シアグリウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クローヴィスのもとに送還されたシアグリウス

シアグリウスラテン語: Afranius Syagrius430年 - 486年 あるいは 487年)は、西ローマ帝国衰亡後もガリア北部に残ったローマ人支配地域・ソワソン管区の執政官(ドゥクス)。

生涯[編集]

ガリアにおける最後の軍司令官(マギステル・ミリトゥム)であったアエギディウス英語版の子。アエギディウスは、西ローマ帝国が混乱しガリアに対する支配がゆるんでもなお、ソワソンを中心にローマ人の支配を維持した。464年にアエギディウスが死ぬと、シアグリウスはそれから486年メロヴィング朝フランク王国クロヴィスによって打倒されるまでの間、ガリアにできたこのローマ人の飛び地の支配者であった。

486年のソワソンの戦い英語版で首都を失ったシアグリウスは、トゥールーズにあった西ゴートアラリック2世の宮廷に逃れ庇護を求めたが、捕らえられてクロヴィスに引き渡された。そして487年に密かに刺殺された[1]ゲルマン人たちによって「ローマ人たちの王」と呼ばれていたシアグリウスの死によって、ガリアにおけるローマ人の支配は終焉を迎えた。

参考文献[編集]

  • トマス・クローウェル 『図説 蛮族の歴史 〜世界史を変えた侵略者たち』 蔵持不三也訳、原書房2009年ISBN 978-4562042975


脚注[編集]

[ヘルプ]