供物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

供物(くもつ、offering)とは、宗教儀礼における供儀行為の目的達成のために、信仰対象に捧げられるもののことである[1]。 つまりあるいは先祖故人など、信仰あるいは崇拝する対象に捧げるもの(供えもの)を指す。

概要[編集]

供物は供儀との関係によって意味をもつ[1]

供物のもつ意味[編集]

供物に関する解釈はさまざまである。ビアッティ(Beattie, J.)は供儀の象徴的な側面こそが本質であるとし、人間と超自然的な存在との間にも互酬的な面がある、つまり人間と霊との関係には常に何らかの交換が行われている面があるので、それがしばしば霊に対する贈呈や譲渡となっている(物質的なもの、および非物質的なことがらを含む)、とした[1][2]

具体例[編集]

宗教の種類によりさまざまな供物があり、例えばキリスト教では聖餐式ミサ)におけるパンぶどう酒がそれであり[1]日本の仏教では生花やお水や、果物、菓子類など、神道ではなどのほか玉串、青果物、(生魚、干物)あるいは菓子類の飲食物等があり正月には鏡餅を供える。

また、このようないわゆる「物」に限らず、捧げられるものには祈り悔悟精進といった行為による自己犠牲の観念にある自分自身を含むこともある[1]


息子のイサクを神に捧げようとするアブラハムと、それを押しとどめる天使
Abraham and Isaacレンブラント、1634年

ユダヤ教[編集]

供物に関して、ユダヤ教においては、アブラハムが自分のひとり息子イサクを神に捧げた燔祭が知られている[1]

旧約聖書』にみられる贖罪のは、セム人をその身に負わされ、アザゼルのもとへと荒野を追われていった[1]山羊といった存在も、それを供える人間と生命の本質を共有していて、その結果、人間自身を表象している[1]


十字架にかけられたイエス・キリスト (ストラスブール大聖堂)

キリスト教[編集]

カトリックの神学では、アブラハムがひとり息子のイサクを生贄として捧げなければならなかったのと同じように、神もまた人類のをあがなうために神のひとり子であるイエスを捧げたのだ、とすることがある。[3]

ミサ。ホスチアをかかげているところ。

カトリックのミサでは祭壇でパン(ホスチア)ぶどう酒をささげる。






古代インドおよび仏教[編集]

仏塔を前にし、線香御花蝋燭などを捧げる仏教徒たち(タイ王国ワット・プラタートドーイステープ

古代インドのサンガ(ガナ)のひとつとされるヴァッジ国では、都市の内外にある祠廟(チャイティヤ)を崇め供物を絶やす事がなかったという。仏典にある「衰亡を避けるための7つの法 satta aparihaariyaa dhammaa」には供物をささげることも含まれている。

こうした行為は、ブッダが示唆したともそうでないとも言われ、その後の仏教の伝統的な行為とも共通している。


日本の仏教
おしきみ

日本の仏教では主に、仏壇などで灯明や香華(お線香)を配し、米、飯、果物などのほか、生花などが一般的で、生花の場合は「供花(くか)」「仏花(ぶっか、ぶつばな)」と呼ばれる。日蓮シキミを好んで供えたので、日蓮宗系の各宗派では今もシキミを供え、「おしきみ」と呼ぶ。

また、葬儀葬式年忌では故人が好んでいたものを供えることも多い。

真言宗の不動信仰では憤怒の形相をした不動明王本尊として火中に護摩木供物が投ぜられる[4]


道教[編集]

道教では、幽魂正薦亡位には穀物を供え、神に対しては果物を供えていた。つまり対象によって供物にも違いがあったらしい[5]

道教には醮(しょう)という祭りもあり、これは夜間に供物を並べて、神々に願いごとを上奏するやり方である[6]。《隋書》経籍志の「道経序録」によると、「醮」とは災厄を消除する方法のひとつであり、夜中 星空の下で乾肉などの供物を並べ、天皇太一や五星列宿を祭り、文書を上奏する儀礼、とのことである[7]

神道[編集]

神道では、基本的には「霊前に捧げる供え物」をさすことになる[要出典]

鶴岡八幡宮の供物
神社の御供物(落雁

日本においては、神々に感謝・祈願しを鎮めるため、神社などに供物を捧げる習慣が、古来から定着してきた[要出典]

とりわけ稲作中心の農耕文化であったため、気象条件により年によっては凶作となった。そこで、新米など新しい五穀を供えてその年の収穫に感謝し、豊作を祈願する稲作儀礼がさかんに行なわれた[要出典]。その一端として皇室で行なわれる新嘗祭大嘗祭にもその儀礼が伝わっている。

神棚に供えた鏡餅

農耕に限らず、神道においては、大漁、安産、地鎮祭七五三詣などはもとより私的な細事に至るまで、日頃から供物を捧げて祈願する。神社などの儀礼施設に限らず、個人の居宅にも神棚を設けて、灯明とともに神饌と呼ばれる供物を捧げることにより家内安全や招福を祈願し、今日でもその伝統は残されている。

神道ではのほか、鶏肉鶏卵)、海菜野菜果物や菓子類が供される。正月に供える一重ねの餅を特に鏡餅と呼ぶ。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 小口偉一、堀一郎 『宗教学辞典』 東京大学出版会、1979年、p.170。ISBN 978-4130100274
  2. ^ Beattie, J., Other Cultures, 1964。(翻訳本:蒲生正男、村武精一『社会人類学』社会思想社、1968)
  3. ^ ヴィア・ドロローサも参照のこと
  4. ^ 山折哲雄『仏教用語の基礎知識』角川学芸出版, 2000、p.120
  5. ^ 野口鐵郎, 田中文雄, 丸山宏, 浅野春二『道教の教団と儀礼』雄山閣出版、 2000、p.135-137
  6. ^ 『世界大百科事典』【斎】
  7. ^ 『世界大百科事典』【醮】

関連項目[編集]

ユダヤ教

en:Korban

仏教
神道