加藤友三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
加藤 友三郎
かとう ともさぶろう
Admiral Kato Tomosaburo.jpg
正装を着用した加藤
生年月日 1861年4月1日
(旧暦文久元年2月22日
出生地 Alex K Hiroshima Asano kamon.svg 安芸国 広島藩広島城下大手町
(現在の広島県広島市中区大手町
没年月日 1923年8月24日(満62歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京府東京市
出身校 海軍大学校卒業
前職 第一艦隊司令長官
称号 元帥海軍大将
正二位
大勲位菊花大綬章
功二級金鵄勲章
子爵
サイン KatoTo kao.png

内閣 加藤友三郎内閣
任期 1922年6月12日 - 1923年8月24日
天皇 大正天皇

日本の旗 第20-24代 海軍大臣
内閣 第2次大隈内閣
寺内内閣
原内閣
高橋内閣
加藤友三郎内閣
任期 1915年8月10日 - 1923年5月15日
テンプレートを表示
連合艦隊幹部。右から秋山真之、加藤友三郎、上村彦之丞、東郷平八郎、島村速雄舟越楫四郎

加藤 友三郎(かとう ともさぶろう、1861年4月1日文久元年2月22日) - 1923年大正12年)8月24日)は、日本海軍軍人政治家階級海軍大将位階正二位勲等大勲位功級功二級爵位子爵

海軍大臣内閣総理大臣第21代)などを歴任した。

概要[編集]

海軍軍人として、海軍省次官呉鎮守府司令長官第一艦隊司令長官などを歴任した。その後、第2次大隈内閣をはじめ、寺内内閣原内閣高橋内閣加藤友三郎内閣と5つの内閣海軍大臣を務めた。1921年(大正10年)から1922年(大正11年)にかけて、ワシントン会議に出席した。階級は海軍大将だが、没後に元帥の称号を贈られている。

1922年(大正11年)には内閣総理大臣に就任したが、翌年、在職中のまま死去した。外務大臣内田康哉内閣総理大臣臨時兼任として加藤友三郎内閣を差配し、後任の内閣総理大臣が任命されるまで政権を運営した。

同じく海軍大将であった加藤隆義は養子。甥に小林躋造海軍大将、早川幹夫海軍中将(両者は兄弟)がいる。

生涯[編集]

海軍軍歴と入閣[編集]

広島藩士、加藤七郎兵衛の三男として広島城下大手町(現在の広島市中区大手町)に生まれる。父・七郎兵衛は家禄13石の下級藩士だった。

幼年期に広島藩校修道館に学び、1884年明治17年)10月、海軍兵学校7期卒業。1888年(明治21年)11月、海大甲号学生。

日清戦争に巡洋艦「吉野」の砲術長として従軍、「定遠」「鎮遠」を相手として黄海海戦に大いに活躍した。

日露戦争では、連合艦隊参謀長第一艦隊参謀長として日本海海戦に参加。連合艦隊の司令長官・東郷平八郎、参謀長・加藤、参謀・秋山真之らは弾丸雨霰の中、戦艦「三笠」の艦橋に立ちつくし、弾が飛んできても安全な司令塔には入ろうとせず、兵士の士気を鼓舞した。

その後、海軍次官、呉鎮守府司令長官、第一艦隊司令長官を経て、1915年(大正4年)8月10日第2次大隈内閣海軍大臣に就任。同年8月28日海軍大将に昇進。以後、加藤は寺内高橋と3代の内閣にわたり海相に留任した。

ワシントン会議[編集]

1921年(大正10年)のワシントン会議には日本首席全権委員として出席。会議に向けて出発する際、当時の原敬首相より「国内のことは自分がまとめるから、あなたはワシントンで思う存分やってください」との確約を得た。

全権代表として会議に臨んだ加藤を、各国の記者などはその痩身から「ロウソク」と呼んで侮っていたが、当時の海軍の代表的な人物であり「八八艦隊計画」の推進者でもあった彼が、米国発案の「五五三艦隊案」を骨子とする軍備縮小にむしろ積極的に賛成したことが「好戦国日本」の悪印象を一時的ながら払拭し、彼は一転して「危機の世界を明るく照らす偉大なロウソク」「アドミラル・ステイツマン(一流の政治センスをもった提督)」と称揚されたという[1]

