古代教会スラヴ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古代教会スラヴ語
словѣньскыи ѩзыкъ
slověnĭskyi językŭ
話される国 死語
東ローマ帝国影響下の以前のスラヴ語地域(カトリックと正教会の両方)
地域 東ヨーロッパ
消滅時期 典礼言語としてのみ使用される
言語系統
表記体系 グラゴル文字
キリル文字
言語コード
ISO 639-1 cu
ISO 639-2 chu
ISO 639-3 chu
テンプレートを表示

古代教会スラヴ語(こだいきょうかいスラヴご、ⰔⰎⰑⰂⰡⰐⰠⰔⰍⰟ ポーランド語: Język staro-cerkiewno-słowiański 英語: Old Church Slavonic または Old Church Slavic)、古代スラヴ語(古スラヴ語、ロシア語: старославянский язык, древнеславянский язык)は、スラヴ語による最古の文語であり、現代のスラヴ語の文章語の前身にあたる言語である。正教会のスラヴ語地域で用いる聖書がこの言語で書かれ、奉神礼もこの言語で行なわれていることからこの名がある。この言語が口語的に使われていたのはおおよそ9世紀から11世紀のころである。現在も奉神礼の祈祷文を中心に使用されている。

最初に古代教会スラヴ語に聖書を翻訳したのは、スラヴ語を書き表すための最初の文字であるグラゴル文字を考案したキュリロスメトディオスの兄弟で、現存する古代教会スラヴ語の著作はほぼ全てがギリシア語から翻訳されたキリスト教文献である。

キュリロスとメトディオスはマケドニア地方のテッサロニキの出身であり、古代教会スラヴ語と呼ばれている言語はスラヴ語派の中でもこの地方で話されていた南スラヴ語群に基づくと考えられ、現在のマケドニア語ブルガリア語と関係が深い。このため、狭い意味では古代教会スラヴ語とはマケドニア・ブルガリア地方の方言をもとに作られたスラヴ語文献の言語のことであり、ブルガリアでは古代ブルガリア語Старобългарски език)と呼ばれる。ただし、当時のスラヴ語文献には、ボヘミアチェコ)の西スラヴ語群ルーシウクライナベラルーシロシア)の東スラヴ語群の方言の特徴を含むものも多い。

古代教会スラヴ語より後の11世紀17世紀頃に東・南スラヴで用いられた文章語は、教会スラヴ語と呼ぶ[1]

脚注[編集]

  1. ^ 東郷正延編『研究社露和辞典』、研究社、1988年、2587ページ。