シャルル1世・ド・ブルボン (ルーアン大司教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルル1世・ド・ブルボン

シャルル1世・ド・ブルボン: Charles Ier de Bourbon1523年9月22日 - 1590年5月9日)は、ヴァロワ朝末期からブルボン朝最初期にかけてのブルボン家の人物で、ヴァンドーム公シャルル・ド・ブルボンフランソワーズ・ダランソンの子の一人。ヴァンドーム公およびナバラアントワーヌ・ド・ブルボンの弟であり、その息子フランスアンリ4世の叔父に当たる。

1548年に枢機卿となる。ルーアン大司教(1550年 - 1590年)など、その他様々な司教位に就き、カトリックの聖職者としての道を歩んだ。1589年のヴァロワ朝断絶後、カトリック同盟の貴族はプロテスタントであったアンリ4世の即位を認めず、枢機卿シャルルを対立王「シャルル10世」として擁立したが、翌1590年にシャルルは死去した。

のちに末弟でプロテスタント派の首領であったコンデ公ルイ1世の子シャルルが、ブルボン枢機卿およびルーアン大司教の地位に就いている。

関連項目[編集]