松平恆雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松平恒雄から転送)
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
松平 恆雄
まつだいら つねお
Tsuneo Matsudaira.jpg
参議院議長 松平恆雄
生年月日 1877年4月17日
出生地 日本の旗 日本 福島県会津若松市
没年月日 1949年11月14日(満72歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都品川区
出身校 東京帝国大学法科大学政治学科卒業
前職 官吏外務省
所属政党 無所属緑風会
称号 従一位勲一等旭日大綬章
配偶者 松平信子

任期 1947年5月20日 - 1949年11月14日

日本の旗 第11代 宮内大臣
任期 1936年3月6日 - 1945年

選挙区 福島地方区
当選回数 1回
任期 1947年5月3日 - 1949年11月14日

任期 1946年6月10日 - 1947年3月27日
テンプレートを表示

松平 恆雄(まつだいら つねお、1877年明治10年)4月17日 - 1949年昭和24年)11月14日)は、日本外交官政治家外務次官、駐大使、駐大使、宮内大臣、初代参議院議長を歴任した。

来歴・人物[編集]

1877年明治10年)4月17日、元会津藩主・京都守護職松平容保の六男として御薬園で生まれる。母は容保の側室・名賀(川村源兵衛の娘)。

学習院から第一高等学校を経て、1902年(明治35年)に東京帝国大学法科大学政治学科卒業後、外交官試験首席合格して外務省に入省。ロンドン海軍軍縮会議首席全権やイギリスアメリカ駐在大使を歴任するなど、幣原喜重郎と並ぶ親英米派外交官として知られるようになる。

だが1928年昭和3年)、長女節子成婚後「勢津子」と改名)と秩父宮雍仁親王の成婚が突如決定する[1]これは戊辰戦争以降の「朝敵会津」の復権に役立つ事にはなったものの、その一方で朝敵とされた会津藩主の孫娘が親王妃になった事や余りの急な決定から、親英米路線や軍縮路線に反対する勢力が(公私を峻別するために)「皇室外戚は国政上の要職には就かない」とした不文律を逆手に取って、松平の外務大臣就任を阻もうとするための謀略であるとも言われた[要出典]

内大臣にも擬せられたが、1936年(昭和11年)3月6日、国政から切り離された宮内大臣に任じられた。二・二六事件直後のことであり、秩父宮は岳父が青年将校の標的にされることを懸念し、内大臣就任に反対している[2]。外交官としての経験をいかし、イギリス王室との宮廷外交などを展開したが、宮内大臣としての職責ゆえ効果は限定的であった。

以後、9年3ヶ月にわたって同職にあるが、太平洋戦争中の1945年(昭和20年)、アメリカ軍空襲皇居の一部(明治宮殿)が焼失した責任を負って辞任する。

戦後になると、枢密顧問官に任じられ、また鳩山一郎公職追放後の日本自由党の後継総裁候補にも挙げられた。1947年(昭和22年)の第1回参議院議員通常選挙に会津のある福島地方区から立候補して初当選する。当選後は緑風会に所属して、初代参議院議長に選出される。議長就任中に国立国会図書館館長選任問題[3]を裁定するなどした。

1949年(昭和24年)11月14日午後5時25分、心臓麻痺のため東京都品川区荏原七丁目524番地の自宅で急死。所は青山霊園戒名は鷲峰院殿真月常住法恒大居士。

1949年11月17日、史上初めて参議院葬が執り行われる。

家族[編集]

左から宮相・松平恒雄、海相・嶋田繁太郎、連合艦隊司令長官・古賀峯一、侍従長・百武三郎(戦艦武蔵艦上にて)

秩父宮妃勢津子、東京銀行会長を務めた松平一郎はそれぞれ長女、長男。行政管理庁長官福島県知事松平勇雄徳川宗家養子となって第18代当主となった徳川恒孝がいる。徳川義宣は孫で正子の長女の三千子の夫。

脚注[編集]

  1. ^ 松平は当初は乗り気ではなかったが、樺山愛輔の度重なる説得により成婚に至っている[要出典]
  2. ^ 『秩父宮』p.377
  3. ^ 新設の国立国会図書館館長に推薦された中井正一共産主義者であるとされたため、中井の就任に対し反対運動が起きた事件。この際、松平は参議院議長として、中井を副館長とするという案でまとめた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 保坂正康『秩父宮 昭和天皇弟宮の生涯』中公文庫


議会
先代:
新設
日本の旗 参議院議長
初代:1947年 - 1949年
次代:
佐藤尚武
公職
先代:
湯浅倉平
日本の旗 宮内大臣
第11代:1936年 - 1945年
次代:
石渡荘太郎