宮内省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宮内省(くないしょう)は、1947年昭和22年)まで日本に存在した官庁名。古代のものと近代のものがあり、近代のものが1949年昭和24年)以降の宮内庁の前身となる。

律令制度下[編集]

古代の宮内省は、律令制で規定された八省のひとつ。太政官右弁官局被官で、はじめ1職4寮13司、のち統廃合されて1職5寮5司の官司を所管し、宮廷の修繕食事掃除医療などの庶務一切を務め、天皇の財産を管理した。職員は以下の四等官その他がいる。

職員[編集]

長官である宮内卿は正四位下相当であるが、従三位以上の公卿が任命されることも多かった。

大輔以下の職員構成以下のとおり

註:大輔・少輔には後に権官も設置された。

宮内省被官の官司[編集]

明治初期(1869年 - 1885年)[編集]

概要[編集]

近代の宮内省は、1869年(明治2年)の太政官制により、大宝令の制に準じて設置された。この際に改正された「官位相当表」よると、宮内卿は正三位、宮内大輔は従三位、宮内少輔は正四位とされた。

1877年明治10年)8月29日から1879年明治12年)10月13日までの間、侍補が置かれていた。

歴代の宮内卿[編集]

歴代の宮内大輔[編集]

  • 烏丸光徳:1869年10月14日(9月10日 (旧暦)) - 1871年8月11日(6月25日 (旧暦))
  • 万里小路博房:1871年8月13日(6月27日 (旧暦)) - 1877年8月29日
  • 杉孫七郎:1877年12月26日 - 1884年4月21日
  • 吉井友実:1884年7月8日 - 1886年2月5日

内閣制度以降(1885年-1947年)[編集]

明治期の宮内省

概要[編集]

1885年明治18年)に太政官が廃止され内閣が設置されると、皇室が内閣総理大臣に制約されないようにするため内閣から独立、長官として宮内大臣が置かれ、最後の宮内卿伊藤博文が初代総理大臣と兼職した。

1889年明治22年)、大日本帝国憲法発布とともに皇室典範が制定されると、宮内省は皇室自立の原則に従って独立官庁として次第に拡充、1908年明治41年)には宮内省官制が施行された。

第二次世界大戦終戦時には大臣官房と2職8寮2局の内局と多くの外局に6000人を越える職員を抱え、天皇および皇族朝鮮王公族(元大韓帝国皇帝の李王家)の日常生活、教育、財産管理などあらゆる側面を支える官庁へと拡大していたが、戦後連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の要求により縮小され、職員は1500人まで削減された。これにともない大部分の業務は他部局に移管された。たとえば皇室財産の大部分を占めた御料林は国有林となり林野庁の管轄となり、あるいは宮内省管轄であった学習院は私立学校となった。

1947年昭和22年)、日本国憲法の施行とともに内閣総理大臣所管の機関として宮内府に改められ、さらに1949年昭和24年)に総理府の設置にともなってその管轄下の外局となり、宮内庁に改められた。2001年平成13年)の中央省庁再編に伴い、法的な位置づけが「総理府の外局」から「内閣府に置かれる機関」(外局とは別格)となった。

歴代の宮内大臣[編集]

  1. 伊藤博文  1885年12月22日〜: 伯爵・長州閥・首相兼任
  2. 土方久元  1887年9月16日〜: 子爵・土佐閥・農商務大臣
  3. 田中光顕  1898年2月9日〜: 子爵・土佐閥・陸軍少将警視総監
  4. 岩倉具定  1909年6月16日〜: 公爵岩倉具視の子
  5. 渡辺千秋  1910年4月1日〜: 子爵・内務官僚・内務次官
  6. 波多野敬直 1914年4月9日〜: 子爵・司法官僚司法大臣
  7. 中村雄次郎 1920年6月18日〜: 男爵陸軍中将・陸軍次官・満鉄総裁
  8. 牧野伸顕  1921年2月19日〜: 子爵・外交官外務大臣
  9. 一木喜徳郎 1925年3月30日〜: (無爵)・東京帝国大学法学部教授・文部大臣
  10. 湯浅倉平  1933年2月14日〜 :(無爵)内務官僚・警視総監・内務次官・朝鮮総督府政務総監
  11. 松平恒雄  1936年3月6日〜 :(無爵)外交官・駐英大使・会津松平家出身(松平容保の四男)
  12. 石渡荘太郎 1945年6月4日〜:(無爵)大蔵官僚大蔵大臣
  13. 松平慶民  1946年1月16日〜 : 子爵・越前松平家出身(松平慶永の末子)

組織(昭和20年8月15日当時)[編集]

幹部[編集]

内部部局[編集]

内部部局としては、通常の官衙とは異なり、「職・寮」といった律令制度下の部局名を承継したものが用いられた。長の名称は各部局により異なり、侍従職は「侍従長」、式部職は「式部長官」、総務局・警護局は「局長」、宗秩寮は「総裁」、その他の寮は「○○頭」( - のかみ)であった。

  • 大臣官房
  • 侍従職(じじゅう - ):天皇の側近として仕える
  • 式部職(しきぶ - ):宮中儀礼を担当
  • 宗秩寮(そうちつ - ):皇族華族に関する事務を担当
  • 諸陵寮(しょりょう - ):陵墓管理を担当
  • 図書寮(ずしょ - ):皇統譜・宮内省関係文書の管理
  • 侍医寮(じい - ):宮中内の医療を担当
  • 大膳寮(だいぜん - ):食事や饗宴を担当
  • 内蔵寮(くら - ):会計・用度を担当
  • 内匠寮(たくみ - ):建築・営繕を担当
  • 主馬寮(しゅめ - ):馬車・自動車の運転や管理
  • 総務局:その他庶務を担当
  • 警衛局:皇宮警察を所管

外局[編集]

内部組織の変遷[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]