西フランク王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西フランク王国
Francie occidentale
フランク王国 843年 - 987年 フランス王国
西フランクの位置
西フランク王国(緑)と中部フランク王国(黄色)、東フランク王国(橙色)の領域
公用語 ラテン語
古フランス語
古オック語
ブルトン語
首都 パリ
皇帝
843年 - 877年 シャルル2世(初代)
881年 - 887年 カール3世
893年 - 923年 シャルル3世
922年 - 923年 ロベール1世
986年 - 987年 ルイ5世(最後)
変遷
ヴェルダン条約 843年
メルセン条約 870年8月8日
リブモント条約 880年
カロリング朝断絶 987年5月21日
カペー朝フランス成立 987年7月3日
通貨 ソリドゥス

西フランク王国:Francie occidentale :Westfrankenreich)は西ヨーロッパに存在した王国843年 - 987年)。フランス王国の原型にあたる。

カール大帝が西ヨーロッパを統一したフランク王国も、大帝の死後早くから、内部紛争により国家分裂の危機が生じていた。帝国分裂を防ぐため、度々帝国整理令が出されるが、効果は上がらず、843年、皇帝ルートヴィヒ1世(ルイ1世)の死後、彼の3人の遺児が帝国を分割統治し、ヴェルダン条約により、正式に帝国は分裂。帝国西部旧ローマ属州ガリア地方に西フランク王国が、イタリア半島北部を中心に中部フランク王国(ロタール相続領)、帝国東部ゲルマニア地方に東フランク王国が成立。

西フランク王国の初代はシャルル2世(カール2世)、禿頭王とも呼ばれる。地方分権化が進み、王権は当初から弱体で、このことは後のフランス諸王朝の悩み種となる。

987年にルイ5世(ルートヴィヒ5世)の夭折をもってカロリング家の血統は断絶し、王室の姻戚関係にあるカペー朝ユーグ・カペーが継承した。以後、フランス王国と呼ばれる。

歴代国王[編集]

  1. シャルル2世843年 - 877年
  2. ルイ2世877年 - 879年
  3. ルイ3世879年 - 882年、カルロマン2世と共同統治)
  4. カルロマン2世879年 - 884年、882年までルイ3世と共同統治)
  5. カール3世884年 - 887年
  6. ウード888年 - 898年、893年からシャルル3世と共同統治)
  7. シャルル3世893年 - 923年、898年までウードと共同統治)
  8. ロベール1世922年 - 923年
  9. ラウール923年 - 936年
  10. ルイ4世936年 - 954年
  11. ロテール954年 - 986年
  12. ルイ5世986年 - 987年

関連項目[編集]