礼拝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

礼拝(れいはい、らいはい)は、宗教においてなどを拝むこと。仏教においてのみ「らいはい」、それ以外は「れいはい」と読む。

キリスト教の礼拝[編集]

概要・対照表[編集]

キリスト教における礼拝とは、神に対する奉仕行為、および儀礼一般のような間接的行為を指す。狭義には教会における儀礼一般を指す。教派によって若干の語義の差がある。

日本ではキリスト教の公祈祷(礼拝)全般を「ミサ」と呼ぶ事例が散見されるが、「ミサ」とはカトリック教会の典礼儀式を指す語彙であり、キリスト教の礼拝一般をまとめて「ミサ」と呼ぶのは誤りである。

祈祷・儀礼用語の教派別対応表
教派 プロテスタント 聖公会 カトリック教会 正教会
祈祷・儀礼の総称 礼拝 礼拝 典礼 奉神礼
羅:サクラメント
希:ミスティリオン
礼典 聖奠 秘蹟 機密
主の晩餐に由来する祈祷・儀礼 聖餐式
主の晩餐
聖餐式 ミサ 聖体礼儀

上の表における用語は教派毎に大小の概念の違いを含んでおり、対応する語句同士が一対一対応して一致している訳では無い。

原語の語義[編集]

神のみに認められる最高の礼拝行為を英語またはラテン語で latria と言う。latria はギリシャ語の"λατρεία"(ラトリア)[1] に由来し、「雇われた労働者の状態」や「奉仕」を語源とする。かつて、尊敬を意味するギリシャ語"προσκύνησις"(プロスキニシス)[2]との区別は明確ではなかったが、第2ニカイア公会議以降は"λατρεία"(ラトリア)を唯一の神性に対する崇拝礼拝)、"προσκύνησις"(プロスキニシス)を聖人聖像などの聖なる被造物に対する崇敬(すうけい)、として区別するようになった[3]

イスラム教の礼拝[編集]

礼拝(サラーもしくはサラート)とは、カアバの方角へ向かってお祈りすることで、イスラム教五行のひとつである。

礼拝の方法には一定の決まりがある。普段は家庭などで個人で行なってもいいが、イスラムの祝日である金曜日には、五回の中、1回のお昼の礼拝は、モスクに集まってみんなで行なうことが奨励される。

イスラム教では、1日五回の礼拝を行なう。各礼拝の大体の時間帯は、一回目は夜明け、二回目は夜明け以降、三回目は影が自分の身長と同じになるまで(お昼)、四回目は日没から日がなくなるまで、最後は夜。礼拝が始まる時間は、ムアッジンと呼ばれる人によって告げられるが、これをアザーンという。昔はモスクの尖塔(ミナレット)に上りその上からアザーンが行われたが、現在はスピーカーが取り付けられている。

脚注[編集]

  1. ^ 現代のギリシャ正教会でも使われる言葉であるため、読みの片仮名転写は現代ギリシャ語に準拠。古典ギリシャ語では「ラトレイア」
  2. ^ 現代ギリシャ語からの転写。古典ギリシャ語では「プロスキュネーシス」
  3. ^ 上智大学中世思想研究所,“中世思想原典集成3 後期ギリシャ教父・ビザンティン思想”, 平凡社, 1994.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]