星座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

星座(せいざ、: constellatio)は、複数の恒星天球上に占める見かけの配置を、その特徴から連想したさまざまな事物の名前で呼んだものである。古来さまざまな地域・文化や時代に応じていろいろなグループ化の方法や星座名が用いられた。

左は北半球、右は南半球の星座

歴史[編集]

古代エジプト・メソポタミア・ギリシャ[編集]

古代エジプトの遺跡で、既に星の並びを人などに見立てた図が発見されている。この星座は総称してデカンと呼ばれ、一年を360日として十日ごとの区画に割る指標として用いられていたが、一部を除いて同定されていないものが多く、現在も研究が続けられている。記録に残る限り、これが最古の星座だが、現在の88星座に直接結びつくものはない。星同士を結んで星座を作る風習がのちにメソポタミア文明に伝わり、ここで現在の星座の原型ができたと考えられる。ただし、エジプトとは独立して、別個に星座を作ったという可能性もある。

最初に決められた星座は、黄道十二星座である。物的な証拠は残っていないが、メソポタミア文明以前から住み着いていた羊飼いによって設定された、という説がある。ヒツジ、ヤギ、ウシといった家畜がすべてこの黄道十二星座に含まれているのが、間接的な証拠とされる。羊飼いが設定した星座は12個ではなかった可能性もある。 ただし、欧米ではこの「羊飼い説」は今ではその資料を探すのも困難で、物的資料からも星座の起源は紀元前5世紀頃とされて久しい。日本でのみ羊飼い説が信じられているが、最近の関連図書ではようやく紀元前5世紀が正しいとするものも出てきた。

これらの黄道の星座はメソポタミア文明に取り入れられ、西洋占星術の基礎となった。メソポタミアのムル・アピン粘土板(紀元前6世紀、写しは大英博物館蔵)には、黄道十二星座を含め66の星座のリストが存在し、メソポタミアの神に基づくエンリルの道、アヌの道、エアの道に大別される。これらは古代エジプトを通じて古代ギリシアに伝わり、ギリシア人たちは自分たちの神話体系にこれを取り入れるとともに、自分たちでもさらに新しい星座を設定した。ギリシア人が設定した星座にはみな神話がついている。

古代ギリシアでの星座への言及で最も古いものは、紀元前9世紀ホメロスの二大叙事詩『イリアス』『オデュッセイア』で、星座名としてはおおぐま座、オリオン座、うしかい座が登場した。

紀元前4世紀の天文学者エウドクソスは、現代につながる44星座を決定したとされるが、その著書は残っていない。かわりに紀元前3世紀の小アジア生まれのマケドニアの詩人アラトスがこの44星座を詩にし、これが残っている。プレアデスとヒュアデスの2星団を星座にしているほかは、ほぼ現行のものが使われていた。

現代につながる49星座の設定者は紀元前2世紀の天文学者ヒッパルコスで、アラトスのものに修正を加え、現在にすべてつながる46星座を決定した。この後、トレミーの48星座とかみのけ座を合わせた全49星座を決定したという説もあるが、その著書は残っていない。

紀元2世紀クラウディオス・プトレマイオストレミーの48星座を決定した。プトレマイオスは、かみのけ座を認めなかった。この48星座を決定した者はヒッパルコスだという主張もあるが、ひとまず、著書が残っているプトレマイオスの名をとり、今でもこれらの星座は「トレミーの48星座」と呼ばれ続けている。なお、トレミーはプトレマイオスの英語読みである。これは長く標準となり、16世紀までは付け加えられることも、減らされることもなかった。

近代[編集]

16世紀、大航海時代が始まると、プトレマイオスが観測できなかった南天にも星が続々と見つかった。地動説が唱えられはじめ、プトレマイオスの絶対的な権威は薄らいだ。ティコ・ブラーエは、プトレマイオス以前に使われていたかみのけ座を復活させた。1603年ヨハン・バイエルが南天の星座を記した全天恒星図を作った。ただし、バイエルは、当時の船乗りが使っていた星座を新しく記載しただけで、特に星座を創作したわけではなかったとも言われる。この後、天動説が信じられなくなると、プトレマイオスの権威は低下し、さまざまな天文学者が続々と新しい星座を設定した。ただし、ヨハネス・ヘヴェリウスの7星座とニコラ・ルイ・ド・ラカーユの14星座を除き、ほとんどがその後は生き残れなかった。この時代に設定された星座は、星が少なく星座が設定されていなかった領域に無理やり星座を作ったような例が多い。また、王侯貴族にちなんで名付けられたものも多かったが、その他の国に認められず、ほとんどが消えていった。

このように、さまざまな理由で星座が乱立し、基準がとれなくなりはじめたので、1928年の国際天文学連合(IAU)第3回総会で現在の88星座が決められ、現在に至っている。

古代中国[編集]

