ヤコブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤコブJacob)は、ヘブライ語起源の人名ヤアコブの日本での慣用表記。

ヤアコブはヘブライ語で「かかとをつかむ者=人を出し抜く者」を意味するとされる。それは旧約聖書創世記25章26節にあるとおり、ヤアコブ「יעקב」(イスラエル)が、双子の兄・エサウのかかと(アケブ「עקב」)をつかんだまま生まれ、後に兄を出し抜いて長子の祝福を得たことに由来する。

なお、ヘブライ語のヤアコブの「ヤ」(י)は、アラビア語のيと同様、名詞「かかと」(עקב)に接尾語として「-さん」を繋げた接続指示代名詞であり、ヤアコブを直訳すると「かかとさん」のような意味合いになる。また、ヤアコブから「ヤ」(י)をはずした「アコブ」(עקב)は、「アケブ(かかと)」と読む。

ギリシャ語では Ιάκωβος, Iakóbos(古典:ヤコーボス/現代:ヤコヴォス)、ラテン語ではJacobus(ヤコブス)、日本語ではヤコブと表記するのが慣例である。ラテン語形Jacobusは音韻変化を経てJacomus(ヤコムス)に変化した。英語では Jacob(ジェイコブ)、 James(ジェームズ)、アイルランド語では Séamus, Seamus(シェイマス)、フランス語では Jacques(ジャック)または James(ジャムス)、ドイツ語では Jakob(ヤーコプ)、アラビア語ペルシア語ではYa'qūb(ヤアクーブ)、トルコ語でYakup(ヤークプ)、イタリア語では Giacomo(ジャコモ)または Jacopo(ヤコポ)、スペイン語では Jaime(ハイメ)または異形 Diego (ディエゴ)、Jacobo(ハコボ)、ポルトガル語では Jaime (ジャイム)、スラヴ語ではJakub, Jakupなど(ヤクプ)、ゲエズ語ではyāʿiqōb(ヤコブ)、アムハラ語ではyā'iqōb(ヤコブ)などによりいずれも男子の名としてよく見られる。

ヤコブの息子たち12人がイスラエル十二部族の祖となったことから、イスラエル民族のことを「ヤコブの家」と表すこともある。

ヤコブの名を持つ人物の一覧[編集]