フィリップ1世 (ブルゴーニュ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・ド・ルーヴル

フィリップ1世Philippe Ier de Bourgogne, 1346年 - 1361年11月21日)は、フランスブルゴーニュ公(在位:1349年 - 1361年)。フィリップ・ド・ルーヴルPhilippe de Rouvre)の通称で知られる。

オーヴェルニュフィリップとオーヴェルニュ女伯ジャンヌの一人息子。ブルゴーニュ公ウード4世の一人息子であった父が誕生と前後して早世したため、祖父の死後に4歳で公位を継承した。母ジャンヌは1349年にフランスジャン2世と再婚している。

1349年に祖母ジャンヌ3世からブルゴーニュ伯領とアルトワを、1350年に祖父ウード4世からブルゴーニュ公領を、1360年に母ジャンヌからオーヴェルニュブローニュを相続した。1357年に又従妹に当たるフランドル女伯マルグルット・ド・ダンピエールと結婚したため、さらにフランドルヌヴェールルテルアントウェルペンブラバント公国リンブルク公国を獲得するはずだった。しかし1361年、腺ペストのために15歳で早世した。

フィリップの死により、祖父母の遺領の継承者は断絶し、縁者によって所領は分割された。ブルゴーニュ公国はフィリップの継父でブルゴーニュ公ロベール2世(フィリップの曾祖父)の孫であるジャン2世が(実質的には息子シャルル5世が)獲得した。ジャンヌ3世の妹マルグリット(フィリップの妻の祖母でもあった)はブルゴーニュ伯領とアルトワを獲得した。オーヴェルニュ伯領とブローニュ伯領は母方の大叔父にあたるモンフォール伯ジャンが獲得した。

相続権を主張する者は他にもいて、ロベール2世の長女マルグリットの孫であったエヴルー伯シャルル(ナバラカルロス2世)は、長系相続者としてブルゴーニュ公位を要求した。しかし、1363年にシャルル5世が差し向けた傭兵隊長ベルトラン・デュ・ゲクランの軍勢に敗れて要求を放棄した。

1363年、ブルゴーニュ公位は新たにシャルル5世の弟フィリップ(豪胆公)に与えられた。

先代:
ウード4世
ブルゴーニュ公
1350年 - 1361年
次代:
フランス王ジャン2世
フィリップ2世(豪胆公)
先代:
ジャンヌ3世
ブルゴーニュ伯
1349年 - 1361年
次代:
マルグリット1世
先代:
ジャンヌ1世
オーヴェルニュ伯
ブローニュ伯
1360年 - 1361年
次代:
ジャン1世