トゥールのグレゴリウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥールのグレゴリウス
トゥールの聖グレゴリウス、ジャン・マルセランによる19世紀の彫像、ルーヴル
トゥール司教
生誕 538年頃11月30日
オーヴェルニュ州ガリア[1]
死没 593年11月17日 or 594年[2]
トゥールガリア
崇敬する教派 ローマ・カトリック教会カルケドン派正教会
記念日 11月17日

トゥールのグレゴリウス: Gregorius Turonensis、538年頃11月30日 - 594年11月17日)は、ガロ・ローマ人の歴史家トゥール司教で、ガリアの主導的立場にあった聖職者。生まれたときにゲオルギウス・フロレンティウス(羅:Georgius Florentius)と名付けられたが、後に母方の曽祖父に敬意を表してグレゴリウスの名が加えられた[2]。彼は後期の俗ラテン語で著述したが、自身の著作が多くの聴衆に届くようにという入念な策略であったとされる[3]。彼は現代におけるメロヴィング朝の歴史の主要な情報源である。彼の最も有名な著作は後代の年代記作家により付けられた『フランク史』(羅:Historia Francorum)の名でよく知られる『歴史十巻』(羅:Decem Libri Historiarum)である。しかし、彼は聖人の奇蹟を軽々しく信じてしまっている記述、特にトゥールのマルティヌスの奇蹟に関する4巻の書でも知られている。聖マルティヌスの墓は6世紀の主要な呼び物であり、グレゴリウスの著作はこの非常に組織化された信仰を促進する実用的な面を持っていた。

生涯[編集]

グレゴリウスはガリア中部のオーヴェルニュ州クレルモンに生まれた。彼はガロ・ローマ社会の上流階級のフロレンティウスの息子として生まれた。彼の父は、妻アルメンタリア2世がリヨン司教ニケティウスの姪であり、ジュネーヴの元老院議員フロレンティヌスとラングルのグレゴリウスの孫娘であったために、クレルモンの元老院議員の地位にあった。グレゴリウスは自身の近親者に著名な司教や聖人の名前を複数挙げることが出来たが、実際彼が生まれたころ、彼の一族はトゥール、リヨン、そしてラングルの司教職を事実上独占していた。またグレゴリウスによれば、彼の先任のトゥール司教18人のうち5人以外は彼と血縁関係にあったという。また、ガリアの初期の殉教者ウェッティウス・エパガトゥスが彼の父方の祖先である。グレゴリウスの幼いころに彼の父は死去し、寡婦となった母は自分の所有地のあるブルグンドに移り住んだ。彼は生涯のほとんどをトゥールで過ごしたが、パリに関する限り見聞は広かった。彼が生きていた荒々しい世界は、古典古代の世界の滅亡と初期中世ヨーロッパの新しい文化の境界に位置していた。グレゴリウスはメロヴィング朝のフランク文化とガリア南部のガロ・ローマ文化の境界にも生きていた。

初期メロヴィング朝期のガリア

トゥールでは、グレゴリウスはあらゆることを聞いたり、メロヴィング文化の影響下に置かれたすべての人に会ってもよい立場にはなかった。トゥールはロワール川の公水路上に位置していた。トゥールからは5本のローマ街道が発しており、トゥールはスペインを向こうに置き、アクィタニアとフランク人の北方とを結ぶ幹線道路上に位置していた。北方のフランク人の影響と南方のガロ・ローマの影響は、主にトゥールにおいて接触していたのである(地図を参照)。聖マルティヌスの民衆的な信仰の中心地として、トゥールは巡礼地、病院、政治的な避難場所となり、暴力と混乱の時期にはメロヴィング朝の重要な政治的指導者がトゥールに逃れてきた。

グレゴリウスは4人のフランク王、シギベルト1世キルペリク1世グントラム、そしてキルデベルト2世らとの個人的な関係に苦労したが、彼は当時のフランク人の指導者のほとんどと個人的な知り合いだった。

著作[編集]

『フランク史』の扉絵

『フランク史』(以下、『歴史』とも表記する)は10巻からなる。第1巻から第4巻では、天地創造から世界の歴史が語られるが、すぐにガリアのキリスト教化、トゥールのマルティヌスの生涯とその時代、フランク人の改宗とクローヴィス1世の下に行われたガリア征服と、575年のシギベルトの死去に至るまでの、フランク王のさらに詳細な歴史について物語られている。575年は、グレゴリウスがトゥール司教の地位に就いてから2年目であった。

