キャスケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャスケット
様々なキャスケット

キャスケット (casquette) は、ハンチング帽(鳥打帽)の一種。アメリカなどでは、新聞売りがかぶっていたことから、ニュースボーイ・キャップ (newsboy cap) と呼ばれる。

キャスケット(カスケット)は、フランス語のカスク (casqueかぶとヘルメット) の指小形 (-ette) で、前びさし(前方のみのつば)がある帽子のことである。つまり本来は、たとえば野球帽などもキャスケットの一種である。またしばしば、職業や職務を示す制帽を特に意味することもある。仏英辞典などでは「cap」と訳されるが、前びさしのない帽子は含まない。

本来ハンチング帽と同種のものであるが、日本では区別される。その定義は非常に曖昧だが、主にハンチングでトップが2枚・4枚・6枚・8枚、と分かれているもの、もしくはキャップ型でボリュームの大きめなものをキャスケットと呼ぶことが多い[要出典]

関連項目[編集]