ルイ2世 (西フランク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ2世

ルイ2世フランス語Louis II le Bègue,ドイツ語ではルートヴィヒ2世Ludwig II, 846年11月1日 - 879年4月10日)は、西フランク王国カロリング朝)の国王(在位:877年 - 879年)。「吃音王」と呼ばれる。

シャルル2世とその妻エルメントルーデの息子で、父の死をうけて王位に即いた。最初の妻アンスガルデとの間にともに西フランク王となるルイ3世カルロマンを、2番目の妻アデライードとの間に王女エルメントルーデと西フランク王となるシャルル3世をもうけた。

ルイ2世は病弱だったといわれ、歴史に影響をあたえる間もなく父の没後わずか2年で死去した。遺体はコンピエーニュにあるサン=コルネイユ修道院((Abbaye Saint-Corneille))に埋葬された。彼の死後、王国はルイ3世とカルロマンの2人の息子がともに王位に即き、分割統治することになった。

先代:
シャルル2世(禿頭王)
西フランク国王
877年 - 879年
次代:
ルイ3世カルロマン
先代:
シャルル2世(禿頭王)
ロタリンギア王
877年 - 879年
次代:
ルートヴィヒ3世