フランス君主一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1223年、ランスで行われたルイ8世ブランシュ・ド・カスティーユの戴冠式。1450年代に描かれたフランス大年代記 (Grandes Chroniques de France) のミニアチュールより(フランス国立図書館所蔵)

フランス君主一覧では、君主制時代のフランスの君主の一覧を示す。

概説[編集]

フランスでは中世より1870年まで君主が支配した。フランスの支配者は主にを名乗り、後にボナパルト朝では皇帝を名乗った。「フランス」の成立時期には複数の見解が存在する。もっとも早くに遡ろうとするならば、486年、クロヴィス1世によってローマ帝国ガリアにおける軍司令官シアグリウスが倒され、 メロヴィング朝フランク王国が成立した時となるだろう。フランク王国は8世紀に分裂する。ヴェルダン条約により、843年西フランク王国が成立する。西フランク王国の支配域が、おおよそ今日のフランスへと展開していくこととなる。

この観点から、この表は843年、西フランク王国のシャルル禿頭王即位より開始している。それ以前のフランクの君主についてはフランク王国を参照。

以下の表に掲載した以外に、1340年から1360年および1369年から1801年にかけては、イングランド王およびグレートブリテン王もフランス王の称号を自称した。ごく短い期間ではあるが、この称号が実際に一定の根拠を持っていた時期もある。すなわち、1420年のトロワ条約によりシャルル6世はその義子イングランド王ヘンリー5世を摂政および継承者として認めたのである。ヘンリー5世がシャルル6世に先立ったため、ヘンリー5世の子ヘンリー6世は祖父シャルル6世からフランス王の称号を継承した。北フランスの大部分は1435年までイングランドの支配下にあったが、1453年までにイングランドはカレー(およびチャンネル諸島)を除いたフランス全土から敗退し、カレーも1558年にフランスの手に落ちた。しかしながらイングランド王、のちグレートブリテン王は1801年のグレートブリテンおよびアイルランド連合王国成立までフランス王を自称し続けた。1337年から1422年の間にも、断続的に複数のイングランド王がフランス王を自称している。

君主号としては、フィリップ4世までは「フランクの王」(ラテン語: Rex Francorum)が用いられた。ナバラ王国の王位を兼ねたカペー朝末期(フィリップ4世以降)およびブルボン朝歴代の国王は「フランスとナバラの王」(roi de France et de Navarre)を称した。1791年憲法が効力を有した短い期間(1791年から1792年)および1830年の7月革命後には「フランスの王」(roi de France)ではなく「フランス国民の王」(roi des Français)が用いられた。ボナパルト家の君主ナポレオン1世2世3世は「フランス国民の皇帝」(empereur des Français)を使用した。

「フランス」の名はゲルマンの一部族であるフランク人に由来する。メロヴィング朝は伝説上の人物とされる部族長ファラモンに遡るが、実際に最初の王となったのはクロヴィス1世である。その死後、王国は息子たちの間でネウストリアパリブルグントおよびアウストラシアに分割される。その後も分裂とメロヴィング朝の王たちの間での闘争が続いた。

やがてメロヴィング朝はカロリング朝に取って代わられる。カロリング家は始めアウストラシアの宮宰であったが、徐々に統合を進め、クロヴィス以来のフランク王国全土統合を成し遂げた。小ピピンが王として即位することでメロヴィング朝は完全に終わる。小ピピンの子シャルルマーニュの広大な支配域は、ルイ敬虔王により分割される。ルイ敬虔王の子ロタール1世の治世下、843年にフランク王国は東フランク王国ロタリンギア西フランク王国へと分割された。シャルル禿頭王は西フランク王国の最初の王である。

カロリング朝(843年 - 987年)[編集]

