アントワーヌ (ヴァンドーム公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァンドーム公アントワーヌ

アントワーヌ・ド・ブルボン(Antoine de Bourbon, 1518年4月22日 - 1562年11月17日)は、16世紀フランスヴァロワ朝末期の貴族でブルボン家の当主。ヴァンドーム公(duc de Vendôme)。ナバラ女王ジャンヌ・ダルブレ(フアナ3世)と結婚してナバラ王となった(アントニオ1世、在位:1555年 - 1562年)。ブルボン朝の初代、フランスとナバラの王アンリ4世は2人の間の息子である。

ピカルディのラ・フェレで生まれた。父はヴァンドーム公シャルル・ド・ブルボン、母はアランソン公ルネの長女でアランソン家の相続人であるフランソワーズ・ダランソン。弟にアンリ4世と王位を争ったルーアン大司教シャルルコンデ公家の祖ルイ1世がいる。

子女[編集]

先代:
シャルル
ヴァンドーム公
1537年 - 1562年
次代:
アンリ