第2部にあたる第5巻および第6巻は、584年のキルペリクの死をもって終わる。この時キルペリクはトゥールを手中に収めており、彼とグレゴリウスの関係は緊張していた。トゥール司教がキルペリクの妻を中傷したという噂を聞き、彼はグレゴリウスを捕えて反逆罪にしようとした。これはグレゴリウスの司教職及び彼の生命を脅かす攻撃であった。『歴史』の中で最も多弁に書かれている一節は第6巻の最終章であり、そこではキルペリクの特徴が毒舌を用いて冷淡にまとめられている。

第3部は第7巻から第10巻より成り、591年までの彼に関する、さらに個人的な記述がなされている。エピローグはグレゴリウスが世を去る594年に書かれた。

解釈の問題[編集]

『フランク史』を読む際には、本書が王家の歴史かどうかに関わらず、グレゴリウスが自身のパトロンを喜ばせるために書いたかどうかを決定しなければいけない。一つのフランク王家が他より好意的に扱われていると考えられている。彼はカトリックの司教でもあり、この立場にあるものに特有の考え方が彼の著作に表れている。西ゴート王国において当時まだ優勢を保っていたアリウス派に対して認識されていた危険に関する彼の見解から、『歴史』の序文に正統派キリスト論の詳細な説明を添えた。また、彼の異教徒およびユダヤ人に対する嘲罵は、彼の著作がどのように宣教に用いられたかを反映している。例えば、第2巻第28-31章において、彼は異教を不道徳で弱いものとみなしている。新たに改宗した王クローヴィスが、異教の王と比べていかに良い生活を導くかを彼は描写している。クローヴィスはかつて異教徒だった頃に直面した難問を、改宗後には全て解決するというのである。

グレゴリウスの教養は古代末期における標準的なラテン語のひとつであり、ウェルギリウスの『アエネーイス』やマルティアヌス・カペッラの『メルクリウスと文献学の結婚』に加え、彼の著書『歴史』をその続編と位置づけたオロシウスの『年代記』や、彼が自著の中で全著作に言及したサッルスティウスに焦点を当てていた。彼の教育は、この時代の典型として、異教徒の古典的作品に広く親しむことはなく、むしろウルガータ聖書に精通することに邁進した[4]。彼は自身の文法の語法に関して生涯不満を持っていたという[5]。彼は男性語句や女性語句の正しいつづり方を理解しておらず、これはラテン語の能力不足や、ラテン語の語形変化に反映されている。最高のラテン名文家とされるウェルギリウスを読んだにも関わらずグレゴリウスは「我々は永遠の死の刑罰を受けないために、彼らの偽りの寓話を話さないようにすべきである」と注意している。しかし、長大かつ難解なウルガータ聖書や宗教的著作、そしていくつかの歴史的論文を徹底的に研究したと考えられる彼が、『フランク史』の、最初の方で、かなり頻繁にそれらから引用していることには注意しなければいけない。かつて歴史家が『歴史』から受けて留意した主な印象は、グレゴリウスが物語る暴力的な逸話である。近年まで、歴史家はメロヴィング朝期ガリアは無秩序で非人間的な混乱の中にあったという判断を下しがちであったが、新しい研究によりこうした考えは覆された。より精密な読解を通じて研究者が出した結論は、グレゴリウスの秘めた目的が世俗生活の空しさを強調することと、世俗生活と聖人の奇蹟を対照させることだったというものであった[6]。しかし、グレゴリウスが『歴史』を通じて政治的なメッセージやそれ以外のメッセージを伝えていること、そしてこれらがたいへん入念に熟慮されており、歴史家たちはこの対照が中心を成し、常に存在する語り口の手段だということにおおむね賛同している。

聖人伝[編集]

彼の『師父の生涯』は、彼よりも前の世代の最も傑出した人々20人を扱った聖人伝であり、司教、聖職者、修道士、修道院長、聖人、隠者の生涯といった広い範囲の初期中世ガリアの聖なる交わりを扱っている。原題で師父が複数形なのに対して生涯が単数形になっているが、それは伝記の集合が同形の栄誉あるキリスト教徒の生き方のイメージを構成し、個々人の生涯が理想的な生き方の特質を明らかにするために構成されているからである[要出典]。例えば、聖イッリディウスはその心の純粋さゆえに称賛され、修道院長の聖ブラキウスは聖典研究に関する教育と決断のために称賛され、ブールジュのパトロクルスは弱みに直面しても揺らぐことのない信仰のために称賛され、リヨンのニケティウスはその正義のために称賛されるといったように。しかし、本書を支配するのはトリーアのニケティウスの生涯である。彼の高い権威と司牧者の責任に対する感覚は、グレゴリウスが彼を説明する際に焦点を当てたところであり、偉大であることを運命づけられ、他の人物の伝記にまたがっている。ニケティウスは頭に重みを感じ、振り向いてもそれが何か視認できなかったが、甘い匂いを感じてそれが司牧の責任であると気付いたとされる(『師父の生涯』, XVII, 1)。ニケティウスはその奇跡の栄光により他を凌駕し、神に選ばれて彼に明かされた過去と未来のフランク王の全継承を持った。

