日蓮宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日蓮宗(にちれんしゅう)とは、

  1. 鎌倉時代中期日蓮によって興された仏教宗旨の一つ。法華宗とも称する。鎌倉時代中期日蓮によって興され、かつては(天台法華宗に対し)日蓮法華宗とも称した[1]。開祖である日蓮の主要著作「立正安国論」のタイトルから、わかるように、国家主義的(ナショナリズム)傾向の強い教えと、見る識者は多い[2][3][4][5]
  2. 1872年(明治5年)、教部省の通達にもとづく「一宗一管長」制にもとづいて成立した日蓮門下の全門流による統一教団の名称。翌1873年(明治6年)、教義の違いにより、日蓮宗一致派日蓮宗勝劣派に二分されて解体消滅。
  3. 1876年(明治9年)、日蓮宗一致派が、あらたに公称することをゆるされた宗号。この日蓮宗は1941年(昭和16年)、日什門流顕本法華宗日興門流(富士門流)の本門宗との三派合同により解体・消滅。
  4. 身延山久遠寺総本山とし、勝劣一致の諸門流からなる宗教法人。1941年(昭和16年)、勝劣派の顕本法華宗本門宗と一致派の日蓮宗がそれぞれの組織を解消して対等合併(三派合同)することによって成立。現行の「宗教法人・日蓮宗」。

宗旨・日蓮宗の概要[編集]

本節では鎌倉仏教の宗旨日蓮宗(法華宗)の宗祖日蓮とその教えならびに分派の大要を紹介する。

日蓮のあゆみ[編集]

開祖日蓮は鎌倉時代に生まれた[6]

甲斐国身延山久遠寺をひらいた日蓮は、1282年常陸国湯治にむかったが、途中、武蔵国の法華信者で池上郷の地頭池上宗仲宅で没した[7]

日蓮のおしえ[編集]

日蓮は、法華経(妙法蓮華経)を釈迦の正しい教えとして選び、「南無妙法蓮華経」という題目をとなえること(唱題)を重視した[8]。「南無妙法蓮華経」とは「法華経に帰依する」の意であり、「題目」は経典の表題を唱えることに由来する[9]

日蓮に対する天台教学の影響[編集]

日蓮は、天台の教観二門(教相門・止観門)を教学の大綱とし、

などは天台教学を踏襲するとともに、「法華経の行者」としての自覚と末法観を基調とした独自性を示した[10]

末法観と法華経[編集]

日蓮は、鎌倉仏教の他の祖師たちと同様、鎌倉時代をすでに末法に入っている時代とみなしていた。 そして、法華経を、滅後末法の世に向けて説かれた経典とみなし、とりわけ「如来寿量品」を、在世の衆生に対してではなく、滅度後の衆生の救済を目的として説かれたものとみなした。そして法華経にとかれた

  • 久遠本仏の常住
  • 遣使還告の譬
  • 勧持品二十行の偈文

等を「末法悪世の相」を説いたものとみなした。そして当時の現実の世相(鎌倉幕府内部の権力闘争、天変地異、モンゴル帝国からの使者の到来、釈迦を第一に尊ばない阿弥陀信仰の盛行など)を、日本において法華経がないがしろにされてきた結果とみなした。 日蓮にとっては「末法における顛倒の衆生」、「末法重病の衆生」を済度しうる唯一最勝の良薬は「法華経」のみであった。「真言亡国、禅天魔、念仏無間、律国賊」と激しく他宗を攻撃する「四箇格言」は、法華経のみが末法において衆生を救済する唯一のおしえであり、他の教えは、かえって衆生を救済から遠ざけてしまう、という確信に基づくものであった[11]。。

「法華経の行者」の自覚[編集]

教主釈尊と事の思想[編集]

五綱教判[編集]

法華経を唯一の正法であり、時間空間を超越した絶対の真理とした日蓮は、教・機・時・国・序のいずれにおいても法華経が至高であるとする「五綱の教判」を立てた[12]。つまり、「教」(教え)にはおいては、法華経のうち前半14章を迹門、後半14章を本門とし、本門こそ人びとを救済する法華経であるとし、「機」(素質能力)においては、末法に生きて素質や能力の低下した人間にふさわしい教えは法華経であり、「時」は末法であることから法華経が正法とされ、「国」は大乗仏教の流布した日本国にふさわしいのはやはり法華経、「序」(順序)は最後に流布するのは法華経本門の教えであるとした[12]

