皇帝礼拝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

皇帝礼拝とは、古代ローマにおける皇帝の神格化および礼拝行為をいう。

ローマ帝国末期に帝国が衰えると、帝国の精神的一体感を保つ手段として広く行われるようになった。オリエント地域における王の神格化に影響を受けたとも考えられている。