アリウス派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アリウス派(ありうすは)とは、アレクサンドリア司祭アリウス古典ギリシア語表記でアレイオス[注釈 1]250年頃 - 336年頃)とその追随者の集団を指す。

集団は「アリウス派」と呼ばれ、その主張内容も「アリウス主義」(: Arianismus: Arianism)として知られるが、アリウスがこの種の主張を始めたわけではないとされる[1][2]。創始者としてはサモサタのパウロス英語版が挙げられ[2]アンティオキアのルキアノス英語版の影響も指摘される[1][3](ただしルキアノスは殉教したことにより列聖され、正教会およびカトリック教会において聖人[注釈 2]として崇敬されている[4][5])。

主張内容[編集]

アリウス派の主張内容については、「イエス・キリストの神性を否定した」とも[2]、あるいは「イエス・キリストは神的であるとは言おうとしていたが、その神性は神の養子とされたことによる[6]」とも、「イエス・キリストの人性を主張し、三位一体説を退けた」とも[3]言われる。

ただし、「人性の主張」との要約についてはやや正確さを欠くもので、アリウス派と対峙したニカイア派(アタナシオス派)も、イエスの神性と人性の両方を認めている[注釈 3]。さらに、「神性を否定した」については、先述のように「神的であるとは言おうとしていた」と評される事もあり、議論が分かれる。

なお、アリウス派と対峙した、いわゆる正統派となった派を「アタナシオス派」(もしくはラテン語から転写して「アタナシウス派」)と呼ぶ例が高校世界史で一般的であるが、こちらの派もアタナシオスが創始したわけではない。実際、初期にアリウスと対峙し、アリウスを破門したのはアレクサンドリアの主教アレクサンドロスである。そのため、専門書では、いわゆるアタナシオス派はニカイア信条から名をとって「ニカイア派」などと呼ばれる[7][8]

アリウス派の主張内容と、ニカイア派(アタナシオス派)の主張を、以下の表で比較する。

アリウス派の主張 ニカイア派(アタナシオス派)の主張
救い主の神性は本性によるのではなく、養子とされたことによる[6] 「子」(子なる神、ロゴス、イエス・キリスト)は完全に永遠に神である[6]
「子」は二番目の、もしくは(「父」より)劣った神である[2]
イエスにおいて受肉したロゴスは被造物であった[6]
ロゴスは全被造物よりも前に、最初に無から創られた被造物で、このロゴスを通じて神は全被造物世界を創ったが、それでもロゴスは被造物である[2][6]
スローガン「御子が存在しない時があった」[6]
三位一体は否定する。「父」の位格と「子」の位格に互いに類似性は無い[1] 神は、一つの実体(本質、: ουσία[注釈 4], : substantia)と、「父なる神」・「ロゴス」(λόγος) である子なる神(イエス・キリスト)・および「聖霊(聖神)[注釈 5]」の三つの位格(: υπόστασις[注釈 6], : persona)において、永遠に存在する[注釈 7]

歴史[編集]

アリウス派と呼ばれる(いわゆる正統派からみた場合のいわゆる)異端の登場は、ローマ帝国において迫害が停止した後の最初の大規模な神学論争のきっかけとなった[6]

アリウス派の思想は、初めに第1ニカイア公会議(第一全地公会、325年)で否定された[6]が、第一全地公会(325年)の後もアリウス派を巡る議論は継続した。この間、半アリウス主義と呼ばれる様々な主張も登場したが、それらの中のある者はニカイア派と和解が成立し、ある者は決裂を迎えた。

アリウス派は第1コンスタンティノポリス公会議(第二全地公会、381年)で再び否定された[6]

その後、ゲルマン系諸族に対してアリウス派が布教していた為、ゲルマン諸族が西ローマ帝国領に侵入して来た際には、一時的に西欧においてアリウス派が復活した。しかし結局はそれらのアリウス派も「正統派」(ニカイア派)へ合流していき、アリウス派は消滅した[6]

他の三位一体否定論との違い[編集]

三位一体を否定する考えはアリウス主義の他にもある。例えば様態論等が挙げられる。

ユニテリアン主義は近代になって起きた思想潮流であるが、キリストの神性も否定する[6]点がアリウス派と異なる上に、罪を善である人間性における一過性の不完全さと捉える傾向があるなど、三位一体論の否定に止まらない面をもっており[6]、単純にアリウス主義と同じではない。

注釈[編集]

  1. ^ ギリシア語: Άρειοςラテン語: Arius…古典ギリシア語再建音からは「アレイオス」、現代ギリシア語からは「アリオス」、ラテン語からは「アリウス」と転写し得る。
  2. ^ 致命者殉教者
  3. ^ ニカイア信条、およびニカイア・コンスタンティノポリス信条(ニケア・コンスタンティノポリ信経)の両方に、「人となり」(人柄という意味では無く「人となって」の意)の文言が入っている。後者の該当箇所は以下の通り。

    ...και σαρκωθέντα εκ Πνεύματος άγιου και Μαρίας της Παρθένου και ενανθρωπήσαντα.

    Το Σύμβολο της Πίστεως (ΠΙΣΤΕΥΩ)ΙΕΡΑ ΜΗΤΡΟΠΟΛΙΣ ΗΛΕΙΑΣ, Με την επιφύλαξη παντός δκαιώματος

  4. ^ (ousia):古典ギリシア語再建音からはウーシア、現代ギリシア語からはウシアもしくはウシーアと転写し得る(現代ギリシア語のアクセントは長音のように転写されることも多いが、厳密には現代ギリシア語には長短の区別は無い)。
  5. ^ 聖霊について、正教会の一員である日本ハリストス正教会は「聖霊」ではなく、「聖神(せいしん)」「神聖神(かみせいしん)」を訳語として採用している
  6. ^ (hypostasis):古典ギリシア語再建音からはヒュポスタシス、現代ギリシア語からはイポスタシスと転写し得る。
  7. ^ 当初の議論は「子」の神性を巡ってのものであったが、聖霊の神性、聖霊も同本質としての神なのかについての議論が起こって来た。第1ニカイア公会議(第一全地公会、325年)から議論が続き、第1コンスタンティノポリス公会議(第二全地公会、381年)で、三位一体の定式がまとめられた。

参照元[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]