かれた湖が点在する(湖の総面積は718ヘクタール)。

ドゥー県の動物は比較的豊富で、オオヤマネコの数が増えてきている。他にウシのモンベリアール種、ウマのコントワ種、ライチョウシャモアハヤブサオコジョが見られる。県内の草花ではゲンチアナがよく見られる。

気候[編集]

海から遠く離れているドゥー県はその影響を受けておらず、大陸性気候である。冬には雪と霜があり、夏は旱魃や猛暑が頻発する嵐で中断する。

ドゥー県はフランス有数の寒い県であるが、標高のわりに温暖である。年間の気温の振幅は約70℃ある。

歴史[編集]

ガリア人の一部族、セクアニ族(en)が暮らしていたが、その後ローマ帝国に5世紀まで支配され、ウェソンティオ(Vesontio、現在のブザンソン)に首都が置かれていた。フランシュ=コンテには非常に早くキリスト教が伝えられていた。212年に殉教したとされる聖フェレオルと聖フェルジューの兄弟が、ブザンソンに教会を建てた。

ブルグンド族に征服された後、この地はアルル王国に併合され、封建時代が始まった。10世紀にブルゴーニュ伯領が成立すると、フランス王国神聖ローマ帝国の係争地となった。女伯ジャンヌ2世がフランス王フィリップ5世と結婚すると、伯領はフランスに属した。そのために、ブルゴーニュ伯領と歴史を共有するブルゴーニュ公国は、独立を維持していた。

シャルル豪胆公の一人娘マリーが、マクシミリアン(のちの神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世)と結婚した。1477年、ルイ11世の侵攻にもかかわらず、フランシュ=コンテ全体がハプスブルク家領となった。16世紀と17世紀にプロテスタントが、強固なカトリックの牙城であるフランシュ=コンテへ入ってきた。三十年戦争では、ザクセン=ヴァイマル軍とスウェーデン軍の侵攻で荒廃した。1678年、ナイメーヘンの和約スペイン支配から脱し、フランシュ=コンテはフランスへ復帰した。高度な自治を与えられ、経済的な繁栄を享受した。

ドゥー県が誕生したのは、フランス革命後の1790年3月4日である。1793年には独立国家マンドゥール共和国に併合され、その後モンベリアール公国が併合された。

第二次世界大戦中、ロモン(fr)のマキレジスタンス運動を繰り広げた。

行政[編集]

ドゥー県はブザンソン郡、モンベリアール郡、ポンタルリエ郡で構成され、594のコミューンがある。

経済[編集]

ベルフォール=モンベリアールの都市圏は主に自動車産業やTGVに依存した、地域の経済の中心である。ブザンソンは機械産業の中心である。

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]