  • 星の集合体

中国では星空を天上世界の官僚機構に見立て、星同士を結ぶ線で構成される形を「星官」と呼んだ。西洋の星座と違い、1星や2星といった少数の星によって構成されるものも多いことが特徴である。古来より天文家ごとに星官の名称は異なっていたが、三国時代の陳卓が石氏・甘氏・巫咸三家の星官を統合して283官1464星とし、以後、この体系が沿用された。なお代の「蘇州・石刻天文図」には1440星が刻されている[1]

  • 天球上の領域

星官は西洋天文学の星座と異なり、それ自体に星空を分割した区画の意味は含まれていない。天球上をある程度の面積をもった領域に区分した天区には三垣二十八宿の体系が作られた。個々の天区は天の北極付近、および、黄道沿いにある主要な星官に距星が置かれ、その距星のある星官によって名前がつけられている。

また二十八宿を7宿ごとにまとめた四象があり、東方青龍・北方玄武・西方白虎・南方朱雀に四分された。

なお、三垣二十八宿や四象は星官にもとづいた不均等区分の天球分割法であるが、中国天文学にはこの他に天球を12の区画に均等区分した十二次十二辰といったものがあった。十二次・十二辰の領域や境界は二十八宿の度数を座標系として使用することによって表された。  

現在の星座(IAU方式)[編集]

現在一般的に用いられる星座名は、国際天文学連合(IAU)が定めた88星座の分類による。これは西暦100年頃、アレクサンドリア(エジプト)の天文学者クラウディオス・プトレマイオスオリオン座ふたご座等、古代ギリシアに由来する星座をまとめた「トレミーの48星座」をベースに、ヨーロッパ諸国の大航海時代に南天に与えられた比較的新しい星座(ほうおう座はちぶんぎ座など)を付け加えることにより成立した。

そのほかの呼び名も提案されたが、勝ち残れなかった。特に「しぶんぎ座」は、現在はうしかい座りゅう座とも)の一部で、これにちなんで「しぶんぎ座流星群」の名がある。現在の領域にちなんで、「りゅう座イオタ流星群」ともいう。

これ以外にも非公式な呼び名(: asterism星群)もある。例えば、「北斗七星」はおおぐま座の一部で、くまのしっぽにあたる目立った7個の星がひしゃく状をなすことから名づけられた名前である。

IAUの星座分類は、名称を定義しただけではなく、各星座の範囲を厳密に決めたことも特徴である。すべての星座は赤経赤緯の線に沿った境界線で区切られている。このため、あらゆる太陽系外部の天体は必ずどれかひとつの星座に属することになる。各恒星は、星座内での光度の順番などにより、ギリシャ語のアルファベットと星座名をあわせ、「こと座 α(アルファ)星」などと呼ぶ。国際的にはラテン語を使い、α Lyrae と書く。このとき星座名は属格に活用変化させる。3文字の略符を使い、α Lyr と書いてもよい。4文字の略符もあるが全く使われない。恒星は、星座内で明るい順に αβ(ベータ)、γ(ガンマ)、…と名付けられる。この方式で最初の全天恒星図を作ったヨハン・バイエルにちなみ、この命名法による名をバイエル符号と呼ぶ。バイエル符号以外の命名法もある。恒星の命名法についての詳細は、恒星の項目を参照のこと。

天文学的には恒星同士の見かけの並びは特段の意味は無い。散開星団のプレアデス(すばる)などの例外を除き、星座を構成する星は互いに天体力学的な関連をもって並んでいるわけではない。地球からの距離もまちまちで、太陽系の位置からたまたま同じ方向に見えるだけである。

しかし、古来星座にまつわるさまざまな伝説・神話が伝承されているため、これらの物語を通じて星座や天体観測に興味を持つきっかけを持つ人も多く、天文学の入門に広く話題として取り上げられ、親しまれている。

和名[編集]

88の星座とそのラテン語での正式名は決まったが、日本語での翻訳は特に決定的なものがなく、各天文団体ごとに若干異なる訳名が使われた。1944年に学術研究会議(現日本学術会議)が訳名を決定するとこれが全国的に使われるようになり、その後、数度改定され、現在に至っている。また地方によって様々な呼称が存在する(星・星座に関する方言を参照)。

88星座の一覧[編集]