米国案の五・五・三の比率受諾を決意した加藤は、海軍省宛伝言を口述し、堀悌吉中佐(当時)に次のように筆記させている。

国防は軍人の専有物にあらず。戦争もまた軍人にてなし得べきものにあらず。……仮に軍備は米国に拮抗するの力ありと仮定するも、日露戦争のときのごとき少額の金では戦争はできず。しからばその金はどこよりこれを得べしやというに、米国以外に日本の外債に応じ得る国は見当たらず。しかしてその米国が敵であるとすれば、この途は塞がるるが故に……結論として日米戦争は不可能ということになる。国防は国力に相応ずる武力を備うると同時に、国力を涵養し、一方外交手段により戦争を避くることが、目下の時勢において国防の本義なりと信ず。

二人の加藤[編集]

加藤友三郎

1922年(大正11年)、高橋内閣が政友会の内紛で瓦解したのを受け、元老松方正義は、過去4代の内閣で海軍大臣を務めた加藤友三郎を第一候補に、野党憲政会総裁・加藤高明を第2候補として推薦した。憲政会は、当時衆議院での議席はわずかに100前後であり、政友会では、加藤友三郎が辞退すれば高橋への大命再降下もあり得ると考えていたが、第2候補が加藤高明であることを知って、大慌てで加藤友三郎と折衝し、政友会党員の入閣を求めず、無条件で支持することを伝えた。こうして1922年(大正11年)6月12日加藤友三郎内閣が発足した。

総理大臣として[編集]

大命が降下した加藤は、組閣にあたって貴族院の最大会派の研究会から4名、交友倶楽部から3名の閣僚をとったが、交友倶楽部は実際には貴族院における政友会の別働隊だった。これによって、加藤友三郎内閣は貴族院を支持基盤としながらも衆議院で政友会を実質的与党とすることができた。

軍縮の推進[編集]

内閣総理大臣となった加藤が実施した海軍軍縮は、現存する主力艦を沈めたり、スクラップ化するほか、海軍軍人の整理・削減、造兵廠職工の大量解雇など本格的なものであった。彼は自ら行った大軍拡プロジェクトを廃棄してでも、より大きな国益のために軍縮を優先したのである。ただし、ワシントン条約に規定のない補助艦艇では、拡大強化される面もあった。この時期、陸軍でも、将兵・馬匹の整理・縮小、在営期間を短くするなど、兵役期間の短縮などが図られた。当時の陸軍大臣であった山梨半造の名をとって山梨軍縮といい、1922年(大正11年)8月と1923年(大正12年)4月の2度にわたって実行にうつされた。

シベリア撤兵を完遂[編集]

寺内内閣の時に、ロシア革命への干渉戦争(ロシア革命干渉戦争)として始められたシベリア出兵は、ワシントン会議開催時点で出兵を続けているのは日本だけであった。会議で、日本は条件が整い次第、撤兵することを約束した。内閣は1922年(大正11年)6月23日閣議で、この年の10月末日までの沿海州よりの撤兵方針を決定し、翌日、政府声明として発表。撤兵は予定通り進められた。

残る日露間の焦点は、干渉戦争の中で生み出された極東共和国を日露間の緩衝国とすることと、日本が保障占領していたロシアの北樺太から撤兵することの2点にあったが、前者は、11月15日に極東共和国自体が、ソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)に吸収される結果となり、日本の意図は水泡に帰した。

協調外交の推進[編集]

1923年(大正12年)2月1日、ソ連のヨッフェ駐華全権代表が、後藤新平日露協会会頭(東京市長)の招きで来日している。加藤も交渉に乗り気で、北樺太問題や1920年(大正9年)の尼港事件補償問題にかかわる予備交渉が続けられたが、ソ連側の代表交代などがあり、その後、日本で関東大震災などが起きたため翌年5月まで延期された。

アメリカは、九カ国条約の厳密な履行のために、日本が中国での特殊権益を保有することを認めた石井・ランシング協定の廃棄を要求し、1923年(大正12年)4月14日、協定の廃棄・失効が正式に確認された。ワシントン体制は、原則として、当該条約発効以降に日本を含む加盟国は、新たに中国への優越的な地位を得ることを認めないという一面を持っていた上、日本側は山東省の利権を放棄したので、国内では協調外交への不満が蓄積されていった。

最期[編集]

1923年(大正12年)2月10日、加藤は同郷の船越隆義を養子に迎え入れて家督と爵位を譲った[2]

第46帝国議会後の1923年(大正12年)5月15日、ワシントン会議の後始末が一応終わったことなどから、加藤は自身が兼任していた海軍大臣として新しく財部彪を起用し、新たな政策を準備していたが、8月24日、首相在任のまま大腸ガンの悪化で青山南町の私邸で臨終を迎えた。享年62(公表では8月25日)。