本書の言及すべき別の側面は、ある部分、とりわけ聖レオバルドゥスの伝記にグレゴリウス自身が登場するということである。これは二つの理由による。まず、これによって世俗の世界と霊的世界の明確なつながりが生み出され、生涯の説明が理解可能かつ認知可能な世界にしっかりと定位された、あるいは別の視点から見れば、奇蹟の存在が世俗世界に確立された。第二に、彼が悪魔に誘惑以降にグレゴリウスの仲裁がレオバルドゥスを客観的にするように働き(『師父の生涯』, XX, 3)、その働きがさらに全体として司教らの権威を高めている[要出典]

異端と戦う戦士[編集]

本書を著述する上で公然と認められたグレゴリウスの狙いは「聖人たちが正当にも昇天した際のような熱狂で他者に非難を浴びせる」だが、これは彼の唯一の目的ではなく、読者が師父たちに対してしたようなやり方で、自分たちを流れる神の力を証拠について、そうした信仰の保証に見せることを彼が望んでいなかったことは最も確かである。彼の関心の中心に最も隣接していたのは、ローマ教会に対してだけでなく、ガリア中の地方の教会・大聖堂に対して宗教的専心のさらなる深みを構築するということであった。彼の他の著書、特に『証聖者達の栄光』、『殉教者達の栄光』、『聖マルティヌスの生涯』とともに、普遍的なキリスト教的経験に対して地方的なものに細心の注意が払われた。こうした大げさな伝記には、奇蹟や聖人、あるいはその聖遺物を非常に様々な地方と結びつける噂話や逸話が含まれ、読者に自分たちの地方の寺院に関する壮大な知識を植え付け、彼らのすぐそばに神の業の証拠をもたらし、それによって彼らと宗教的知識の結びつきを大きく拡充した。異端に対する攻撃も彼の聖人伝に表れ、アリウス主義はヨーロッパで活動する異端の代表格として取り上げられて、激しい批判に曝された。しばしば、異端の弱点を暴露する部分(『殉教者の栄光』, 79, 80)が炎や燃焼のイメージに着目しているが、一方でカトリック教会は寛大にも神によって与えられた守護によって正しいと証明される。

以上のことはグレゴリウス自身にとって、まったくもって正当なことだった。というのは、彼がトゥールの重要な司教座を治めており、そこではフランク人の教会の集会と文脈によって、司教座の権威を確立する上で広範な利用が聖マルティヌスのグループからなされていたからである。グレゴリウスの聖人伝はこの必然的な結果であった。しかしこれは、聖人伝の後から意気揚々と現れた司教の代表としての力の利己的な横領とみなされるべきではなく、むしろ教義の支配と信仰の実践の管理のための努力とみなされるべきであり、彼らはそれが自分たちの集会やより広い教会の最高の関心事だと信じていた。

聖グレゴリウスとネウストリア王キルペリック1世。『シャルル5世のフランス大年代記』、14世紀の彩飾

トゥールのグレゴリウスの信条[編集]

異端に対する戦いにおけるグレゴリウスの熱意の例として、『フランク史』にはグレゴリウスが当時の異端に着目しつつ、自身の正当性を証明することを狙った信仰告白が含まれる(「彼らのために私がカトリックであることを私の読者が疑わないために[7]」)。この告白は多くの字句において、それぞれが特定のキリスト教の異端を論駁している。それゆえグレゴリウスの信条は否定において事実上の異端の説明となっている。

