ルートヴィヒ4世 (東フランク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルートヴィヒ4世

ルートヴィヒ4世Ludwig IV, das Kind, 893年9月または10月 - 911年9月24日)は、カロリング朝東フランク王国最後の王(在位:899年 - 911年)。幼童王または小児王とも呼ばれる。

生涯[編集]

893年、東フランク王アルヌルフフランケン伯も兼ねたテューリンゲンのラーンガウ伯オードコンラート家)の娘ウータとの間の嫡子(3男、末子)としてバイエルンに生まれた。

899年、父の死によって王位を継承し、さらに900年にロタリンギア王の異母兄のツヴェンティボルトなどの相次ぐ死でロタリンギア王をも兼ねたが、たびたびマジャル人の侵入に苦しめられた。

911年、僅か17歳で死去した。嗣子がなく、カロリング朝は断絶した。そのため王位は外甥(異母姉グリズムート(グリスモント・グロスモント)の子)で、フランケン大公だったコンラート1世が継承した。

先代:
ツヴェンティボルト
ロタリンギア王
900年 - 911年
次代:
シャルル3世