フランソワーズ・ダランソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランソワーズ・ダランソン(Françoise d'Alençon, 1490年 - 1550年9月14日)は、アランソン公ルネと2番目の妻マルグリット・ド・ロレーヌの長女。ヴァンドーム公シャルルの妻で、フランスアンリ4世の父方の祖母である。

父ルネは1492年に死去し、兄シャルル4世がアランソン公を継いだが、シャルル4世は1525年に早世した。シャルル4世と妻マルグリット・ダングレーム(フランス王フランソワ1世の姉)との間には子供がなく、フランソワーズと妹アンヌが男子の絶えたアランソン家の相続人となったが、シャルル4世の称号の多くは未亡人マルグリットのものとなった。

1513年、フランソワーズはブルボン家傍系のヴァンドーム公シャルルと結婚した。のちにブルボン家は本流が絶えてシャルルがブルボン家家長となった。2人の間には13人の子供が生まれたが、ヴァンドーム公を継いだ長男アントワーヌは、マルグリット・ダングレームが再婚してもうけた娘であるナバラ女王ジャンヌ・ダルブレと結婚し、2人の息子はフランス王アンリ4世として即位した。