そこで、私は全能の父なる神を信じる。父より生まれたのであって被造物ではない彼のひとり子、我々の主、神、イエス・キリストを私は信じる。彼が常に父とともにあり、時間が始まって以降のみならず全ての時間の前から彼が常に父とともにあったこと[を私は信じる]。父は、彼が子を持たなければそのように呼ばれることはなかったであろうから; そして父なしには子は存在しえないから。しかし、以下のように言う者に関しては: 「彼のいない時があった[8]」と言う者に関しては、私は彼らを呪いを込めて否定し、彼らに自分たちが教会から離れているという証拠を見せつける。それによって万物が創造されたところの父の言葉とはキリストであると私は信じる。この言葉が受肉して彼の受難によって世界が贖われたと私は信じ、神性ではなく人性が受難したのだと私は信じる。彼は三日目に復活したこと、彼が罪深き人間を救ったこと、彼が昇天したこと、彼が父の右手に座っていること、彼が生者と死者を裁くためにやってくることを私は信じる。聖霊が父より生じたこと[9]、それは劣ってもおらず後から生まれたのでもなくまさに神であって父および子と等しく永遠にともにあり、本性において同一であり、全能性において等しいこと、それが父および子と離れて存在したことがなく、父および子から劣らないことを私は信じる。この聖三位一体は位格において個別に存在し、一つの位格は父の位格であり、別の位格は子の位格であり、また別の位格が聖霊の位格であると私は信じる。そしてこの三位一体において唯一の神、唯一の力、唯一の本質が存在すると告白する。聖母マリアは子を産んだ後も生む前と同じく処女であったと私は信じる。魂は不死だがそれにもかかわらず神性に与らないと私は信じる。そして318人の司教によって打ち立てられた全てのものを私は堅く信じる。しかし世界の終わりに関しては先祖から学んだ信仰、アンチキリストが初めにくるという信仰を私は信じる。アンチキリストは初めに割礼を提案し、自分がキリストだと主張するだろう; 次に彼は自身の彫像をエルサレムの神殿において信仰させるだろう、まさに以下のように主が語られたのを我々が読んだように: 「あなた方は、荒らす憎むべき者が聖なるところに立っているのを見るだろう。」 しかし主ご自身が日は全ての人から隠されると述べられ、言われた; 「しかし、子と父ご自身の他に、天使をも含めて誰が日時のことを知り得ようか。」 さらに我々は我々を攻撃して子はこの日のことを知らないいのだから父より劣っていると主張する異端[注: アリウス派]に対する回答をここに与えよう。ここで子はキリスト教徒に対する呼称であり、以下のように彼らの神が語っていることを異端者たちに知らしめよう: 「私は彼らにとって父であり、彼らは私にとって子であるだろう。」 というのは彼がこの言葉をひとり子に対してのみ語っていたのなら彼は天使たちに第一の座を与えなかっただろうからである。というのは彼は以下の言葉を用いている: 「子の他は天使ですらも。」 このように彼はひとり子だけでなく養子たる我々のことをも言及しているのである。しかし我々の目的はキリスト、彼を頼る我々に勿体なくも永遠の命を授けられるキリストご自身である[10]

重要性[編集]

『フランク史』はローマ時代から中世への転換期を扱い、上下の激しさにもかかわらず人口・領域に関して強大であり続け、近代の地図でいうヨーロッパへと発展するにもかからず、中世を通じて資源・資産に関して幸運であったフランク人の国について記述しているため、歴史的に非常に興味深い。グレゴリウスの聖人伝も、メロヴィング朝期ガリアの生活や信仰に対する我々の理解を豊富にしてくれる逸話や言い伝えの非常に貴重な史料であるが、そういった程度にまで読者を惹きつけたような文献を研究することも興味深い。彼の著作の背後にある動機によって、読者にキリスト教の重要性・強度が示される。彼の著した豊富な文献はそれ自体、いわゆる「暗黒時代」を生き残った研究の蓄積やガロ・ローマ都市文化の存続の証言である。

脚注[編集]

  1. ^ Jones, Terry. “Gregory of Tours”. Patron Saints Index. 2007年1月16日閲覧。
  2. ^ a b “St. Gregory of Tours”. The Catholic Encyclopedia. 7. Robert Appleton Company; New Advent. (1910). http://www.newadvent.org/cathen/07018b.htm 2007年1月16日閲覧。. 
  3. ^ Mitchell and Wood (2002)
  4. ^ Thorpe, Lewis (1974). The History of the Franks. London: Penguin Books. pp. 30. ISBN 978-0-14-044295-3. 
  5. ^ Gregory of Tours, The History of the Franks. Harmondsworth: Penguin, 1974, p. 63.
  6. ^ See especially Goffart (1988) and Mitchell and Wood (2002)
  7. ^ Book I.i
  8. ^ 「彼(聖霊)のいない時があった」とは当時のアリウス主義異端の主導的な信念であった。
  9. ^ 「子からも」はニカエア公会議以降にカトリック教会によって設けられたが、当時の他の四つのキリスト教会によって否定されたことはフィリオクェ問題と呼ばれる
  10. ^ Gregory of Tours (539-594): History of the Franks: Books I-X "IN CHRIST'S NAME HERE BEGINS THE FIRST BOOK OF THE HISTORIES." Medieval Sourcebook

