神殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神殿は、以下の項目が当てはまります。


神殿

  • 固有名詞としての「神殿」。単に「神殿」と呼んで、特に次のものを意味する。
  • 神社建築の種別としての「神殿」神社の中心となるところで、御神体を奉安する社殿。本殿,宝殿などともいう。詳しくは、神社建築を参照。

脚注[編集]

  1. ^ この場合の神は超自然的存在一般を意味し、仏教でいう仏も含む。
  2. ^ 神社では祭祀、仏教では法要、キリスト教では典礼と呼ぶ。
  3. ^ 前述の通り、僧侶のための修行の場としての性格がメインであるところも多い。特に禅寺など。
  4. ^ プロテスタントでは祭祀の場としての性格は非常に薄い。