ブルゴーニュ公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルゴーニュ公国
État bourguignon(フランス語)
ブルグント王国 843年 - 1477年 フランス王国
ブルゴーニュ公国の国旗 ブルゴーニュ公国の国章
(国旗) (国章)
ブルゴーニュ公国の位置
公用語 中世ラテン語オイル語(古フランス語)、オランダ語
首都 ディジョンブルッヘヘント
1419年 - 1467年 フィリップ3世
1467年 - 1477年 シャルル
変遷
ヴェルダン条約 843年
百年戦争 1337年-1453年
金羊毛騎士団 1430年
ブルゴーニュ戦争 1474年-1477年
ナンシーの戦い 1477年1月5日
ブルゴーニュ公国

ブルゴーニュ公国(ブルゴーニュこうこく、:État bourguignon)は、14世紀から15世紀フランス東部からドイツ西部にかけて存在した、ブルゴーニュ公領(Duché de Bourgogne)を中心とする、ヴァロワ=ブルゴーニュ家ブルゴーニュ公(Duc de Bourgogne)の支配領域ないしその支配体制をいう。

概要[編集]

ブルゴーニュ公領は、1031年から1361年にはカペー家傍系のブルゴーニュ家が支配し、1363年から1477年にはヴァロワ家傍系のヴァロワ=ブルゴーニュ家が支配した。

最盛期のヴァロワ家時代に「国」(État)と呼ばれるのは、ヴァロワ家がブルゴーニュの他、神聖ローマ帝国の領域内を含むネーデルラント(現在のベルギーオランダルクセンブルク)、アルザスロレーヌにまたがった支配地を持ち、百年戦争(1337年 - 1453年)の際はイングランド側についてフランス王と対抗し、きわめて独立性が高かったためである。

シャルル突進公の死後、1477年にブルゴーニュ公領はフランス王領に編入され、ネーデルラントは婚姻によりハプスブルク家に継承された。

歴史上、ブルゴーニュ公国が知られるのは、14世紀後半から15世紀半ば、ヴァロワ家4代のブルゴーニュ公の下、宮廷に華やかな騎士文化が開花したことによる。この時代のブルゴーニュ公国は、欧州の経済的先進地域であったフランドル(現在のベルギー周辺)を含み、経済・文化の一大中心地であった。公国の宮廷は初めディジョン(現フランス国内)にあり、1419年にブリュッセル(現ベルギーの首都)に移った。

ヴァロワ家時代のブルゴーニュ公[編集]

他の時代のブルゴーニュ公についてはブルゴーニュ公一覧を参照。

フィリップ豪胆公
フィリップ豪胆公
(大胆公・豪勇公とも、仏:Philippe le Hardi(フィリップ・ル・アルディ) 1342年 - 1404年、在位:1363年 - 1404年)
ヴァロワ朝シャルル5世の弟で、1363年にブルゴーニュ公に封ぜられた。1384年フランドル女伯マルグリットと結婚し、フランドル伯領をも支配した。
ジャン無怖公
ジャン無怖公
(無畏公とも、仏:Jean sans peur(ジャン・サン・プール) 1371年 - 1419年、在位:1404年 - 1419年)
狂王シャルル6世摂政権を巡ってオルレアン公ルイと対立した結果、ルイを暗殺してパリを支配したが、自らも王太子シャルル(シャルル7世)に暗殺された。以後、ブルゴーニュ派イングランドと同盟してシャルルおよびアルマニャック(オルレアン)派と戦い、百年戦争は新たな局面を迎えた。
フィリップ善良公
フィリップ善良公
(仏:Philippe le Bon(フィリップ・ル・ボン) 1396年 - 1467年、在位:1419年 - 1467年)
安定した統治を行い、所領を拡大した。金羊毛騎士団を創設し、騎士道文化が最盛期を迎えた。ファン・エイク兄弟などのフランドル派絵画や、ブルゴーニュ楽派の音楽はヨーロッパで最高水準のものとなった(北方ルネサンス)。1430年ジャンヌ・ダルクを捕らえ、イングランド軍に引き渡した。
シャルル突進公
シャルル突進公(ルーベンス画)
(勇胆公、無鉄砲公、猪突公とも、仏:Charles le Téméraire(シャルル・ル・テメレール) 1433年 - 1477年、在位:1467年 - 1477年)
領土拡大を夢見て、無謀な戦争を行った。一人娘マリーハプスブルク家マクシミリアンの結婚を承諾したのち、ナンシーの戦いで戦死した。

ブルゴーニュ公国崩壊後の君主[編集]

マリー女公
マリー女公
(Marie 1457年 - 1482年、在位:1477年 - 1482年)
父シャルル突進公の死後、フランス王ルイ11世の煽動により反乱が起こり、一時幽閉される。そこで婚約者マクシミリアンに救援を求め、結婚する。ブルゴーニュはフランス王領に編入されるが、ギネガテの戦いの勝利によりネーデルランドとフランシュ=コンテは確保する。マリーとマクシミリアンの共同統治となるが夫婦仲は極めて良く、共に領内を歴訪し支持を集める。しかしマリーは落馬事故にてあえなく落命する。ヴァロワ=ブルゴーニュ家男系が絶えたため、2人の息子フィリップ美公が相続した。公位と所領はその後、美公の長男である神聖ローマ皇帝カール5世からスペイン・ハプスブルク家へと継承された。

経済・文化の中心地[編集]

フランドル地方の産業と貿易
ヴァロワ系ブルゴーニュ公国の支配していたフランドルは、ヨーロッパの主力な輸出品であった毛織物の産地で、これを中心にした経済の一大中心地であった。

ルネサンスの文化は全般にイタリアが中心であったが、15世紀に絵画・音楽の分野ではイタリア以上の発展を示した。

絵画
フィリップ善良公の頃、ヤン・ファン・エイク(1390年頃 - 1441年)は油彩画の技法を完成させた。代表作に「ヘントの祭壇画」がある。
音楽
音楽史では、ルネサンス音楽の発展で知られている。ギヨーム・デュファイ(1400年頃 - 1474年)はフランドルのカンブレ(現在はフランスの領内)で生まれで、イタリアに移って活躍した。1437年にカンブレへ戻ってからも多数の作曲を行い、デュファイを中心にブルゴーニュ楽派と呼ばれるグループが作られた。
(のち、16世紀にはフランドル楽派

関連項目[編集]