和漢三才図会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アシカ(右)とオットセイ、38巻72頁

和漢三才図会』(わかんさんさいずえ)は、寺島良安により江戸時代中期に編纂された日本類書百科事典[1]正徳2年(1712年)成立。

概要[編集]

編集者は大坂の医師寺島良安で、師の和気仲安から「医者たる者は宇宙百般の事を明らむ必要あり」と諭されたことが編集の動機であった。の王圻による類書『三才図会』を範とした絵入りの百科事典で、約30年余りかけて編纂された。

全体は105巻81冊に及ぶ膨大なもので、各項目には和漢の事象を天(1-6巻)、人(7-54巻)、地(55-105巻)の部に分けて並べて考証し、図(挿絵、古地図[2])を添えた。各項目は漢名と和名で表記され、本文は漢文で解説されている。

『三才図会』をそのまま写した項目には、空想上のものや、荒唐無稽なものもあるが、博物学などにとり貴重な文化遺産といえる。博物学者南方熊楠は、全巻を筆写したという。また著者が医師(もちろん漢方医)であるだけに、東洋医学に関する記事は非常に正確で、鍼灸師の中には、これをもっとも信頼できる古典と見る人もいる。

各巻の構成[編集]

巻数 分類[3]
1 天部
2 天文
3 天象類
4 時候類
5
6 択日神(暦日吉凶)
7 人倫類
8 人倫親族
9 官位
10 人倫之用
11 経絡
12 支体部
13 異国人物
14 人物
15 芸器
16 芸能
17 嬉戯部
18 楽器
19 神祭附仏供具
20 兵器防備具
21 兵器征伐具
22 刑罰
23 漁猟具
24 工具
25 容飾具
26 玩具
27 絹布類
28 衣服
29 帽類
30 履襪類
31 庖厨具
32 家飾具
33 車駕類
34 橋類
35 農具
36 女工具
37 畜類
38
39
40 寓類 怪類
41 水禽類
42 原禽類
43 林禽類
44 山禽類
45
46 介甲部
47
48 魚類 河湖 有鱗魚
49 魚類 江海 有鱗魚
50 魚類 河湖 無鱗魚
51 魚類 江海 無鱗魚
52 卵生類
53 化生類
54 湿生類
55 地部
56
57
58
59 金類
60 玉石類
61 雑石類
62本 中華(もろこし)、北京南京山東省山西省
62末 河南省陝西省湖広省
63 江西省浙江省福建省広東省広西省貴州省四川省雲南省
64 地理 大日本国、朝鮮国、琉球国、蝦夷島、西域、天竺、北地諸狄、西南諸蠻
65 陸奥出羽
66 上野下野常陸上総下総安房
67 武蔵相模伊豆
68 越後佐渡越中信濃
69 甲斐駿河遠江三河
70 能登加賀越前飛騨美濃
71 若狭近江尾張伊勢志摩伊賀
72 山城
73 大和
74 摂津
75 河内
76 和泉紀伊淡路
77 丹波丹後但馬因幡播磨
78 美作備前備中備後伯耆出雲隠岐
79 阿波土佐讃岐伊予安芸石見周防長門
80 豊前豊後筑前筑後日向肥後大隅薩摩肥前壱岐対馬
81 家宅類
82 香木類
83 喬木
84 灌木
85 寓木類、苞木・之類
86 五果類
87 山果類
88 夷果類
89 味果類
90 瓜果類
91 水果類
92本

山草類上巻

92末 山草類下巻
93 芳草類
94本 湿草類
94末 湿草類
95 毒草類
96 蔓草類
97 水草 藻類 苔類
98 石草類
99 葷草類
100 瓜菜類
101 芝茸類
102 柔滑菜
103 穀類
104 菽豆類
105 造醸類

刊本[編集]

現代語訳。
  • 『和漢三才図会』(東京美術、2冊、1970年)
原本の復刻。1巻本のオンデマンド版がある。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 和漢三才図会” (日本語). goo辞書(大辞林 第二版). NTTレゾナント. 2010年5月22日閲覧。
  2. ^ 寺島良安『倭漢三才圖會』(復刻本)、吉川弘文館、明治39年
  3. ^ 同上書『倭漢三才圖會』によった。

関連項目[編集]