そのため、外相・内田康哉内閣総理大臣を臨時兼任したものの、その8日後に関東大震災が発生し、日本は「首相不在」という異常事態の中でこの大災害を迎えることとなった。

加藤内閣では、世間では政党内閣に逆行する「逆転内閣」、あるいは政友会との裏のつながりから「変態内閣」と評されたが、シベリア撤兵や軍縮の実施など、短期間ではあったが重要な課題を遂行した内閣であった。(詳細は加藤友三郎内閣を参照のこと)

海軍でも1、2の酒豪で知られ、総理在任中も飲み過ぎで大腸ガンにかかり他界したのでは、とまでいわれた。その加藤の亡骸は、元帥府に列せられ、海軍葬に付せられることになった。現在、東京都港区青山霊園を墓所として埋葬されている。

1935年には広島市南区比治山公園に軍刀に手をかけて立つ姿の銅像(高さ約4m)が建てられた[3]。しかし、太平洋戦争時の金属類回収令で供出[3]。銅像と由来の碑ともに取り除かれ石造の土台部分のみが残っている。2008年、広島市中区広島市中央公園内に、ワシントン軍縮会議時のフロックコート姿の加藤の銅像が新しく建立され[3]、没後85年にあたる2008年平成20年)8月24日に除幕式が行われた。なお、大手町第二公園には生家があった事を示す石碑がある。

年譜[編集]

  • 1873年(明治6年)- 10月27日 海軍兵学寮(後の海軍兵学校)に入学
  • 1883年(明治16年)- 11月2日 海軍少尉に任官
  • 1884年(明治17年)- 10月6日 海軍兵学校卒業(7期)
  • 1886年(明治19年)- 12月21日 海軍大尉に進級
  • 1888年(明治21年)- 11月15日 海大甲号学生
  • 1891年(明治24年)- 10月20日 防護巡洋艦吉野」回航委員
  • 1893年(明治26年)- 6月7日 免 造兵監督官、補 吉野砲術長[4]
  • 1895年(明治28年)- 2月26日 海軍少佐に進級
  • 1896年(明治29年)- 11月17日 海軍大学校教官
  • 1897年(明治30年)- 12月1日 海軍中佐に進級
  • 1898年(明治31年)- 10月1日 巡洋艦「筑紫」艦長
  • 1899年(明治32年)- 9月29日 海軍大佐に進級、11月7日 高等教育会議議員[5]
  • 1900年(明治33年)- 6月22日 兼補 海軍省軍務局第二課長[6]、7月3日 港湾調査会委員[7]、9月7日 兼補 海軍臨時建築部部員[8]
  • 1901年(明治34年)- 2月9日 免兼 海軍省軍務局第二課長[9]、2月21日 港湾調査会委員 被免[10]
  • 1903年(明治36年)- 11月10日 補 海軍省軍務局局員[11] 、12月28日 第二艦隊参謀長
  • 1904年(明治37年)- 9月1日 海軍少将に進級
  • 1905年(明治38年)- 1月12日 連合艦隊参謀長兼第一艦隊参謀長
  • 1906年(明治39年)- 1月8日 海軍次官
  • 1907年(明治40年)- 5月31日 海軍省司法局長欠員中同職事務取扱[12]
  • 1908年(明治41年)- 2月5日 昇叙 高等官一等[13]、8月28日 海軍中将に進級
  • 1909年(明治42年)- 12月1日 呉鎮守府司令長官[14]
  • 1913年(大正2年)- 12月1日 第一艦隊司令長官
  • 1915年(大正4年)- 8月10日 寺内内閣海軍大臣に就任、8月28日海軍大将に進級
  • 1918年(大正7年)- 9月29日 原内閣に海軍大臣として留任
  • 1920年(大正9年)- 9月7日 男爵叙爵
  • 1921年(大正10年)- 9月27日 ワシントン会議全権、11月13日 高橋内閣にに海軍大臣として留任
  • 1922年(大正11年)- 6月12日 大命降下、海軍大臣を兼任したまま第21代内閣総理大臣に就任
  • 1923年(大正12年)- 5月15日海軍大臣を辞す、8月24日 死去、同日付けで子爵に陞爵、元帥府に列す、9月2日加藤友三郎内閣総辞職

栄典[編集]

外国

伝記[編集]

