波多野敬直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
波多野敬直

波多野 敬直(はたの よしなお[1]1850年11月13日嘉永3年10月10日) - 1922年大正11年)8月29日)は、明治大正時代の官僚政治家司法大臣宮内大臣などを歴任した。子爵

生涯[編集]

1850年嘉永3年)10月、肥前国小城郡牛津(現・佐賀県小城市)に小城藩横尾(波多野)信倚の長男として生まれた。小城藩校興譲館大学南校などに学び、1873年(明治6年)、司法省に出仕する。

1881年(明治14年)、広島始審裁判所長に就任。その後、司法省参事官、京都地方裁判所長、大審院判事、司法書記官、函館控訴院長、東京控訴院検事長、司法次官、司法総務長官などを歴任した。1903年(明治36年)、第1次桂内閣司法大臣を務める。

1906年(明治39年)には貴族院議員(勅選議員)となった。1907年(明治40年)、日露戦争の功労として男爵を授けられ、華族に列した。

1911年(明治44年)には東宮大夫として宮内省に転じる。1912年(大正元年)に東宮侍従長を兼任。1914年(大正3年)第2次大隈内閣宮内大臣となり、以後1920年(大正9年)まで務めた。この間、1917年(大正6年)には功によって子爵にのぼった。

1922年(大正11年)、73歳で死去。正二位勲一等旭日桐花大綬章が贈られた。

略年譜[編集]

  • 1850年(嘉永3年)10月 - 肥前国に出生。
  • 1873年(明治6年) - 司法省出仕。
  • 1891年(明治24年) - 大審院判事。
  • 1900年(明治33年) - 司法省総務長官兼官房長
  • 1903年(明治36年) - 司法大臣第1次桂内閣)。
  • 1906年(明治39年)1月7日[2] - 貴族院議員(在任:~1911年6月7日[3])。
  • 1907年(明治40年) - 男爵
  • 1911年(明治44年)6月2日[4] - 東宮大夫
  • 1912年(大正元年)9月21日[5] - 東宮大夫兼東宮侍従長。
  • 1914年(大正3年) - 宮内大臣大隈内閣)。
  • 1917年(大正6年)6月5日[6] - 子爵
  • 1922年(大正11年)8月 - 死去。

系譜・家族[編集]

丹波戦国武将である波多野氏の一族・波多野宗高の末裔にあたるという。祖先は戦国時代に肥前龍造寺氏鍋島氏に仕え、小城鍋島家の家臣となって横尾を称していた。敬直は姓を波多野に復した。

家督は二男の波多野二郎が継いだ。二郎は海軍軍人(海軍大佐)で、のちに貴族院議員を務めた。三男の波多野敬三は実業家となった。

敬直の孫世代には、俳人の波多野爽波(敬三の長男、本名敬栄)、学習院長の波多野敬雄(敬三の四男)がいる。

小城町長や佐賀市長を務めた野口能毅は、敬直の実弟にあたる。

[編集]

  1. ^ 読みは『平成新修旧華族家系大成』、『議会制度七十年史』による。
  2. ^ 『官報』第6754号、明治39年1月8日。
  3. ^ 『官報』第8387号、明治44年6月8日。
  4. ^ 『官報』第8383号、明治44年6月3日。
  5. ^ 『官報』第45号、大正元年9月24日。
  6. ^ 『官報』第1453号、大正6年6月6日。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』(霞会館、1996年)
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史』(大蔵省印刷局、1962年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
清浦奎吾
司法大臣
1903年 - 1906年
次代:
松田正久
先代:
渡辺千秋
宮内大臣
第6代:1914年 - 1920年
次代:
中村雄次郎