法華曼荼羅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

法華曼荼羅(ほっけまんだら)とは、法華経の世界を梵字漢字などで表した曼荼羅の一種。

密教の法華曼荼羅[編集]

法華曼荼羅 (恵什・永厳 著 『図像抄』より)

天台宗真言宗に於ける法華曼荼羅は、法華経前半十四品(迹門)に登場する菩薩などを表したものである。 構成は、中央に八葉蓮華(8枚の花弁を持つ蓮の花)を描き、その上に多宝塔を描く。多宝塔中の右に釈迦牟尼佛左に多宝如来が並んでいる。その周囲、八葉蓮華の花弁に弥勒菩薩文殊菩薩薬王菩薩妙音菩薩常精進菩薩無尽意菩薩観音菩薩普賢菩薩の8尊の菩薩が配置されている。さらにその八葉蓮華の周囲に迦葉須菩提舎利弗木連の4人の声聞を描く。さらにその外に外四供養菩薩、四摂菩薩、諸天、四大明王などを描く。

日蓮の法華曼荼羅[編集]

臨滅度時本尊
日蓮の臨終時に掲げられたという伝承のある十界曼荼羅。鎌倉・妙本寺

日蓮門下の諸派に於ける法華曼荼羅は、日蓮末法の時代に対応するべく、法華経後半十四品(本門)に登場する、如来菩薩明王などを漢字や梵字で書き表した文字曼荼羅である。中央の題目から長く延びた線を引く特徴から、髭曼荼羅とも呼ばれている。また、一部には文字でなく画像で表したものもある。

十界の諸仏・諸神を配置していることから十界曼荼羅(日蓮奠定十界曼荼羅・宗祖奠定十界曼荼羅)などとも称される。

1271年文永8年)に書いたものが最初で、日蓮直筆は127幅余が現存する。[1]

構成は、中央に南無妙法蓮華経題目)を配置する。右上に持国天・右下に広目天・左下に増長天・左上に毘沙門天を配置する。題目左側に釈迦牟尼佛または釈迦牟尼如来浄行菩薩安立行菩薩普賢菩薩弥勒菩薩大迦葉尊者釈提恒因大王大月天王明星天子十羅刹女阿闍世王大龍王妙楽大師傳教大師八幡大菩薩等・梵字で愛染明王を、右側に多宝如来上行菩薩無辺行菩薩文殊菩薩薬王菩薩舎利弗尊者大梵天王第六天魔王大日天王鬼子母神轉輪聖王阿修羅王提婆達多龍樹菩薩天台大師天照大神等・梵字で不動明王を配置する。 特に中央に南無妙法蓮華経お題目)並びに右上に持国天・右下に広目天・左下に増長天・左上の毘沙門天や梵字で表された愛染明王不動明王そして(お題目)下の日蓮聖人の花押が重要な意味を持つ。

脚注[編集]

  1. ^ 渡辺喜勝「「文字マンダラ」=光と言葉のシンボリズム」『日本の名僧12  法華の行者 日蓮 』、佐々木馨、吉川弘文館、2003年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]