ウード (西フランク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウード

ウードEudes、852年頃 - 898年1月3日)は、888年から898年まで、ロベール家から初めて、西フランク王国の王位に就いた。英語・ドイツ語ほかの表記はOdo(オード)。885年から886年にかけパリを包囲したノルマン人を撃退した。

生涯[編集]

ネウストリア侯ロベール・ル・フォール(Robert le Fort)トゥールのアデレイド(Adelaide of Tours)との長男に生まれた。弟に後のロベール1世がいた。

866年の父の没後には、ネウストリアの所領の相続を、カロリング朝のシャルル2世(禿頭王)が妨害したが、支持者により、882年か883年にパリ伯の地位を得た。

トロワのアデレイド(Théodrate of Troyes)を妻としたが、子等は早逝した。

884年にカルロマン2世が没した翌年、ウードはトゥール伯・ブロワ伯・アンジェ伯となり、886年、トゥールの聖マルタン修道院長の地位も回復した。聖職者は教区を所領した。

パリ伯の帰還
(19世紀の絵画)

パリ伯ウードは、885年から886年に掛けての冬、パリを包囲したノルマン人を撃退し、シャルル2世が廃位された翌888年2月、領邦諸侯と司教等に推されて西フランク王国の王位に就き、コンピエーニュで戴冠した。カロリング一族でない最初の王だった。彼はヴァイキングと戦い続け、アルゴンヌのモンフォーコンで更に敵を破った。

然し、ウード王の支配は徹底しなかった。シャルル2世の子シャルル(後のシャルル3世)は、893年にランスのサン=レミ修道院(l'abbaye Saint-Remi)で聖別され、彼を担ぐ一派がウードと対立した。

この場合の『聖別』は、カトリック教会聖公会などで使用される神学用語の聖別と必ずしも一致せず、『サン=レミ修道院で塗油される事で王にふさわしい超自然的な力を得る』と言う、ルートヴィヒ1世以来のしきたりである[1]

東フランクアルヌルフははじめウードを承認していたが、894年に至ってシャルルへの支持を宣言した。3年続いた両派の紛争の後、ウードはシャルルにセーヌ北部を引き渡し、かつ、シャルルを次の王に指名した。

ウードは898年1月1日、ピカルディのラ・フェール(La Fère)で没し、サン=ドニに埋葬された。

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「柴田三千雄:『フランス史10講』、岩波新書」の、p.19 - 21
先代:
シャルル2世(肥満王)
西フランク
888年 - 898年
次代:
シャルル3世(単純王)