和名 略号 ラテン語名等
アンドロメダ座 And Andromeda
いっかくじゅう座 Mon Monoceros
いて座 Sgr Sagittarius
いるか座 Del Delphinus
インディアン座 Ind Indus
うお座 Psc Pisces
うさぎ座 Lep Lepus
うしかい座 Boo Boötes
うみへび座 Hya Hydra
エリダヌス座 Eri Eridanus
おうし座 Tau Taurus
おおいぬ座 CMa Canis Major
おおかみ座 Lup Lupus
おおぐま座 UMa Ursa Major
おとめ座 Vir Virgo
おひつじ座 Ari Aries
オリオン座 Ori Orion
がか座 Pic Pictor(元々は Equuleus Pictoris
カシオペヤ座 Cas Cassiopeia
かじき座 Dor Dorado
かに座 Cnc Cancer
かみのけ座 Com Coma Berenices(古来は星群だった)
カメレオン座 Cha Chamaeleon
からす座 Crv Corvus
かんむり座 CrB Corona Borealis
きょしちょう座 Tuc Tucana
ぎょしゃ座 Aur Auriga
きりん座 Cam Camelopardalis
くじゃく座 Pav Pavo
くじら座 Cet Cetus
ケフェウス座 Cep Cepheus
ケンタウルス座 Cen Centaurus
けんびきょう座 Mic Microscopium
こいぬ座 CMi Canis Minor
こうま座 Equ Equuleus
こぎつね座 Vul Vulpecula(元々は Vulpecula Cum Ansere
こぐま座 UMi Ursa Minor
こじし座 LMi Leo Minor
コップ座 Crt Crater
こと座 Lyr Lyra
コンパス座 Cir Circinus
さいだん座 Ara Ara
さそり座 Sco Scorpius(別名 Scorpio
さんかく座 Tri Triangulum
しし座 Leo Leo
じょうぎ座 Nor Norma
たて座 Sct Scutum
ちょうこくぐ座 Cae Caelum
ちょうこくしつ座 Scl Sculptor
つる座 Gru Grus
テーブルさん座 Men Mensa(元々は Mons Mensæ
てんびん座 Lib Libra
とかげ座 Lac Lacerta
とけい座 Hor Horologium
とびうお座 Vol Volans(元々は Piscis Volans
とも座 Pup Puppis
はえ座 Mus Musca
はくちょう座 Cyg Cygnus
はちぶんぎ座 Oct Octans
はと座 Col Columba
ふうちょう座 Aps Apus
ふたご座 Gem Gemini
ペガスス座 Peg Pegasus
へび座 Ser Serpens
へびつかい座 Oph Ophiuchus
ヘルクレス座 Her Hercules
ペルセウス座 Per Perseus
ほ座 Vel Vela
ぼうえんきょう座 Tel Telescopium
ほうおう座 Phe Phoenix
ポンプ座 Ant Antlia
みずがめ座 Aqr Aquarius
みずへび座 Hyi Hydrus
みなみじゅうじ座 Cru Crux
みなみのうお座 PsA Piscis Austrinus
みなみのかんむり座 CrA Corona Australis
みなみのさんかく座 TrA Triangulum Australe
や座 Sge Sagitta
やぎ座 Cap Capricornus(別名 Capricorn
やまねこ座 Lyn Lynx
らしんばん座 Pyx Pyxis
りゅう座 Dra Draco
りゅうこつ座 Car Carina
りょうけん座 CVn Canes Venatici
レチクル座 Ret Reticulum
ろ座 For Fornax
ろくぶんぎ座 Sex Sextans
わし座 Aql Aquila

りゅうこつ座とも座ほ座の3星座は、かつてはアルゴ座としてひとつの星座だった[2]

日本からの観望[編集]

ここでは大気差、山などの遮蔽物、光害、低高度での大気の影響は考慮せず、単純に緯度と星座の赤緯のみで判断する。以下に記載していない55の星座は、理論上は日本のどこからでも全域を見ることができる日時がある。なお、星は高度が低いほど大気の影響を受け、特に20度以下では著しく像が悪化する。例えば、みなみのかんむり座は理論上は札幌市から全域を観望できるが、実際には九州・沖縄まで行かないと肉眼では観望しづらい。

日本からは全く見えない星座[編集]

日本からは一部だけしか見えない星座[編集]

<>内は、これ以南で星座の一部を見る事が可能な主な地域。

日本の一部の地域からは、全く見えない星座[編集]

上記11星座(日本からは一部だけしか見えない星座)も含む。()内は、これ以南で星座の全域を見る事が可能な主な地域。<>内は、これ以南で星座の一部を見る事が可能な主な地域。

日本の一部の地域からは、一部だけしか見えない星座[編集]

()内は、これ以南で星座の全域を見る事が可能な主な地域。

現在採用されていない星座[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 司馬遷『史記・上(天官書)』近藤光男、頼 惟勤、吉田光邦 訳、平凡社(世界の古典シリーズ)1973年、ISBN 978-4582331011 、p246~247間の付図
  2. ^ らしんばん座も含めて4つともされる。

参考文献[編集]

  • 近藤二郎『星座神話の起源 古代メソポタミアの星座』誠文堂新光社 ISBN 978-4416210246 。同書は「天文ガイド2009/9-2010/8月号」の「古代オリエントの天文学-メソポタミア星物語」をまとめたもの。

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]