ラージャスターン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界 > アジア > 南アジア > インド共和国(行政区分) > ラージャスターン州
ラージャスターン州
Rajasthan
राजस्थान
インド国内の位置
(インド国内の位置)
基礎情報
Flag of India.svg インド
行政区 ラージャスターン州
州都 ジャイプル(Jaipur)
面積 342,236 km²
人口 2001年
 - 合計 56,473,122 人
 - 人口密度 165 人/km²
時間帯 インド標準時(IST)UTC+5:30
公用語 ヒンディー語ラージャスターン語
創立 1956年11月1日
知事 マーガレット・アルヴァ(Margaret Alva)
主席大臣 アショーク・ゲロー(Ashok Gehlot)
立法機関(議席数) 一院制(200)
略称ISO IN-RJ
州公式ウェブサイト http://www.rajasthan.gov.in

ラージャスターン州(Rajasthan、राजस्थान)は、インドで面積が最も大きい州である。州都はジャイプル[1]

地理[編集]

西はパキスタン、南西はグジャラート州、南東はマディヤ・プラデーシュ州、北東はウッタル・プラデーシュ州ハリヤーナー州、北はパンジャーブ州と接している。

州内西部はタール砂漠がある。トラやヒョウが生息する丘陵地帯やジャングルもある[1]

歴史[編集]

タール砂漠が砂漠化する前には、インダス文明が栄えていた。州としては1956年に成立した[1]。 ラージプーターナーとは、「ラージプート族の地」の意味で、おおむね西北インド、現在のラージャスターン州に相当する地域。

この地で興った王朝には以下のものがある。

チャンデーラ朝とは、10世紀前半から13世紀末まで北インドマディヤ・プラデーシュの東部、ブンデルカンド地方にあった王朝。この王朝は、「月」から生まれたクシャトリアの家系とする伝承をもつラージプートの王朝であることと、世界遺産にもなっているカジュラホの寺院群を築いたことで世界的に知られる。

プラティーハーラ朝(プラティーハーラちょう、英語:Pratihara dynasty)とは、8世紀後半から11世紀初頭まで、北西インドを支配したラージプートヒンドゥー王朝750年頃 - 1018年あるいは1036年)。首都はカナウジ

パラマーラ朝は、10世紀後半頃?~13世紀末まで北インドナルマダー川北岸、現マディヤ・プラデーシュ州の西部、マールワ地方に割拠したラージプートの王朝。

チャウハーン朝10世紀末から12世紀末まで北インドを支配していたラージプート族の王朝首都デリープリトヴィーラージ・チャウハーン3世の治世の頃に最盛期であったが、ゴール朝の侵入に対抗し1192年に滅亡した。 後継者がランタンボールに逃れて、再興した。

13世紀末まで、ラージプーターナー地方(ほぼ現ラージャスターン州にあたる)に、ゴール朝シハーブッディーン・ムハンマドタラーインの戦いに敗れた後に、チャウハーン朝の後継者が再興したランタンボールをはじめ、メーワール王国など版図は小さいが強力な王国を築いていたが、ハルジー朝に征服された。しかし、その後のデリー・スルターン朝の弱体化に伴って徐々に独立した。 ラジャスターンという州名も「ラージプートの土地」が語源となったもの。 イスラム勢力と勇敢に戦ったヒンドゥー戦士、ラージプート族の本拠地にもなった。ムガル帝国のアクバルの統治方針は、ラージプートなどの在地勢力を自らの支配層に取り組むために、彼らが所有する領地からの収入を認めるとともに、ヒンドゥーであるラージプート出身の女性を妻とした 。 ムガル帝国の初期に尚武の気風とヒンドゥー教徒の独立を守るために激しく抵抗したことで知られる。特に、その中でも、メーワール王国だけは、ムガル帝国から独立を維持し、19世紀初めまで続いた。

ポカランジャイサルメール県英語版)では二度の核実験、インドの核実験 (1974年)1974年5月18日、コード名:Smiling Buddha)とインドの核実験 (1998年)1998年5月11日5月13日計5回、コード名:シャクティI〜シャクティV)が実施された。

行政区分[編集]

