シャルル4世 (フランス王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルル4世
シャルル4世とマリー・ド・リュクサンブールの結婚(ジャン・フーケ作)

シャルル4世(Charles IV, 1294年6月18日 - 1328年2月1日)は、フランス(在位:1322年 - 1328年)およびナバラカルロス1世、在位:同)。カペー朝最後のフランス王。フィリップ4世とその妃であるナバラ女王フアナ(ジャンヌ)1世の三男。ルイ10世フィリップ5世の弟。

次兄フィリップ5世が息子の無いまま死去したため、フランスとナバラ王位を継承した。1324年アキテーヌを巡ってイングランドエドワード2世(妹イザベラの夫)と激突、叔父のヴァロワ伯シャルルの助けを得てエドワード2世に勝利、翌年にフランス優位の和睦を結んだ。

1328年にイザベラとエドワード2世の子で甥のエドワード3世との間で改めて和睦を結んだが、同年に死去した。息子が夭折、娘しかいなかったためカペー朝は断絶した。王位は従弟のフィリップ6世(ヴァロワ伯シャルルの子)に移り、ヴァロワ朝が開かれた。

1323年パリ宮廷に送られたボヘミアヨハンの息子ヴェンツェルを養育した。ヴェンツェルは後にシャルル4世の名前を取ってシャルルと改名し、1346年にボヘミア王位を継承、翌1347年神聖ローマ皇帝に即位してカール4世となった。

家族[編集]

参考文献[編集]