ジャン1世 (フランス王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン1世

ジャン1世Jean Ier le Posthume, 1316年11月15日 - 1316年11月19日)は、フランスカペー朝の第13代国王ナバラを兼ねた(フアン1世)。第12代国王ルイ10世と2度目の王妃クレマンス・ド・オングリーの子(在位:1316年)。父の死後に生まれたため、Le Posthume(ル・ポスチュム、遺児王)と呼ばれる。

1316年に生まれたが、同年6月5日に父ルイ10世は死去していた。このため、出生と同時に後を継いで国王に即位したが、生後1週間もたたずに死去した。このため、カペー家の直系男児は断絶し、後をルイ10世の弟フィリップ5世が継ぐこととなった。