祭壇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

祭壇(さいだん)は、精霊死者などに犠牲供物を捧げる為の壇。

概説[編集]

祭壇の形態

祭壇の形態は多様で、台や板状の自然石を用いたもの(石壇)、を盛り上げて作ったもの(土壇)、を積み上げて作ったもの(石積壇)、地面に獣の皮やコモを敷いたものなどがあり、はじめは自然物を使用・あるいは加工した形態のものが次第に神殿の建設など複雑な構造を持つものに変化していった。構造の複雑化に伴い、使用する材料も多様化し大理石金属などを用いたものや入念な装飾をもつものが現れるようになった。 祭壇は各宗教によって異なり、大小さまざまであるが、最も大きなものは中国を祭った祭壇(天壇)である。

ヘブライ語聖書における祭壇[編集]

隅に角がある祭壇( イスラエルen:Tel Be'er Shevaにあるもの)

ヘブライ語聖書によると祭壇は土で(『出エジプト記』20:24)あるいは石で(同 20:25)でつくられた。祭壇は一般に目立つ場所につくられた[1]。ヘブライ語聖書に記録されている最初の祭壇はノアによるものである(『創世記』8:20)。そしてヘブライ語聖書には、祭壇はアブラハムによって(『創世記』12:7、13:4、22:9)、アブラハムの息子イサクによって(『創世記』26:25)、ヤコブによって(『創世記』33:20、35:1-3)、そしてモーセによって(『出エジプト記』17:15)つくられたという記述が残っている。

キリスト教の祭壇[編集]

キリスト教では聖堂内においてミサ聖祭の執行される台を一般に祭壇と呼称する。キリストの事跡、「最後の晩餐」の食卓を模ったものとして古くから存在していた。

材料は石と定められていたが、実際には木[2]や金属も用いられた。装飾としては前面に下げるアンテペンディウムがあり、祭壇の前面そのものに装飾が施される場合もある。ミラノにあるサンタンブロージョ教会など、前面だけでなく側面も金や銀などの浮彫で飾られた絢爛な祭壇も存在する。その他祭壇の上部に置かれるレタブルム[3]、背後におかれるレトロアルタレなどがある。

正教会至聖所にある聖体礼儀が行われる祭壇は宝座と呼ばれる。

神道の祭壇[編集]

一般的な日本神棚

神道においては正月などの祭事に臨時に設置する歳棚などが起源とされ、常設されるようになったのは中世以降のことである[4]。神像を祭る場合は、神像を中心として屋根で覆ったり、厨子乗輿を用いたりしてを作る形態が一般的。神を祭る為に石を巡らしたり、積んだりして祭る場所としたもの(磐境)、神佑地に常盤木を立て神座としたもの(神籬)がある。壇は設けない場合があるが、その場合も祭壇と呼称する。

また、故人を祀る場合は神棚とは別に祖霊舎を設ける。

仏教の祭壇[編集]

仏教式の葬式用祭壇の例

仏教における祭壇の形態的には常設の祭壇として仏像を安置するための須弥壇、家庭内に設置する仏壇、仮設の祭壇として葬祭用の祭壇、四十九日まで設置される中陰壇に設置される精霊棚(盆棚)などがある。密教における大壇や護摩壇なども広義には祭壇ととることができる。

歴史[編集]

中国北京市にある天壇

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 創世記』22:9、『エゼキエル書』6:3、『列王記』23:12, 16:4, 23:8
  2. ^ 6世紀以降は使用を禁止されている。
  3. ^ 扉式のものも存在し、特別な祝祭日などにのみ開帳されるレタブルムもある。
  4. ^ 伊勢神宮大麻、鎮守の神札を納める神棚など。

関連項目[編集]