パンティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
可愛らしい色相のパンティー
パンティーを着ている女の下腹部

パンティー (アメリカ英語: panties) は、女性用の下半身用の下着の一種。

概要[編集]

女性用の下着のうち、下半身に直接身につけるもの。防寒および、帯下や残尿などで衣服が汚れるのを防止するために着用される。性器から臀部、おおむね脚の付け根からへその下までを覆い隠すような形状、および丈になっているが形状及び覆う面積は多岐にわたる。詳しくは後述。

中には絵や文字がプリントされているものもあり、プリントパンティと呼ばれるものもある。

呼び方[編集]

アメリカ英語では一般的にパンティーズまたはブリーフスbriefs)等と呼ばれる。イギリス英語ではニッカーズknickers)と呼ばれる。(全て複数形

日本でも1990年代の前半頃までは普通に「パンティー」と呼称されていたが、下着業界が販売戦略のため「ショーツ」という言葉を普及させ、近年は特に若年層の女性の会話などにおいては「ショーツ」または「パンツ」という呼称が一般的になっており、口語において「パンティー」という語が使用されることは比較的少ない。しかし英語会話では「パンティー」は一般的であり、それに影響され「パンティー」と呼称する女性もいるうえ、日本の女性肌着専門会社「ピーチジョン」においては、商品名で「ショーツ」、「パンツ」でなく「パンティ」の名称で販売している。ショーツとはアメリカ英語で男子の半ズボンのことであるが、イギリスなどでは短い下着を指すことがあり、長いものはパンツと呼ばれる。

構造[編集]

フロント(前身頃)とバック(後身頃)、それを繋ぐクロッチ(股布)というシンプルな構成である。

歴史[編集]

紀元前3000年ごろが起源とされる。ルーブル美術館所蔵のメソポタミア南部シュメールのテラコッタ像とレリーフに、パンティーをはいた女性と腰布を巻いた女性の姿がある。これらは羊の皮で作られ、ウェストにベルトをまいている。太ももの間にまとわりつく腰布の端を固定したのがパンティーの始まりだと考えられている。[1]

分類[編集]

一般用[編集]

素材、丈による分類[編集]

  • シームレス - 立体編みにより、継ぎ目や縫い目がないもの
  • バックレース - バックの裾がレース素材のもの
  • ヘム - レースや縫い目なしに端を処理したもの
  • シースルー - ネットやレースなどの透ける素材のもの
  • 五分長 - 膝上丈のもの
  • 三分長 - 膝より半分の短さのもの
  • 壱分長 - ボーイレッグとほぼ同じ丈のもの

ラインによる分類[編集]

女性用ショーツ・パンティーのデザインの種類
  • ローレグ - カットが非常に浅いデザイン
  • ハイレグ(ハイカット) - カットの深いデザイン
  • ビキニ - 股上が浅くサイドが狭いデザイン
  • ローライズ(ヒップハンガー) - 股上が浅いデザイン、ローライズパンツに適している
  • ボーイレッグ - 脚ぐりが水平になったデザイン
  • スキャンティ - 股上が極端に浅くサイドが狭いデザイン

バックスタイルによる分類[編集]

  • フルバック - バック(お尻)全体をすっぽり覆うデザイン
  • ブラジリアンカット - ハイカットでバックが1/2カットのデザイン
  • リオカット - よりハイカットでバックが1/2カットのデザイン
  • Tバック - バックがT字型のデザイン
  • ソング - バックがT字型のデザイン
  • タンガ - フロントとバックがV字型、サイドがひも状のデザイン
  • Gストリング - フロントがV字型、バックとサイドが細いひも状のデザイン
  • Cストリング - フロントとバックがI字型、サイドのひもが無いデザイン

その他の分類[編集]

子供用[編集]

スポーツ用[編集]

その他[編集]

パンティーの身生地[編集]

パンティーは、一般に前身ごろに比べて後ろ身ごろには伸張性が必要なので、前身ごろには、天竺ベア天竺フライストリコットを、また後ろ身ごろには、綿ポリウレタン混紡のストレッチ天竺フライスツーウェイトリコットパワーネットなどが使用される。

繊細ないしセクシーなテイストのものでは、「透け感」を与えるためチュールネットオーガンジーパワーネットなどが、また、光沢感を与えるため、サテンシルクなどが用いられる。

また、しなやかな手触りをもつ、極細繊維糸を用いたマイクロファイバー素材のものもある。クロッチの二重部分の裏地は帯下・尿などで汚れやすい事から、木綿で白色である場合が多いが、身生地と同じ色・生地である場合や、総柄では身生地と同じ総柄の裏面である場合もある。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ セシル・サンローラン著、深井晃子訳 『女の下着の歴史』文化出版局 1981年、6頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]