メロヴィング朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メロヴィング朝フランク王国
分割後のメロヴィング朝フランク王国(600年ころ)

メロヴィング朝(メロヴィングちょう、: Mérovingiens, : Merovingian dynasty, : Merowinger)は、ゲルマン人(西ゲルマン)であるフランク族の支族のサリ族が築いたフランク王国における最初の王朝である。

メロヴィングの名は、始祖クロヴィスの祖父メロヴィクスにちなむ。4子に分割相続して以後、分裂・内紛を繰り返して衰退した。

建国と改宗[編集]

フランドルを支配していた小国の王クロヴィス1世465年 - 511年、位481年 - 511年)が勢力を伸ばし領土を拡大。全フランクを統一し、481年、メロヴィング朝を開いた。496年、クローヴィスはカトリック教徒であった妻との約束により、ゲルマン人に定着していたアリウス派キリスト教(異端宗派)より家臣4,000名とともに正統派のアタナシウス派キリスト教(カトリック)に改宗した(クロヴィスの改宗)。これによって王国は崩壊した西ローマ帝国貴族の支持を得、領内のローマ系住民との関係も改善された。506年西ゴートヴイエの戦い英語版で破り、その王を戦死させ、イベリア半島へ駆逐。王国の版図を広げた。しかしクローヴィスの死後、王国は4子に分割され国力は衰えた。7世紀に入ると王国はさらに分裂し、次第に分割された分国(地域)の宮宰に権力が移っていく。この状況下でアウストラシアカロリング家をはじめネウストリアブルグンド三分国(地域)の宮宰の台頭は著しいものがあった。

王朝の終焉[編集]

7世紀後半から王国の行政および財政を取り仕切る宮宰(きゅうさい, major domus)に実権が移ってゆく。714年から宮宰に就任していたカロリング家のカール・マルテルは教会から没収した土地を家臣たちへ与えて軍を再編。その後、732年にはイベリア半島から領内に進攻してきたイスラム帝国ウマイヤ朝軍をトゥール・ポワティエ間の戦いにおいて破り、西欧キリスト教世界に対するイスラム勢力の進出を食い止めた。751年にマルテルの子、ピピン3世(小ピピン)がローマ教皇の支持を得てカロリング朝を開いたことで、メロヴィング朝は終わった。

国王の一覧[編集]

系図[編集]

 
 
 
 
 
メロヴィクス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キルデリク1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
名前未詳
 
クロヴィス1世
フランク王
 
クロティルド
ブルグント王女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テウデリク1世
ランスの王
 
クロドメール
オルレアン王
 
キルデベルト1世
パリ王
 
クロタール1世
ソワソン王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テウデベルト1世
ランスの王
 
カリベルト1世
 
グントラム
ブルグント王
 
シギベルト1世
アウストラシア王
 
ブルンヒルド
西ゴート王女
 
アウドヴェラ
 
キルペリク1世
ネウストリア王
 
フレデグンド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テウドバルド
ランスの王
 
 
 
キルデベルト2世
アウストラシア王
ブルグント王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メロヴィク
 
クロタール2世
フランク王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テウデベルト2世
アウストラシア王
 
テウデリク2世
アウストラシア王
ブルグント王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダゴベルト1世
フランク王
 
カリベルト2世
アキタニア王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シギベルト2世
アウストラシア王
ブルグント王
 
シギベルト3世
アウストラシア王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クロヴィス2世
ネウストリア王
ブルグント王
 
キルペリク
アキタニア王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダゴベルト2世
アウストラシア王
 
クロタール3世
ネウストリア王
ブルグント王
 
キルデリク2世
アウストラシア王
 
 
 
 
 
テウデリク3世
フランク王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クロヴィス3世
アウストラシア王
 
キルペリク2世
ネウストリア王
アウストラシア王
 
クロヴィス4世
フランク王
 
キルデベルト3世
フランク王
 
クロタール4世
アウストラシア王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キルデリク3世
フランク王
 
 
 
 
 
ダゴベルト3世
フランク王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テウデリク4世
フランク王
 

神話と伝承[編集]

  1. メロヴィング朝の始祖は、海神の末裔である。[1]
  2. メロヴィング朝の始祖は、トロイの王族の血を引く云々。
  3. メロヴィング朝の始祖は、ナザレのイエスマグダラのマリアの子の血を引く云々。[2]
  4. メロヴィング朝の末裔には、44人ものアメリカ合衆国大統領がいる[要出典]


日本語によるメロヴィング朝史関連書籍[編集]

  • レジーヌ・ル・ジャン著『メロヴィング朝』加納修訳、白水社、2009年。
  • ルネ・ミュソ=グラール著『クローヴィス』加納修訳、白水社、2000年。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ R・ミュソ=グラール『クローヴィス』、p21
  2. ^ M・ベイジェント、R・リー、H・リンカーン『レンヌ=ル=シャトーの謎

参考文献[編集]

関連項目[編集]