ウードロベール1世ラウールはカロリング家ではなく、対立するロベール家の王である。カペー朝を興したユーグ・カペーはロベール1世の孫である。

肖像 在位期間 先代との関係
CharlesIItheBald.JPG シャルル2世(禿頭王)
(Charles II le Chauve)
843年 877年10月6日  • カール大帝ルイ敬虔王の子
Louis II de France 2.jpg ルイ2世(吃音王)
(Louis II le Bègue)
877年10月6日 879年4月10日  • シャルル2世の子
Charles Auguste Guillaume Henri François Louis de Steuben - Louis III (vers 863-882) et Carloman (vers 866-884).jpg ルイ3世
(Louis III)
879年4月10日 882年8月5日  • ルイ2世の子
カルロマン
(Carloman II)
879年4月10日 884年12月6日  • ルイ2世の子
Charles le Gros.PNG カール3世(肥満王)
(Charles le Gros)
885年 888年1月13日  • ルイ敬虔王ルイドイツ人王の子
Odo of France.PNG ウード
(Eudes de Paris)
888年2月29日 898年1月1日  • ロベール強公の子
Georges Rouget (1783-1869) - Charles III, dit le simple, roi de France en 896 (879-929).jpg シャルル3世(単純王)
(Charles III le Simple)
898年1月1日 922年6月30日  • ルイ2世の没後に生まれた子
 • ルイ3世・カロルマン2世の異母弟
Robert I de France.jpg ロベール1世
(Robert Ier)
922年6月30日 923年6月15日  • ロベール強公の子
 • ウードの弟
Raoul Ier.jpg ラウール
(Raoul de France)
923年7月13日 936年1月14日  • ロベール1世の義子
Louis IV.png ルイ4世(渡海王)
(Louis IV d'Outremer)
936年6月19日 954年9月10日  • シャルル3世の子
Lothaire.png ロテール
(Lothaire de France)
954年11月12日 986年3月2日  • ルイ4世の子
Louis V.jpg ルイ5世(怠惰王)
(Louis V le Fainéant)
986年6月8日 987年5月22日  • ロテールの子

カペー朝(987年 - 1328年)[編集]

ユーグ・カペーの嫡流であるカペー朝は987年より1792年まで、そして1814年より1848年までフランスを支配した。ただし、1328年以降は一般的にヴァロワ朝およびブルボン朝として個別の名で呼ばれる。

肖像 在位期間 先代との関係
Hugues capet.jpg ユーグ・カペー
(Hugues Capet)
987年7月3日 996年10月24日  • ロベール1世の孫
Seal of Robert II.jpg ロベール2世(敬虔王)
(Robert II le Pieux)
996年10月24日 1031年7月20日  • ユーグ・カペーの子
Henri I.jpg アンリ1世
(Henri Ier)
1031年7月20日 1060年8月4日  • ロベール2世の子
Philip I of France · HHWXI28.svg フィリップ1世
(Philippe Ier)
1060年8月4日 1108年7月29日  • アンリ1世の子
Louis VI of France.gif ルイ6世(肥満王)
(Louis VI le Gros)
1108年7月29日 1137年8月1日  • フィリップ1世の子
Louis7 le jeune.jpg ルイ7世(若年王)
(Louis VII le Jeune)
1137年8月1日 1180年9月18日  • ルイ6世の子
Louis-Félix Amiel-Philippe II dit Philippe-Auguste Roi de France (1165-1223).jpg フィリップ2世(尊厳王)
(Philippe II Auguste)
1180年9月18日 1223年7月14日  • ルイ7世の子
Louis8lelion.jpg ルイ8世(獅子王)
(Louis VIII le Lion)
1223年7月14日 1226年11月8日  • フィリップ2世の子
Louis IX.jpg ルイ9世(聖王)
(Saint Louis)
1226年11月8日 1270年8月25日  • ルイ8世の子
Philippe3lehardi.jpg フィリップ3世(豪胆王)
(Philippe III le Hardi)
1270年8月25日 1285年10月5日  • ルイ9世の子
フィリップ4世(端麗王)
(Philippe IV le Bel)
1285年10月5日 1314年11月29日  • フィリップ3世の子
Louis X Le Hutin.jpg ルイ10世(喧嘩王)
(Louis X le Hutin)
1314年11月29日 1316年6月5日  • フィリップ4世の子
John I of France.jpg ジャン1世(遺腹王)
(Jean Ier le Posthume)
1316年11月15日 1316年11月20日  • ルイ10世の子
Philippe V Le Long.JPG フィリップ5世(長身王)
(Philippe V le Long)
1316年11月20日 1322年1月3日  • フィリップ4世の子
 • ルイ10世の弟
Charles IV Le Bel.jpg シャルル4世(美男王)
(Charles IV le Bel)
1322年1月3日 1328年2月1日  • フィリップ4世の子
 • ルイ10世・フィリップ5世の弟

上の表には含まれていないが、ロベール2世の長男ユーグ・マニュス、またルイ6世の長男フィリップは、それぞれ父と共同統治を行った。これはカペー朝初期の慣習として、王が生前に後継者を戴冠し、共同統治王として権力を共有したものの、それぞれ父王に先立ったためである。ユーグ、フィリップともに単独、または年長の王とならなかったため、伝統的にフランスの王には含めず、したがって代数を付さない。

ヴァロワ朝(1328年 - 1589年)[編集]

ヴァロワ家(1328年 - 1498年)[編集]