「五綱の教判」のなかで、信仰における重要な契機として「時」(末法の世である現在)・「国」(日本国)を掲げるあり方から、こんにちでも、日蓮宗系の各宗派においては、他の宗派にはあまりみられない政治問題への積極的なかかわりがみられる[13]

日蓮の一念三千[編集]

日蓮は、天台教学を「迹門の法華経」であり「理の一念三千」と呼んで、その思弁性・観念性を批判し、みずからの教えを本門として「事の一念三千」を説き、実践的・宗教的であらねばならないとした[12]。日蓮はまた、法(真理)をよりどころとすべきであって、人(権力)をよりどころとしてはならないと説いた。かれは、仏法と王法が一致する王仏冥合を理想とし、正しい法にもとづかなければ、正しい政治はおこなわれないと主張したのである[12]。また、王法(政治)の主体を天皇とし、天皇であっても仏法に背けば仏罰をこうむるとし、宗教上での天皇の権威を一切みとめない仏法絶対の立場に立った[12]

三大秘法[編集]

日蓮系諸派の教義[編集]

思想面(本仏の位置付け、妙法蓮華経の勝劣)から、室町期以降、大別して3つの分派(門流)が成立した。

本仏の位置付け
釈尊を本仏として久遠實成本師釈迦牟尼仏と称する/日蓮を本仏とする
妙法蓮華経の勝劣
所依の妙法蓮華経を構成する二十八品(28章)を前半の「迹門」(しゃくもん)、後半の「本門」に二分し、本門に法華経の極意があるとする勝劣派/二十八品全体を一体のものとして扱うべきとする一致派

すなわち

である。

権力との距離についての実践面[注釈 1]から、桃山時代末期より江戸時代にかけて

という区分も生じた。

宗派・日蓮宗の概要[編集]

近代では、1872年(明治5年)の教部省布達「一宗一管長」制に基づいて成立した教団に端を発する[14]

これには、現在の日蓮正宗法華宗陣門流など、日蓮門下の全門流が帰属した。同制度が1874年(明治7年)に緩和。この日蓮宗日蓮宗一致派日蓮宗勝劣派に分かれ、前者は釈尊を本仏とする一致派の統一教団として再組織された(ただし、不受不施派の日奥門流、不受不施講門派を除く)。

1876年(明治9年)、日蓮宗一致派が、日蓮宗と改称することを許される。

宗教法人・日蓮宗の概要[編集]

1941年(昭和16年)、時局緊迫を理由に諸宗教、諸宗派の統合を迫る政府当局の指導を受け、「釈尊を本仏とする勝劣派」である顕本法華宗(日什門流)、「日蓮を本仏とする勝劣派」である本門宗(日興門流)と、日蓮宗(旧称日蓮宗一致派)が、形式上、それぞれの宗派を解消して対等の立場で合併(三派合同)し発足。

身延山久遠寺総本山とし、宗務院を池上本門寺(東京都大田区池上)に置く日蓮系諸宗派中の最大宗派。祖山1(総本山)、霊跡寺院14(大本山7、本山7)、由緒寺院42(本山42)、寺院数5,200ヶ寺、直系信徒330万人。

中世期に成立していた門流の多くと、思想的潮流の相当部分を包含する。 なお、日什門流・日興門流は、門流に所属する寺院の一部のみが日蓮宗に帰属している[注釈 2]。詳細は日蓮宗什師会興統法縁会を参照。

また、上記とは別に宗教法人法施行以降身延祖廟に帰正すべく法華宗三派等日蓮系宗派寺院からの散発的な日蓮宗への改宗が現在も続いている。

主要寺院[編集]

現在の日蓮宗宗制では寺院は祖山、霊跡寺院、由緒寺院、一般寺院に分けられている。江戸時代本末制度に始まる寺格は昭和16年の本末解体で消滅し実態はないが、日蓮宗宗制では総本山・大本山・本山の称号を用いることができると規定されている。

