埴原正直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
埴原正直

埴原 正直(はにはら まさなお、1876年明治9年)8月25日 - 1934年昭和9年)12月20日)は、日本の外交官。元外務事務次官、駐アメリカ大使、ワシントン会議全権委員。洋画家埴原久和代は妹。

人物[編集]

山梨県中巨摩郡源村(現・南アルプス市)生まれ。東京専門学校卒業後は東洋経済新報社に勤務し、日本最初の外交専門誌『外交時報』を刊行する。

翌1898年に外務省に入省しアモイ領事館補を皮切りに、以降順調に昇進を果たす。外務事務次官時代には当時の加藤友三郎海軍大臣幣原喜重郎駐アメリカ大使とともにワシントン会議の全権委員に選任された。

1909年、コロラドなどアメリカの8州に拡散する日本人移民の居住地の実態調査を行ない、その報告書を外務大臣の小村寿太郎に提出したが、不衛生で猥雑極まる日本人町のあまりの酷さに外務省は機密文書としてこれを封印している。

その後駐アメリカ大使に就任したが、1924年の排日移民法案阻止のために国務長官チャールズ・エヴァンズ・ヒューズにあてた書簡中に書かれた「深刻な結果」(grave consequences) の一句が対米恫喝であるとアメリカ国内で問題化し、法案に賛成しないとみられていた上院が一斉に賛成に動いた。その結果、埴原書簡が同法成立の一因とみなされ責任をとって帰国することとなった。外交界では小柄な体躯から「リトル・ハニー」とあだ名された。

来歴[編集]