カールマン (フランク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カールマン1世ドイツ語Karlmann Iフランス語ではカルロマン1世 (Carloman Ier)751年 - 771年12月4日)は、フランク王国カロリング朝)の国王(在位:768年 - 771年)。ピピン3世(小ピピン)と王后ベルトレドの次男で、カール1世(大帝、シャルルマーニュ)の弟。

754年、カールマンは兄のカールとともにローマ教皇ステファヌス3世から王として塗油された。そして768年に父王ピピン3世が死去したのち、両者はフランク族の習慣に従って遺領を分割し、カールマン1世は王国の東部であるブルグントと南アウストラシアを相続した。

カールマン1世は771年にランスで死去した(鼻から大量に出血して死亡したとも言われる)。その後王后ゲルベルガはランゴバルドデジデリウスの下へ逃れ、遺領はすべてカール1世が相続したので、兄弟二人の関係はぎくしゃくしていた可能性もある。ただしゲルベルガはランゴバルド王女だったとする史料も存在するので、両者の緊張度は推測の域を出ない。よりカール1世寄りの年代記では、ゲルベルガの行動にカール1世が困惑していたことが示唆されている。

先代:
ピピン3世(小ピピン)
フランク
768-771(カール1世と共治)
次代:
カール1世(大帝)