祖山は日蓮の遺言に従い遺骨が埋葬された祖廟がある身延山久遠寺(日蓮棲神の霊山とされる)で、貫首法主と称する。霊跡寺院は日蓮一代の重要な事跡、由緒寺院は宗門史上顕著な沿革のある寺院で、住職(法律上の代表役員)を貫首と称する[注釈 3]

祖山、霊跡寺院、由緒寺院は「日蓮宗全国本山会」を組織している。総裁は身延山久遠寺内野日總法主、会長は飯田本興寺浅井日彰貫首、事務局長は北野立本寺上田日瑞貫首。

本山妙教寺は平成21年7月に一般寺院として日蓮宗に帰一したが、客員として長らく日蓮宗全国本山会に参加している為、その他本山としてあげておく。

祖山[編集]

霊跡寺院[編集]

由緒寺院[編集]

その他[編集]

法華寺院巡り[編集]

三派合同時の本山[編集]

昭和16年三派(旧日蓮宗、旧顕本法華宗、旧本門宗)合同時の本山は以下の通り

旧日蓮宗44本山(総本山1、大本山4、本山39)、1御由緒寺院[編集]
  • 総本山身延山久遠寺(現在:日蓮宗総本山)
  • 大本山正中山法華経寺(現在:日蓮宗大本山)
  • 大本山長栄山本門寺(現在:日蓮宗大本山)
  • 大本山具足山妙顕寺(現在:日蓮宗大本山)
  • 大本山大光山本圀寺(現在:日蓮宗大本山)
  • 本山光明山孝勝寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山靖定山久昌寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山開本山妙顕寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山小湊山誕生寺(現在:日蓮宗大本山)
  • 本山小松原山鏡忍寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山広栄山妙覚寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山常在山藻原寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山妙高山正法寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山正東山日本寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山長崇山妙興寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山真間山弘法寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山長谷山本土寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山長興山妙本寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山寂光山龍口寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山明星山妙純寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山海光山佛現寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山岩本山実相寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山経王山妙法華寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山大成山本立寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山龍水山海長寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山貞松山蓮永寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山青龍山本覚寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山徳栄山妙法寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山大野山本遠寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山法王山妙法寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山塚原山根本寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山妙法華山妙照寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山蓮華王山妙宣寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山金栄山妙成寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山法鏡山妙伝寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山聞法山頂妙寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山叡昌山本法寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山広布山本満寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山具足山妙覚寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山具足山立本寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山広普山妙國寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山白雲山報恩寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山自昌山国前寺(現在:日蓮宗本山)
  • 本山松尾山光勝寺(現在:日蓮宗本山)
  • 御由緒寺院瑞龍寺(現在:村雲御所瑞龍寺)
旧顕本法華宗(総本山1、別格山8)[編集]
  • 総本山妙塔山妙満寺(現在:顕本法華宗総本山)
  • 別格山宝塔山妙法寺(現在:顕本法華宗別格山)
  • 別格山宝光山妙國寺(現在:日蓮宗本山)
  • 別格山鳳凰山天妙國寺(現在:顕本法華宗別格山)
  • 別格山経王山本光寺(現在:単立)
  • 別格山法華山本興寺(現在:日蓮宗本山)
  • 別格山本立山玄妙寺(現在:日蓮宗本山)
  • 別格山延兼山妙立寺(現在:日蓮宗本山)
  • 別格山妙泉山寂光寺(現在:顕本法華宗別格山)
旧本門宗(大本山7)[編集]

宗務院[編集]

東京都大田区池上1-32-15、本門寺敷地内に所在する。

内局[編集]

日蓮宗の行政府。現在の内局は以下の通り。

  • 宗務総長:小林順光(宗会議員)
  • 伝道局長:齊藤憲一(宗会議員)
  • 総務局長:塩田望巳(宗会議員)
  • 伝道部長:大塩孝信(宗会議員)
  • 教務部長:田中文教
  • 総務部長:風間随修(宗会議員)
  • 財務部長:中川法政(宗会議員)
  • 宗務総長室長:小林正雄(宗会議員)
  • 日蓮宗現代宗教研究所所長:三原正資
  • 参与(什師会):山口裕光(台東区妙経寺住職)
  • 参与(興統会):吉田海心(延岡市本東寺住職)