参考文献[編集]

トゥールのグレゴリウスに関する近代の重要な文献を、彼の著書の近代語訳も含めていかに挙げた。

『フランク史』の近代語訳に関して、ルイス・ソープによるものの方がBrehautより手に入りやすいが、彼の序文・注は近年の歴史家からあまり評価されていない(二次文献を参照)。

一次文献[編集]

各版[編集]

  • Gregorii episcopi Turonensis. Libri Historiarum X (ed. Bruno Krusch and Wilhelm Levison), MGH SRM I 1, Hannover2 1951
  • Miracula et opera minora (ed. Bruno Krusch), MGH SRM I 2, Hannover 1969, 211-294 (repr. from 1885)

近代語訳[編集]

  • Fränkische Geschichte. 3 vols. (transl. by Wilhelm von Giesebrecht, rev. by Manfred Gebauer), Essen 1988.
  • From Roman to Merovingian Gaul. A Reader (ed. and transl. Alexander Callander Murray; Readings in medieval Civilisations and Cultures 5), Toronto 2000, 287-446
  • Glory of the confessors (ed. and transl. Raymond Van Dam; Translated Texts for Historians 4), Liverpool 2004 (2nd edition), ISBN 0-85323-226-1.
  • Glory of the Martyrs (ed. and transl. Raymond Van Dam; Translated Texts for Historians 3), Liverpool 2004 (2nd edition), ISBN 0-85323-236-9.
  • Liber de passione et virtutibus sancti Iuliani martyris und Libri de virtutibus sancti Martini episcopi, in: Raymond Van Dam (ed.), Saints and their Miracles in Late Antique Gaul, Princeton 1993, 153-317.
  • Life of the Fathers (ed. and transl. James Edward; Translated Texts for Historians 1), Liverpool 1991 (2nd edition), ISBN 0-85323-327-6.
  • The History of the Franks (transl. M. Dalton), Oxford 1927.
  • The History of the Franks (transl. L. Thorpe), Penguin 1974.
  • Histoire des Franks, in French
  • 『フランク史―一〇巻の歴史』杉本正俊訳、新評論、2007年9月、ISBN:978-4794807458

ラテン語 - 近代語対訳版[編集]

  • Les livres des miracles et autres opuscules de Georges Florent Grégoire évêque de Tours (ed. and transl. Léonard Bordier), vol. 1, Paris 1857.
  • Zehn Bücher Geschichten. Band I-II.(ed. and transl. Wilhelm Giesebrecht and Rudolf Buchner), Darmstadt 1955-1956.

二次文献[編集]

  • Brown, Peter, The Cult of the Saints (London, 1981)
  • Goffart, Walter, The Narrators of Barbarian History (A.D. 550–800) (Princeton, 1988)
  • Heinzelmann, Martin, Gregory of Tours: History and Society in the Sixth Century, trans. Christopher Carroll (Cambridge, 2001)
  • James, E.,The Franks (Oxford, 1988)
  • Kaiser, Reinhold. Das römische Erbe und das Merowingerreich, (Enzyklopädie deutscher Geschichte 26) (München, 2004)
  • Loseby, S.T., "Marseille and the Pirenne thesis, I: Gregory of Tours, the Merovingian kings and 'un grand port'" from Hodges, R. and Bowden, W., The sixth century: production, distribution and demand pp. 203–229, (Leiden: Brill Academic Publishers, 1998)
  • Loseby, S.T., "Gregory's cities: urban functions in sixth-century Gaul" from Wood, Ian, Franks and Alamanni in the Merovingian period: an ethnographic perspective pp. 239–270, (Woodbridge: Boydell & Brewer Ltd, 1998)
  • McSheffrey, Shannon, "The History of the Franks" (Harmondsworth, 1974)
  • Mitchell, Kathleen and Ian Wood (eds.), The World of Gregory of Tours (Leiden, 2002)
  • Van Dam, R., Saints and their miracles in late antique Gaul (Princeton, 1993)
  • Wood, Ian N., The Merovingian kingdoms 450-751 (London, 1994)
  • Wood, Ian N., Gregory of Tours (Oxford, 1994)

外部リンク[編集]