聖霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
聖霊が鳩のかたちをとって降ったとされる聖書の記述(マタイによる福音書3章16節など)を基に作られたステンドグラス(サン・ピエトロ大聖堂内、1660年ごろ制作)。
聖霊がイエス・キリストの弟子達に降ったとされる聖書の記述(使徒言行録2章3節)を基にした、ペンテコステイコン18世紀ロシア)。神の母マリアもこの場面に画かれている。

聖霊(せいれい、: Άγιο Πνεύμα: Spiritus Sanctus: Holy Spirit: الروح القدس 、日本正教会では聖神:せいしん[1])は、キリスト教において、三位一体の神の位格の一つ[2][3][4]。聖霊について論じる神学聖霊論という。

広く「第三の位格」とも説明される一方で[2][3][4][5]、「第三の」といった数え方をせずに「ペルソナ(位格)の一者」[6]「個位(のひとつ)」[1]「神格(のひとつ)」[1]とだけ説明される場合もある。4世紀に聖霊論を展開した聖大バシレイオス(聖大ワシリイ)は、聖霊に限らず、三位一体の各位格に言及する際に、数を伴わせることに批判的である[7][8][注釈 1]

本項で扱う聖霊に漢字「精霊」を当てるのは誤字(もしくは誤変換)である[注釈 2][9][10]

注釈[編集]

  1. ^ 聖大バシレイオス(聖大ワシリイ)は、「第一に、第二に、第三に」「一つには…、二つには…、三つには…」といった数え方・言及の仕方を三位一体に適用することに批判的である。彼はその根拠として、マタイによる福音書28章19節を挙げ、そこでイエス・キリストが「父と子と聖霊」を述べる際に数を伴わせていない事を挙げている。
  2. ^ : Άγιο Πνεύμαは「聖なるプネウマ(霊)」、: Holy Spiritも聖なるスピリット(霊)」であって、「精」の字(「精霊」)は教会で使われないのみならず、語義的にも不適切である。

参照[編集]

関連項目[編集]