宗会[編集]

日蓮宗の立法府。選挙区選出の43名に参与推薦の2名をくわえた45名で構成されている。会派として同心会、明和会がある。現在の宗会議員は以下の通り。選挙区、氏名、住職寺院、会派の順。

  • 第1区(東京東部)、小林順光、葛飾区妙源寺、同心会
  • 第2区(東京西部)、池田順覚、世田谷区玉川寺、同心会
  • 第3区(東京南部)、生駒雅幸、大田区安立院、同心会
  • 第4区(東京北部)、吉田見悠、台東区妙雲寺、同心会
  • 第5区(神奈川1部)、柳下俊明、横浜市妙蓮寺、同心会
  • 第6区(神奈川2部)、関本城、藤沢市法善寺、同心会
  • 第7区(神奈川3部)、小林正雄、小田原市大久寺、同心会
  • 第8区(千葉東部)、長谷川雄一、匝瑳市朗生寺、同心会
  • 第9区(千葉西部)、大塩孝信、市原市正蓮寺、同心会
  • 第10区(千葉南部)、塩崎望巳、勝浦市法蓮寺、同心会
  • 第11区(千葉北部)、渡辺照敏、市川市法蓮寺、同心会
  • 第12区(埼玉、群馬)、松永慈弘、川口市實相寺、同心会
  • 第13区(茨城、栃木)、植木英明、水戸市妙徳寺、同心会
  • 第14区(山梨1部)、佐々木延雄、身延町山之坊、明和会
  • 第15区(山梨2、3部)、望月義仁、韮崎市大蓮寺、同心会
  • 第16区(山梨4部)、川久保光隆、笛吹市定林寺、明和会
  • 第17区(静岡東部)、松井大英、下田市了仙寺、同心会
  • 第18区(静岡中、西部)、大場正昭、藤枝市大慶寺、明和会
  • 第18区(静岡中、西部)、落合良孝、浜松市法雲寺、明和会
  • 第19区(長野、岐阜)、堀智仙、岐阜市妙照寺、明和会
  • 第20区(愛知名古屋、三河)、光岡潮慶、名古屋市栄立寺、明和会
  • 第21区(愛知尾張、三重)、加藤正光、半田市寛良寺、同心会
  • 第22区(新潟東、西、北部)、齋藤憲一、柏崎市東城寺、明和会
  • 第23区(富山、石川1、2部)、張田珠潮、金沢市妙立寺、明和会
  • 第24区(福井中、南、北部)、木村吉孝、敦賀市妙顕寺、同心会
  • 第25区(京都1、2部)、風間随修、京都市妙栄寺、明和会
  • 第25区(京都1、2部)、藤田尚哉、京都市勝光寺、同心会
  • 第26区(大阪市)、中川法政、四条畷市如在寺、同心会
  • 第27区(大阪和泉、三島、豊能)、石原直行、能勢町安穏寺、明和会
  • 第28区(滋賀、奈良、和歌山)、田中恵紳、和歌山県蓮心寺、明和会
  • 第29区(兵庫東、西、北部)、川口久雄、神戸市護国寺、明和会
  • 第30区(岡山)、北山孝治、岡山市妙楽寺、明和会
  • 第31区(広島、山口)、渡部康国、広島市本覚寺、同心会
  • 第32区(島根、鳥取)、山田光映、鳥取市本浄寺、明和会
  • 第33区(四国四県)、中臣泰斎、松山市法華寺、明和会
  • 第34区(福岡)、佐野前延、うきは市本佛寺、明和会
  • 第35区(熊本)、塩田義徹、熊本市正立寺、明和会
  • 第36区(佐賀、長崎、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)、池田弁岳、島原市光伝寺、明和会
  • 第36区(佐賀、長崎、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)、松野蓮香、日南市白蓮寺、明和会
  • 第37区(福島、宮城、山形)、畑栄明、山形市浄光寺、同心会
  • 第38区(岩手、秋田、青森)、西山是文、遠野市智恩寺、同心会
  • 第39区(北海道全区)、内山智洋、帯広市法華寺、明和会
  • 第39区(北海道全区)、佐藤光則、札幌市日登寺、同心会
  • 参与推薦(什師会)、渡邊義生、千葉市長胤寺、同心会
  • 参与推薦(興統会)、保田義彰、沼津市本能寺、同心会

