辞典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グラーツ大学図書館のラテン語辞書

辞典(じてん)とは、言葉物事漢字などを集め、その品詞意味背景語源等)・使用法(用例)・派生語・等を解説した書籍辞書字引とも言う。

『辞典』『辞書』という単語は、主に言葉について書かれた辞典(国語辞典英和辞典漢和辞典など)について使い、文字について書かれた辞典を『字典』、事物に就いて詳細に書かれた辞典(百科事典など)については『事典』という表記を用いる。

なお、語彙論の近接する学問分野に辞書学がある。

辞典の歴史[編集]

日本[編集]

日本現存最古の辞典は、平安時代初期に空海によって編纂された『篆隷万象名義』であると言われる。次に編まれたのは、昌住によって編纂された漢和辞典、『新撰字鏡』である。これらは漢字を字形によって分類した字書であった。この系統では院政期になると『類聚名義抄』が作られた。

一方、『爾雅』の流れを汲み意味別に漢字が分類された漢和辞典には、平安時代中期、源順によって編纂された『和名類聚抄』がある。項目の多様性から日本最古の百科事典ともされる。この系統の辞典では室町時代になると、読み書きが広い階層へ普及し始めたことを背景に、『下学集』、諸種の「節用集」などの辞典が多く編まれた。

また、漢字の字音にもとづいて漢字を分類した韻書として、南北朝時代に『聚分韻略』が作られた。

安土桃山時代最末期の1603年慶長8年)には、イエズス会キリスト教宣教師により『日葡辞書』が作成された[1]。日本における「辞書」の呼称はこれが初出と考えられる。日葡辞書は、当時のポルトガル語アルファベットで記述されており、室町時代末期~安土桃山時代の日本語音韻をよく記録する第一級史料でもある。江戸時代には、室町期の「節用集」や往来物を元にして非常に多数の辞典が編集・発行された。それらのうち、『和漢三才図会』や『古今要覧稿』などは、百科事典と呼ぶべき内容を備えている。明治時代にはいると、言語政策の一環として大槻文彦の『言海』が編纂された。大槻は西洋言語理論(特に英語辞書『ウェブスター英語辞典』)を元にして日本語の言語理論を体系化し、それにより『言海』をつくった。その後、言海を範として多くの辞典がつくられた。戦後は新村出編『広辞苑』や、独特の語釈で知られる山田忠雄他編『新明解国語辞典』などを含め、様々な辞典が発行されている。

詳細は「国語辞典」「漢和辞典」を参照。

中国[編集]

中国語を表記する文字は漢字であり、意味の違いに応じて異なる文字が使われる。このため、中国で言葉を集めたり解説することは、漢字を集め、その字義を解説することで代替された。漢字を字形によって配当し、字義や字音、字源などをまとめた書物を字書(じしょ)と呼んだ。『説文解字』『玉篇』などがこれに相当する。これは日本の漢和辞典の原型である。字書は『康熙字典』以降、字典(じてん)と呼ばれることが多くなった。一方、字義によって漢字を集める書物もあり、一種の類語辞典であるが、これには『爾雅』『釈名』『方言』などがある。現在、中国ではこれらを訓詁書(くんこしょ)と呼んでいるが、日本では河野六郎義書(ぎしょ)と呼ぶことを提唱している。また、音韻によって漢字を分類し、その順によって並べた書物を韻書(いんしょ)と呼ぶ。これには『切韻』『広韻』『集韻』『中原音韻』などがある。

以上のように伝統的な中国の学問では漢字1字の字義を扱うものしかなく、現代的にいえば、形態素の意味を扱う辞典しかなかった。2字以上で表される単語の意味が扱われるようになるのは近代以降であり、現在の中国で語義を扱うものは詞典(あるいは辞典)と呼んでいる。

伝統学問では類語辞典的・百科事典的なものが作られた。これを類書という。もっぱら自然界や人間界の事物や現象に関する語に関して古今のさまざまな書物から用例を集めて引用したものである。後には書物がまるごと分類され、事典よりも叢書的な様相を呈したものもある。『芸文類聚』『太平御覧』『永楽大典』『古今図書集成』といったものが挙げられる。漢詩を作るのに利用された『佩文韻府』などは日本の漢和辞典で熟語の典故の記載などに利用された。

発音による区別[編集]

辞典・字典・事典は、日本語音読みでは区別することができないため、区別するために次のような言い換えをすることがある。

辞典 ことばてん(言葉典)
字典 もじてん(文字典)
事典 ことてん

紙以外の辞書[編集]

辞書と書く場合、以外の辞書を含むことも多い。

辞書にまつわるその他のこと[編集]

皇帝の辞書[編集]

我輩の辞書に不可能の文字は無い 」は、フランス皇帝 ナポレオン・ボナパルトの言葉として有名であるが、実際に彼が発した言葉は「不可能というのはフランス的ではない 」(Impossible n'est pas français.)であったという。

辞典とは違う意味[編集]

  • 辞書という単語は、現代日本では殆どないが、辞表と同じ意味で用いられる場合もある。この場合は「じそ」と読む。
  • 言葉を書き連ねたもののことを、辞書という。

これらはそもそも辞という文字が、「ことば・文章」と「やめる・いとまごいをする」の二通りの意味を持つことから来ている。

また情報工学では、連想配列のことを辞書とも呼ぶ。これは辞書を引く行為とデータの検索との類推である。

脚注[編集]

  1. ^ 日葡辞書”. 岩波書店. 2009年6月7日閲覧。

関連項目[編集]