肖像 在位期間 先代との関係
Philippe6devalois.jpg フィリップ6世
(ヴァロワの・幸運王)
(Philippe VI de Valois, le Fortuné)
1328年2月1日 1350年8月22日  • フィリップ3世の子およびフィリップ4世の弟シャルル・ド・ヴァロワの子
JeanIIdFrance.jpg ジャン2世(善良王)
(Jean II le Bon)
1350年8月22日 1364年4月8日  • フィリップ6世の子
Charles5lesage.jpg シャルル5世(賢明王)
(Charles V le Sage)
1364年4月8日 1380年9月16日  • ジャン2世の子
Charles6lefou.jpg シャルル6世
(親愛王・狂気王)
(Charles VI le Bienaimé, le Fol)
1380年9月16日 1422年10月21日  • シャルル5世の子
Charles VII de france.jpg シャルル7世
(勝利王・よく尽された王)
(Charles VII le Victorieux, le Bien-Servi)
1422年10月21日 1461年7月22日  • シャルル6世の子
Louis XI of France.jpg ルイ11世
(慎重王・遍在する蜘蛛)
(Louis XI le Prudent, l'Universelle Aragne)
1461年7月22日 1483年8月30日  • シャルル7世の子
Charles VIII de france.jpg シャルル8世(温厚王)
(Charles VIII l'Affable)
1483年8月30日 1498年4月7日  • ルイ11世の子

ランカスター家(1422年 - 1453年)[編集]

プランタジネット家のフランス支配権の主張に基づき、1422年からフランス北部の大部分はランカスター家イングランド王ヘンリー6世の支配下にあったが、ロワール川以南の多くはシャルル7世が支配していた。1429年にランスでの戴冠後、シャルルは次第に支配域を拡大し、1453年までにヘンリーはカレーを除きフランスの領土の全て失い、百年戦争が終結した。

肖像 在位期間 先代との関係
HenryVIofEngland.JPG イングランド王ヘンリー6世 1422年10月21日 1453年10月19日  • シャルル6世の孫トロワ条約に基づく継承

ヴァロワ=オルレアン家(1498年 - 1515年)[編集]

肖像 在位期間 先代との関係
Louis-xii-roi-de-france.jpg ルイ12世 (人民の父)
(Louis XII le Père du Peuple)
1498年4月7日 1515年1月1日  • シャルル5世の曾孫
 • ルイ11世の再従弟であり、最初の結婚により義子
 • 2度目の結婚によりシャルル8世王妃アンヌ・ド・ブルターニュの夫

ヴァロワ=アングレーム家(1515年 - 1589年)[編集]

肖像 在位期間 先代との関係
Francis1-1.jpg フランソワ1世
(人文の父にして回復者)
(François Ier le Père et Restaurateur des Lettres)
1515年1月1日 1547年3月31日  • シャルル5世の玄孫
 • ルイ12世の従甥であり、最初の結婚により義子
Henry II of France..jpg アンリ2世
(Henri II)
1547年3月31日 1559年7月10日  • フランソワ1世の子
Francesco II.jpg フランソワ2世
(François II)
1559年7月10日 1560年12月5日  • アンリ2世の子
Charles IX by Francois Clouet.jpg シャルル9世
(Charles IX)
1560年12月5日 1574年5月30日  • アンリ2世の子
 • フランソワ2世の弟
Henri3France.jpg アンリ3世
(Henri III)
1574年5月30日 1589年8月2日  • アンリ2世の子
 • フランソワ2世・シャルル9世の弟

ブルボン朝(1589年 - 1792年)[編集]

肖像 在位期間 先代との関係
Henry IV of france by pourbous younger.jpg アンリ4世
(良王アンリ・緑の情夫)
(Henri IV, le Bon Roi Henri, le Vert-Galant)
1589年8月2日 1610年5月14日  • ルイ9世の男系10世孫
 • フランソワ1世の姪の子
 • フランソワ2世・シャルル9世・アンリ3世の再従兄弟であり、最初の結婚により義兄弟
Louis XIIIval grace.jpg ルイ13世(公正王)
(Louis XIII le Juste)
1610年5月14日 1643年5月14日  • アンリ4世の子
Louis XIV of France.jpg ルイ14世 (大王・太陽王)
(Louis XIV le Grand, le Roi Soleil)
1643年5月14日 1715年9月1日  • ルイ13世の子
LouisXV-Rigaud1.jpg ルイ15世(最愛王)
(Louis XV le Bien-Aimé)
1715年9月1日 1774年5月10日  • ルイ14世の曾孫
Louis xvi.jpg ルイ16世(末王)
(Louis XVI le Dernier)
1774年5月10日 1792年8月10日  • ルイ15世の孫