ラージャスターン州の行政区分
ラージャスターン州の行政区分
タール砂漠
メヘランガール·フォート
  1. バーンスワーラー県英語版 (Banswara district)
  2. ドゥーンガルプル県英語版 (Dungarpur district)
  3. ウダイプル県英語版 (Udaipur district)
  4. チッタウルガル県英語版 (Chittorgarh district)
  5. ジャーラーワール県英語版 (Jhalawar district)
  6. ジャーロール県英語版 (Jalor district)
  7. スィローヒー県英語版 (Sirohi district)
  8. パーリー県英語版 (Pali district)
  9. ラージサマンド県英語版 (Rajsamand district)
  10. ビールワーラー県英語版 (Bhilwara district)
  11. ブーンディー県英語版 (Bundi district)
  12. コーター県英語版 (Kota district)
  13. バーラン県英語版 (Baran district)
  14. バールメール県英語版 (Barmer district)
  15. ジョードプル県英語版 (Jodhpur district)
  16. ナーガウル県英語版 (Nagaur district)
  17. アジメール県英語版 (Ajmer district)
  18. トーンク県英語版 (Tonk district)
  19. サワーイー・マードープル県英語版 (Sawai Madhopur district)
  20. カラウリー県英語版 (Karauli district)
  21. ドールプル県英語版 (Dholpur district)
  22. ジャイサルメール県英語版 (Jaisalmer district)
  23. ビーカーネール県英語版 (Bikaner district)
  24. チュールー県英語版 (Churu district)
  25. スィーカル県英語版 (Sikar district)
  26. ジュンジュヌー県英語版 (Jhunjhunu district)
  27. ジャイプル県英語版 (Jaipur district)
  28. ダウサー県英語版 (Dausa district)
  29. アルワル県英語版 (Alwar district)
  30. バラトプル県英語版 (Bharatpur district)
  31. ガンガーナガル県英語版 (Ganganagar district)
  32. ハヌマーンガル県英語版 (Hanumangarh district)

産業[編集]

第一次産業は米、大麦、トウモロコシなどの農業と、ラクダ、ヒツジ、ヤギなどの放牧が行われている[1]

繊維製品の生産地で、数世紀にわたり、綿織物の染色、捺染技術で知られる。生産活動は、主に染色職人と捺染職人のコミュニティー、チバが担っている。絹・綿織物は中世以来、中国中東欧州などに輸出されており、国際取引は現在でも活発である。

石油[編集]

観光[編集]

File:Mahavirji_Temple.JPG プシュカール英語版アジメール県英語版)のプシュカール湖英語版畔では、 ラクダ祭英語版が、ヒンドゥー暦Kartik(October–November)のen:Prabodhini Ekadashi(11th lunar day)からen:Kartik Poornima(15th lunar day)まで行なわれる(2013年11月10日 - 11月17日に開催された)。 ケオラデオ国立公園とランタンボール国立公園があり、また、2013年6月に開催された第37回世界遺産委員会で、ラージャスターン州の丘陵要塞群として、6つのフォート世界遺産に登録された。

世界遺産[編集]

世界遺産 ラージャスターン州の
丘陵要塞群
インド
チットールガル·フォート
チットールガル·フォート
英名 Hill Forts of Rajasthan
仏名 Forts de colline du Rajasthan
登録区分 文化遺産
登録基準 (1),(2),(3),(4)
登録年 2013年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示
  1. アンベール·フォートジャイプール
  2. チットールガル·フォートチットールガル
  3. ガングロン·フォートジャラワール
  4. ジャイサルメール·フォートジャイサルメール
  5. クンバルガル·フォートメワール
  6. ランタンボール·フォートランタンボール

社会問題[編集]

カースト差別は憲法により否定されているが、保守的な北部各州では依然として生活と密接して存続している。ラージャスターン州もそのひとつで、2013年にはカースト別の火葬場の建設計画が表面化して物議を醸した[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 三省堂編修所編 『コンサイス 外国地名事典』 (3版) 三省堂1998年、1066頁。ISBN 4-385-15338-8 
  2. ^ “カースト差別、火葬場まで=階級別に47カ所設置計画―インド”. 時事通信社 (時事通信社). (2013年9月21日). http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=2080942 2013年9月21日閲覧。 

外部リンク[編集]