カール7世 (神聖ローマ皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カール7世ドイツ語:Karl VII., 1697年8月6日 - 1745年1月20日)は、ヴィッテルスバッハ家神聖ローマ皇帝(在位:1742年 - 1745年)、ベーメン(在位:1741年 - 1743年)。はじめはバイエルン選帝侯(在位:1726年 - 1745年)。バイエルン選帝侯としてはカール・アルブレヒト(Karl Albrecht)、ベーメン王としてはカレル・アルブレフトチェコ語:Karel Albrecht)。

バイエルン選帝侯マクシミリアン2世エマヌエルと、その後妻であるポーランドヤン3世ソビエスキの王女テレーゼ・クニグンデ・ソビエスカの息子として、1697年8月6日にブリュッセルで生まれた。当時、父マクシミリアン2世エマヌエルはスペイン領ネーデルラント総督であった。

異母兄のヨーゼフ・フェルディナントは、子のなかったスペインカルロス2世の王位継承者に指名されていたが、夭逝してしまう。新たな王位継承者の座を巡ってスペイン継承戦争が勃発すると、マクシミリアン2世エマヌエルはフランスルイ14世の孫で自身の甥であるアンジュー公フィリップ(フェリペ5世、カール・アルブレヒトの従兄)を支持してフランス方に就いた。しかしブレンハイムの戦いで敗れた後、バイエルンはイギリスオーストリアに占領され、マクシミリアン2世はネーデルラントへ逃亡、カール・アルブレヒトはオーストリアで長期間虜囚となった。

1726年、父の死去によりバイエルン選帝侯となる。ニンフェンブルク宮殿にあるロココ様式の離宮アマリエンブルクは彼が建てさせたものである。

1713年神聖ローマ皇帝カール6世国事詔書を定め、皇女マリア・テレジアへのオーストリアをはじめとするハプスブルク家世襲領の継承とその夫ロレーヌフランツ・シュテファンの皇位継承を諸侯に認めさせた。しかし1740年にカール6世が死去すると、カール6世の兄ヨーゼフ1世の娘(マリア・テレジアの従姉)マリア・アマーリエが妃であることを理由に、カール・アルブレヒトは国事詔書に反して皇位を要求した。そして1741年、秘密同盟を結んだフランスとともに上オーストリアとベーメンへ侵攻し(オーストリア・バイエルン戦争)、1742年には弟でケルン大司教選帝侯の一人)であったクレメンス・アウグストによって、フランクフルトで神聖ローマ皇帝として戴冠された(自身も元来のバイエルン選帝侯位に加えて、ベーメン王位に伴う選帝侯位を獲得していた)。

しかしこれはただちにマリア・テレジアの反撃を受け、敗れたカール7世はバイエルンも占領された。1744年ミュンヘンを奪還するが、その3ヵ月後に失意のうちに死去した。カール7世の死後、クレメンス・アウグストと子のマクシミリアン3世ヨーゼフはフランツ・シュテファン(フランツ1世として即位)に票を投じた。

家族[編集]

1722年に皇帝ヨーゼフ1世の遺児の一人であったマリア・アマーリエと結婚した。2人は7人の子をもうけた。

先代:
マクシミリアン2世エマヌエル
バイエルン選帝侯
1726年 - 1745年
次代:
マクシミリアン3世ヨーゼフ
先代:
カレル2世
ボヘミア
1741年 - 1743年
次代:
マリエ・テレジエ