ルイ16世の子であるルイ=シャルルは、1793年1月21日より1795年6月8日まで名目のみであるがフランス王ルイ17世であった。しかし、実際にはこの期間にわたり幽閉されており、権力は共和国の指導者たちにあった。ルイ17世の没後、その叔父(ルイ16世の弟)ルイ=スタニスラスがルイ18世として王位を主張したが、法的にフランス王となったのは、1814年の王政復古によってである。

第一共和政(1792年 - 1804年)[編集]

1792年より1804年までフランスは共和政体(第一共和政)であった。1804年にナポレオン・ボナパルトフランス皇帝として即位した。

ボナパルト朝・第一帝政(1804年 - 1814年)[編集]

肖像 在位期間 先代との関係
Ingres, Napoleon on his Imperial throne.jpg ナポレオン1世(大帝)
(Napoléon Ier, le Grand)
1804年5月18日 1814年4月11日

復古ブルボン朝(1814年)[編集]

肖像 在位期間 先代との関係
Louis XVIII2.jpg ルイ18世 1814年5月2日 1815年3月13日  • ルイ16世の弟

ボナパルト朝・第一帝政再興(百日天下、1815年)[編集]

肖像 在位期間 先代との関係
Ingres, Napoleon on his Imperial throne.jpg ナポレオン1世
(Napoléon Ier)
1815年3月20日 1815年6月22日

1815年6月22日から7月7日の間、ボナパルティストはナポレオン1世の子ナポレオン2世を正統な帝位継承者と見なした。しかしナポレオン2世はまだ幼く、オーストリアの母の下で育てられており、その統治は一切実体を伴わないものであった。7月7日、ルイ18世が再び王となった。

復古ブルボン朝(1815年 - 1830年)[編集]

肖像 在位期間 先代との関係
Louis XVIII2.jpg ルイ18世 1815年7月7日 1824年9月16日
François Pascal Simon Gérard 006.JPG シャルル10世 1824年9月16日 1830年8月2日  • ルイ16世・ルイ18世の弟

シャルル10世の長男かつ後継者の王太子ルイ=アントワーヌを、法的にフランス王であったと認めて、ルイ19世とする場合もある。シャルル10世の退位の署名からルイ19世の退位の署名までの間は20分間であった。

君主制主義者は、シャルル10世の孫アンリ・ダルトワを1830年8月2日から8月9日の間正式にフランス王であったと認め、アンリ5世とする。ただし、これは革命のどさくさに生じたものであり、支配は基本的に実体を伴わっていないため、フランスの国によって認められたことはない。このため公的なフランス君主には通常含めない。

オルレアン朝(七月王政、1830年 - 1848年)[編集]

肖像 在位期間 先代との関係
Louis-Philippe de Bourbon.jpg ルイ・フィリップ
(国民王)
(Louis Philippe, le Roi Citoyen)
1830年8月9日 1848年2月24日  • ルイ13世の男系6世孫
 • ルイ16世・ルイ18世・シャルル10世と5代前が兄弟同士

第二共和政(1848年 - 1852年)[編集]

1848年から1852年は第二共和政であり、1852年に大統領ルイ=ナポレオン・ボナパルトはフランス皇帝に即位した。

ボナパルト朝・第二帝政(1852年 - 1870年)[編集]

肖像 在位期間 先代との関係
Franz Xaver Winterhalter Napoleon III.jpg ナポレオン3世
(Napoléon III)
1852年12月2日 1870年9月4日  • ナポレオン1世の甥

国防政府(パリ・コミューン、1870年 - 1871年)[編集]

この時期は、ナポレオン3世がプロイセン軍に捕らえられ、第二帝政が崩壊してからルイ・ジュール・トロシュ将軍による第三共和政の設立までの過渡期にあたる。

1871年以降のフランス元首[編集]

1871年以降のフランスの元首についてはフランスの大統領を参照。

王位請求者[編集]

これまでに、君主の子孫にあたる複数の人々がフランスの正統君主として王位を請求し、フランス大統領の権限および他の王位請求者の正統性を否定している。これには以下の集団がある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Edward James, The Origins of France: Clovis to the Capetians 500-1000. ISBN 0-333-27052-5.
  • Edward James, The Franks. Blackwell: 1991. ISBN 0-631-17936-4.
  • The Cambridge Illustrated History of France. Cambridge University Press.
  • Paul Fouracre and Richard A. Gerberding, Late Merovingian France: History and Hagiography, 640-720. Manchester University Press. ISBN 0-7190-4791-9.
  • Patrick Geary, Before France and Germany: The Creation and Transformation of the Merovingian World. Oxford: Oxford U. Press, 1988. ISBN 0-19-504458-4.
  • Patrick Geary, The Myth of Nations: The Medieval Origins of Europe. Princeton University Press, 2001. ISBN 0-691-11481-1.