正装

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

正装(せいそう)とは、冠婚葬祭式典など公の場で着る衣服のこと。定められた衣服を着ることによって、敬意や謙譲の意を表現するものである。

何が正装に当たるかは文化や状況によって異なる。一般的には19世紀ごろのヨーロッパにおいて確立した服飾意識が全世界的に通用するとされているが、その民族固有の民族衣装のうち礼式にかなったものを着ればそれもまたたとえ他民族の場にあっても礼装となりうるという認識も現在ではひろく共有されている。

19世紀ヨーロッパの服飾に由来するもの[編集]

人種民族にかかわらず、比較的普遍的に礼装として受け入れられているのは19世紀ヨーロッパに起源を持つ服飾である。その概要を示すと以下のようになる。

  • 最礼装
男子(昼間)-フロックコートおよびモーニングコート
男子(夜間)-燕尾服
女子(昼間)-アフタヌーンドレス
女子(夜間)-イブニングドレス

欧米発祥の正装だが、日本も含め世界中で着られている。特に国家間の話し合いの席では人種宗教・文化に関わらず背広(スーツ)であることが多い。結婚式にはタキシード葬儀には黒ネクタイなど、幾つかの定番が存在する。但し、どの場合でも普通は黒の革と合わせる。女性はワンピースが正装とされ、スカートでもツーピースの衣服は格が下がり、パンツルックはさらに略式となる。

様々な正装[編集]

和服[編集]

日本における正装の一つである。

  • 男子
  1. 束帯衣冠 - 平安時代に男子の正装として定められ、貴族や官人が着用した。武家の時代にも公家および朝臣の正装であり、江戸時代には将軍や諸大名の最上級礼装とされ、将軍宣下の際などに用いられた。現在では皇族掌典職宮中祭祀即位の礼などといった儀式、神職神事の際に用いている。
  2. 直衣 - 平安時代以降の略礼服。現在では皇族が神事学習の際に用いる。
  3. 狩衣 - 平安時代の平服に由来し、江戸期にいたるまで公家や高位の武家が着用した。現在では神職雅楽の伶人が用いる。
  4. 直垂素襖大紋 - 鎌倉時代以降の武家が用いたものだったが、後に礼装として扱われるようになり、江戸時代には高位の武家が着用した。現在では雅楽の伶人や能楽囃子方大相撲行司などが用いる。
  5. - 室町時代末期ごろから発達し、江戸時代の武家や身分のある町人が用いた。現在では祭礼葬儀(いずれも地方による)のほか、能楽師歌舞伎役者など江戸期に発展した伝統芸能の世界でひろく用いられている。
  6. 紋付羽織袴 - 江戸時代の略礼服に由来し、明治期に勲章着用規定においてモーニング燕尾服と同格とされて以来、広く用いられている。紋付でなくとも、羽織袴を着用すれば、略礼服になるとされる。
  7. 羽織着用 - 着流しよりも礼にかなうとされる。
  • 女子
  1. 五衣唐衣裳 - いわゆる十二単平安時代に女子の正装として定められ、貴族の女性が着用した。現在では皇族が宮中祭祀や儀式の際に用いている。
  2. 袿袴 - 十二単を簡略化したものとして、平安期から小袿が行われ、後代の小袖姿や打掛に影響を与えたが、明治期にこれを参考として袿袴装束が女子の正装として定められた。現在では皇族や内掌典・女性の神職が神事の際に用いる。
  3. 黒留袖喪服 - 既婚者の礼装とされる。喪服は弔事専用。
  4. 略礼装各種 - 色留袖訪問着付下色無地の順に格が下がるといわれている。羽織は着用しないことが多いが、着ることもないではない。なお未婚者は、略礼装・礼装に相当するものとして振袖を着ることもある。

和服における女子の礼装は、歴史上女性が公的な場面で活躍することがきわめて少なかったために、男子のそれと比べて未整理であり、起源的にも新しいものが多い。上の1,2は平安時代の、3,4は江戸時代の服飾を参考にして、いずれも明治以降に新しく整備されたものであり、いわば「作られた古典」の一種であるともいえる。なお、古典芸能などの分野においては、女性・女形は男子の礼装に習うことが多いことも付言しておく。

アオザイ[編集]

アオザイベトナムの正装(男女共)である。

学生服、軍服[編集]

学生は各校指定の制服が、軍人は戦闘服や作業服でない軍服(一般に「第一種軍装」と呼ばれる)が、それぞれ正装として通用する。

関連項目[編集]