  • 加藤元帥伝記編纂委員会編 『元帥 加藤友三郎伝』
     (復刻版 <歴代総理大臣伝記叢書13>ゆまに書房、2006年) ISBN 4843317918 
  • 豊田穣 『蒼茫の海 軍縮の父 提督加藤友三郎の生涯』(プレジデント社、1983年)
     『蒼茫の海 海軍提督 加藤友三郎の生涯』(集英社文庫、1989年) ISBN 4087494772
    • 『豊田穣戦記全集.第16巻』(光人社、1993年)にも収む。
  • 新井達夫 『日本宰相列伝 9 加藤友三郎』(時事通信社、1985年) ISBN 4788785595
     <三代宰相列伝> 時事通信社、初版1958年
  • 田辺良平 『わが国の軍備縮小に身命を捧げた加藤友三郎』(春秋社、2004年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 首席随員として赴いた加藤寛治は軍縮条約反対派であったため、主席全権加藤友三郎とは激しく対立し、条約成立時には憤激のあまり鼻血を出してしまったというエピソードがある
  2. ^ 養子となった加藤(船越)隆義は、軍縮条約については反対派であり、養子縁組に関してはそのことを危ぶむ声も多かったといわれる。
  3. ^ a b c “78年前の除幕式 映像現存”. 中国新聞. (2013年11月28日). http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201311280001.html 2013年11月28日閲覧。 
  4. ^ 『官報』第2982号、「叙任及辞令」1893年06月09日。
  5. ^ 『官報』第4907号、「叙任及辞令」1899年11月08日。
  6. ^ 『官報』第5091号、「叙任及辞令」1900年06月23日。
  7. ^ 『官報』第5100号、「叙任及辞令」1900年07月04日。
  8. ^ 『官報』第5157号、「叙任及辞令」1900年09月08日。
  9. ^ 『官報』第5280号、「叙任及辞令」1901年02月12日。
  10. ^ 『官報』第5289号、「叙任及辞令」1901年02月22日。
  11. ^ 『官報』第6109号、「叙任及辞令」1903年11月11日。
  12. ^ 『官報』第7175号、「叙任及辞令」1907年06月01日。
  13. ^ 『官報』第7381号、「叙任及辞令」1908年02月06日。
  14. ^ 『官報』第7933号、「叙任及辞令」1909年12月02日。
  15. ^ 『官報』第6384号、「叙任及辞令」1904年10月08日。
  16. ^ 『官報』第1310号・付録、「辞令」1916年12月13日。
  17. ^ 『官報』第1140号、「叙任及辞令」1916年05月22日。
  18. ^ a b c 『官報』第3322号・号外、「授爵、叙任及辞令」1923年08月25日。
  19. ^ 『官報』第8017号、「叙任及辞令」1910年03月17日。
  20. ^ 『官報』第8064号、「叙任及辞令」1910年05月12日。
  21. ^ 『官報』第1905号、「叙任及辞令」1918年12月09日。

関連項目[編集]


公職
先代:
高橋是清
内閣総理大臣
第21代:1922年6月12日 - 1923年8月24日
次代:
山本権兵衛
先代:
八代六郎
海軍大臣
第20 - 24代
1915年8月10日 - 1923年5月15日
次代:
財部彪
軍職
先代:
山内万寿治
呉鎮守府司令長官
第9代:1909年12月1日 - 1913年12月1日
次代:
松本和
先代:
出羽重遠
第一艦隊司令長官
第7代:1913年12月1日 - 1915年8月10日
次代:
藤井較一
20
高橋是清
21
1922年6月12日 - 1923年8月24日
22
山本権兵衛

伊藤博文
黑田清隆
山縣有朋
松方正義
大隈重信
桂太郎
西園寺公望
山本權兵衛

寺内正毅
原敬
高橋是清
加藤友三郎
清浦奎吾
加藤高明
若槻禮次郎
田中義一

濱口雄幸
犬養毅
齋藤實
岡田啓介
廣田弘毅
林銑十郎
近衞文麿
平沼騏一郎

阿部信行
米内光政
東條英機
小磯國昭
鈴木貫太郎
東久邇宮稔彦王
幣原喜重郎
吉田茂

片山哲
芦田均
鳩山一郎
石橋湛山
岸信介
池田勇人
佐藤榮作
田中角榮

三木武夫
福田赳夫
大平正芳
鈴木善幸
中曽根康弘
竹下登
宇野宗佑
海部俊樹

宮澤喜一
細川護熙
羽田孜
村山富市
橋本龍太郎
小渕恵三
森喜朗
小泉純一郎

安倍晋三
福田康夫
麻生太郎
鳩山由紀夫
菅直人
野田佳彦

Emblem of the Prime Minister of Japan.svg