大学[編集]

研究機関[編集]

布教機関・新聞社[編集]

病院[編集]

  • 身延山病院[4]
  • 立正診療院

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日蓮宗の檀信徒ではない時の権力者からの布施を受けることが是か非かという問題である。
  2. ^ 第二次世界大戦終戦により「統合を強要する圧力」が消滅したりするのに伴い、旧顕本法華宗、旧本門宗に属する本山、末寺には日蓮宗より独立するものもあったが、旧顕本法華宗の改革派である本山妙國寺、本山本興寺、本山玄妙寺、本山妙立寺、や、旧本門宗の大本山重須本門寺、本山小泉久遠寺、本山實成寺とそれらの末寺は引き続き、日蓮宗の内部で固有の教義を維持し続けている。
  3. ^ 中山法華経寺の貫首のみ、荒行堂が設置されているのに伴い、伝主とも称する。

出典[編集]

  1. ^ 『岩波仏教辞典 第二版』(2002)
  2. ^ 中村 元、「東洋人の思惟方法」
  3. ^ ウィリアム・ウッダード、「天皇と神道 GHQの宗教政策」、1988年、サイマル出版会、238ページ
  4. ^ Alan Macfarlane,アラン・マクファーレン,Japan Through the Looking Glass,2007,Profile Books,page199
  5. ^ G.B.Sansom,Japan : A Short Cultural History,1931 first published,Stanford University Press,1978,page334
  6. ^ 成川(1983)pp.25-27
  7. ^ 村上(1981)p.104
  8. ^ 有賀(1975)pp.75-92
  9. ^ 村上(1981)p.99
  10. ^ 有賀(1975)pp.75-76
  11. ^ 有賀(1975)pp.76-77
  12. ^ a b c d e 村上(1981)pp.102-103
  13. ^ 村上(1981)p.104
  14. ^ 『日蓮宗事典』(1982)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

法華経[編集]

宗祖日蓮と教団をめぐる人々[編集]

教義と門流[編集]

一致勝劣
受施
弟子門流

門流

法縁(法脈、法類)[編集]

日蓮宗檀林の指導的学僧(僧名「日○」)や地名に由来するいわゆる学閥。各檀林で下記の法縁が発生している。尚、一部の法縁は複数の檀林に分かれている。

  • 三昧堂檀林:水戸法縁
  • 飯高檀林:脱師法縁、潮師法縁、通師法縁、池上法縁、堺法縁
  • 中村檀林:達師法縁、親師法縁(精師法縁、貞師法縁)、境師法縁、奠師法縁、要師法縁、莚師法縁
  • 小西檀林:小西法縁
  • 野呂檀林:合師法縁
  • 西谷檀林:鏡師法縁
  • 東山檀林:達師法縁、親師法縁(精師法縁、貞師法縁)、奠師法縁、莚師法縁
  • 鷹ヶ峰檀林:親師法縁(精師法縁、貞師法縁)
  • 松ヶ崎檀林:生師法縁
  • 山科檀林:勇師法縁
  • 鶏冠井(かいで)檀林:奠師法縁、莚師法縁
  • 宮谷檀林:什師法縁(日蓮宗什師会)各法脈(禹師寮法縁、迂師寮法縁、清師寮法縁、乗師寮法縁、宏師寮法縁、饒師寮法縁、厳師寮法縁等)
  • 細草檀林:江戸寛永期より明治初頭まで。興統法縁各法脈。現在、興統法縁の寺院は日蓮宗(本山3ヶ寺)・日蓮正宗(本山2ヶ寺)・日蓮本宗(本山1ヶ寺)、単立(本山2ヶ寺)などに分かれている。細草檀林跡の法雲山遠霑寺は現在日蓮正宗寺院。

日蓮聖人門下連合会[編集]

現在、下記11団体が加盟している。

法具[編集]

政治・社会との関わり[編集]

外部リンク[編集]